土曜日の午後、アムステルダムへピアノの出張レッスンに行った帰りに、おらが町の近郊の村を走って(もちろん車で)いました。実は、行ってみようと思っていた場所があったのですが、よくわからず…ちなみに、私の車はすべて「手動」、ナビなどというものはついていません…

う~~~ん、どのへんかしら?と思いつつ、そのへん(笑)の田舎道をゆるゆる走っていると、道路わきにこんなものが…

boerenwinkel-1.jpg

黄色い紙には、それぞれ「新じゃが」とか「オレンジ10ヶ、1,95ユーロ(250円くらい?)」など、手書きで書かれています。

その中に「アスパラガス」の文字を発見。ホワイトアスパラガスは今が旬のまっさかりです。

これを見て、私の脳裏に条件反射的に浮かんだもの、それは「今晩のおかず」(笑)。なので、「お目当ての場所」はあっさりあきらめ(潔すぎ?)、ここで買い物をして帰ることにしました。

boerenwinkel-2.jpg    boerenwinkel-3.jpg 

このオランダ国旗はためく黄色満載の立て札のわきに小道があり、それを辿っていくと、写真のような農家の大きな倉庫がありました。その一角が小さなお店になっていました。野菜も卵もお花も置いている産地直売店、というか、近所の住人も利用する地元の小売店なのだと思います。農場の一角には、これまた小さな馬場があり、そこでは乗馬のレッスン(オランダ少女たちに常に大人気のお稽古事です)なんかもしていました。これは…えっと…そう!きっと副業、サイドビジネスというやつですよね(笑)、農家の。

asperges-4.jpg

というわけで、その日の「今晩のおかず」一品、ゲット。普通、一般のオランダ家庭だと、もうこれを主食っぽく大量に料理するところですが、わが家では、あくまで副食としていただくので、一回分このくらいの量で充分です。

近日中に配信予定のメルマガ「実践オランダ語講座」の私の執筆記事でも、今回はホワイトアスパラガスを取りあげました。なので、メルマガ配信に合わせ、別記事にて、今度は「ホワイトアスパラガスのごく庶民的な茹で方」もアップしようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ



【2009/05/1919:03】 |
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック