引き続き忙しい日々を過ごしていますが、日曜日の夕方、仕事を切り上げて、ちゃんと(?)息抜きもしてきました。主人と2人、近場をドライブし、あれこれ話しながら毎年恒例のチューリップ畑めぐりです。

夕方から、といっても、もう日が長く、夏時間の明るいオランダです。しかも、ふつうはみなさんお帰りのこんな時間に走っているのは、気まぐれ者の私たちくらいなもの、という場所だらけでした。

なので、しばし、2人で静かなお花見(笑)…──

tulpen-april09-2.jpg

tulpen-april09-3.jpg

tulpen-april09-1.jpg

今回の咲き具合はこのくらいでした。もう花を摘み終わっている畑もあるけれど、まだ花もまばらな緑がちの(笑)チューリップ畑もありました。種類によって開花時期が違うのだと思います。今週末もまだ楽しめそうです。

先日は東京の真っ青な空の下、きらめく日差しの中のお花見を楽しみましたが、オランダの「お花見」も、それとはまた違って、絵画を見ているような味わいがあります。風車の存在理由(レゾンデートル、ですね)である風が、空、そして雲の表情を次々に作り出す、そんな景色は、まさにオランダ独自の美しさをかもし出していると思います。

tulpen-april09-4.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ




【2009/04/2117:48】 |オランダと季節
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック