気温はまだ少し低いのですが、オランダも確実に春に向かっています。
ここ数日は日差しも明るく、散歩に出ると、愛猫たちも陽だまりで気持ちよさそうにごろんごろんしたり、

gorogoroatje.jpg

イチョウの木にのぼったり、

boomklimmenatje.jpg

クロッカスの咲く庭でおすまししたり(?)、

krocussenmyrtje.jpg

猫たちと一緒に散歩しながら、さまざまな植物の芽を鑑賞(笑)してみました。

sering.jpg

これはライラックの芽。

akelei.jpg

オダマキ。

kerria-japonica.jpg

ヤマブキの蕾。

aalbes.jpg

レッドカラントの葉も出てきました。

kersen.jpg

サクラの蕾がほころび始めていますね。

猫たち定番の散歩コースの、曲がり角(ここを曲がるとほぼ決まっています)の家の前庭は、四季折々にいつもきれいに手入れされています。

sneeuwklokje.jpg

今は、スノードロップとクロッカスが同居して、ミニスイセンが咲き始めています。私の好きなスノードロップ、その一輪を手にして歩いているかわいい子どもの描かれた絵はがきを、私はなぜか長年使わずに大切にとってあります。子どもを取り巻くスズメ(?)たちもかわいいでしょう?

mili-weber.jpg

Mili Weberさんという方が描かれた絵のようです。「春に向かって(Dem Lenz entgegen)」というタイトルがついています。スイスの方らしいです。

pauzeatje.jpg

お散歩から戻って、ひと休み。「ちかれたー」(笑)

部屋の中は(写真の中も!)、一足早く花盛りです。

lentebloementhuis.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ


【2009/03/1808:32】 |オランダと季節
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック