sugaibina-2s.jpg

贅沢なことに、母の手づくりおひなさまの他に、私は「見びな」をいくつか持っています。上の見びなは、結婚して以来長くお付き合いの続いている方の奥様が趣味で作られた皮細工の見びなです。もう、ずいぶん前になりますが、お宅に泊めていただいた際にいただいたものです。なんとも言えず、(「顔なし」がまた)かわいらしく、とても気に入っていて、3月3日が来るたびに、ガラスの汚れを清めたりなどしています。ご夫妻は京都に住まわれているので、今回の一時帰国中、山陽方面へ向かう際、東京から新幹線に乗り、京都で途中下車して「押しかけ一泊」しちゃう(笑)予定です。

おひなさまの3日周辺は、主人の誕生日やら、その翌晩は日本からのお客さまと一緒の外ごはんやらで、わが家にしてはなんとも珍しく、連続ディナー@おらが町でした。

de-poort.jpg

主人のバースデーディナーはこんなレストランで。初めて行ったのですが、ここのスタイリッシュな室内インテリアを、わが家の大学生がひじょうに気に入っていました。

pasta-met-vergeten-groentes.jpg

私が注文した「Vergeten groentes(忘れられた野菜)のパスタ」

お店の人に「これってなに?」と質問すると、「昔はあったけれど、今では忘れられた野菜」とのことでした。「ふ~ん、まぁね~」みたいな、体験型の(爆)一品でした。

そして、お客さま、とはいえ、気持ちとしては(特に主人にとっては)友人なのですが、このK先生は神戸から。K先生は以前、おらが町に一年ご滞在だったこともあります。また、K先生と主人には(アカデミック方面の)大切な共通の話題もあり、主人など、もしも事情さえ許せば、もっと頻繁にお目にかかって語り合いたいだろうと思います。普段は日本とオランダ、それにお互いに多忙なので、なかなか機会がなくとても残念…

この晩のディナーはこんなレストランでした。

koetshuis-12s.jpg

もちろん、時間の経つのも惜しいほど話の尽きない、とてもとても楽しい晩でした。

おらが町にいらっしゃるとご連絡をいただいてから、おねだりしちゃった(笑)本も、結局いただいてしまい…ありがとうございました。

japanse-boeken-2s.jpg

右は主人が、左は私がお願いした本です。
ちなみに、主人は、「横文字より難しいタテ文字の本(笑)」ばかり読む人です。

しかし、アレですね、最近は大学ブランド品もいろいろあるようですね。

kobeunivsenbei-1s.jpg

先週のレッスンの後、これをいただきながらお茶を飲んで雑談している時に、フルートのお弟子さんが教えてくれたところによれば、「T大農学部(で収穫した)ブランド野菜」というのも売っているのだそうです…

「合格必勝野菜のパスタ」・・・追試まみれ(?)なわが家の大学生向き(爆)?

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ



【2009/03/1022:12】 |出来事
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック