FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

drivetofuji-1.jpg
弟の車で出発

ふだんは汐留あたりのメディア関連会社勤務で不規則系な仕事を
している(らしい)弟は、東京郊外ではなく、都内に住んでいます。
予定どおり、実家にやってきて、弟の車で父のお墓のある富士山方面へ。
最近は、オランダの自宅でも、時には息子の運転で出かけることもあり、
乗せてもらっているのは、とかく楽ちんです。あなうれしや。

主人は、若い頃、勉学に励んでばかりいて、運転免許というものを
取得する時間もなかった…とか(勝手に想像)。
免許くらい、持っててほしかった。
おかげで、留学直前に免許取りたてで、その後長らくペーパードライバー
だったわたしは、息子がちいさかった頃、車移動の必要性を感じ、
オランダで何度か講習を受けてから運転し始めました。以来、
ずーーっとひとり運転手でした…しくしく(笑)

閑話休題。

富士山にだんだん近づいて、樹海と呼ばれるあたりを通り、

drivetofuji-9.jpg

なぜか、父のお墓とは別方向の本栖湖へ。

drivetofuji--motosuko-2.jpg
富士山は見えませんでしたが、いいお天気で、おだやかな火口湖の景色。

なんでも、せっかく3人揃っての機会だからと、温泉旅館で一泊しようと
予約していたとのこと、第一候補がたまたま休業日で、方向はとくに
考えずに探したら、そこがよいかと思ったそうで、

voetbad-13.jpg voetbad-7.jpg  voetbad-10.jpg
到着後、部屋に通される前に、しばしゆっくり足湯に浸かり、信玄アイスなど味見してみました。

武田信玄のかくれ湯のひとつだったと伝えられる、
下部(しもべ)温泉というところで一泊。

shimobe-day2-1.jpg

ひさびさに、親子3人水入らずで雑談をし、一風呂浴びて、お食事です。

diner-5.jpg  diner-4.jpg  diner-7.jpg
追加料理などまったく不要なお宿ごはん。富士山地ビールもおいしかった!

宿ではマイクロバスで蛍狩りに行くミニ・ツアーというのをやっており、
せっかくだからと3人で行ってみました(写真はありません)。

翌朝、チェックアウト前にも湯屋へ。

shimobe-day2-3.jpg shimobe-day2-4.jpg shimobe-day2-9.jpg shimobe-day2-6.jpg
ほかの宿泊客はほとんど早朝にチェックアウトされて、遅い午前中などにゆっくりしているのはわたしたちだけ。
ひとり、いや二人じめ状態でした。なんというぜいたく。


shimobe-day2-24.jpg
実家近くに住む叔母が墓前に供えてと母に持ってきてくれたお花は、
到着時にフロントで預かっていただいていました。日本の宿は至れり尽くせり、
「ソレハデキマセン」とか冷たく言い放ったりすることは、
まあ、ないと言ってもいいですね(笑)。


お花を受け取り、富士霊園へ向かいました。
父が他界して7年。母も弟も法事になんの興味もないので
しなかったかわりに、3人揃ってお墓まいりです。

shimobe-day2-26.jpg
ホテル玄関前あたりの緑楓の林。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

【2017/10/3112:03】 |日本
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。