shusuishoin-huis-1.jpg bordje-rokakoen.jpg

7月も終わろうというのに、6月のおさらいがどっさり残っています。
帰国中の写真整理を兼ねて…と、始めたのに、この調子では
夏休み中かかりそうです(汗)。
いつもながらに性懲りもなく悠長なわたし。

6月4日(日)
翌週からは諸般の事情であまり出かけられなくなると思い、
世田谷に住む友人夫婦とお約束して蘆花公園へ行きました。

蘆花公園の駅は、高校、大学と通学その他でいったい何度電車で
通過したことか…軽く千回、いや1万回?←計算力ゼロなわたくし。
いつかこの駅で降りて公園へ行ってみたいと思いながら、
結局素通りばかりで幾年月。
最近とみに古めかしいものに興味のあるわたし、
今回こそ行ってみたいと思っていました。
徳冨蘆花というのは明治の作家で、当時新聞小説として連載された
『不如帰(ホトトギスあるいはふじょき)』が爆発的な
人気となりました。

(あ、そういえば、この小説のどこかにも、千とか万とか登場するのでは…?)

友人夫妻には、もうすぐ1歳を迎える男の子がいます。蘆花の旧居を含む
この一帯は今は都立公園となっているようなので、
日曜日のお散歩にどうかしら?とお誘いし、一緒に出かけました。

riooldop.jpg

shusuishoin-huis-2.jpg  migawarijizohuis.jpg  

bordje-shusuishoen.jpg  migawarijizo.jpg

graf-3.jpg
蘆花夫妻のお墓もありました。

groenedak-momiji.jpg
ふと天を仰げば、折り重なる緑楓が屋根のようになっていました。
そういえば、ほととぎすって、俳句では夏の季語、
〈新暦〉では6月の今頃ですよね、蘆花先生…などと考えたり。

広々として、しかも園内は静か、とても気持ちのよいところです。
その日は、あたりにいい香りが漂っていました。
なにかの植物だったのでしょうか?
子どもたちの遊具などのある児童公園側は環状八号線沿いで、
交通量が多いのですが、まあ、そうはいっても園内の林の中に
いれば、さほど気にはなりません。

yumiko-groenebomen.jpg

その林の中で、友人が撮ってくれた写真です。
友人夫妻の写真はアップしませんが、お互い近況報告もでき、
おみやげを渡し合いっこ(ありがとう!)、とてもよい時間を
過ごすことができました。次回はいつ会えるかな?
楽しみです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

FC2blog テーマ:オランダ -ジャンル:海外情報

【2017/07/2916:09】 |日本
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック