sint-20jr.jpg
ほぼ20年モノの学校工作。トイレットペーパーの芯利用。
このほかにも、さんざんいろいろ作ったものです。


今年も聖ニコラース(シンタクラース)のお祝いプレゼントデーが
やってきました。
もういろいろなところに何度も書いていますが、聖ニコラースの日は、
このプレゼントデーの翌日、12月6日です。

わが家は、そもそも日本で生まれ育った者どうしで家庭を築き、また、
親戚もみんな日本人ということで、このオランダ独自のシンタクラースのお祝い
には、どうもピンと来ないまま、毎年なんとなくやり過ごしています。

オランダに住み、息子もオランダ現地教育と日本語補習授業校に同時に
お世話になりながら過ごしてきたので、オランダの学校、友人、ご近所関連の
シンタクラースのお祝いについてはそれなりに知っていますし、折々に参加も
してきました。

ただ、息子には申し訳なかったかもしれませんが、親戚一同集まって、
詩を読んだり、歌を歌ったり、ゲームをしたりというような、にぎやかなお祝いは
経験がありません。

そうかといって、特にさびしいという気もちもなく、むしろ、ちょっとだけ
ほっとしていたりで…すみません(笑)。

でも、自分でない誰かが喜んでいたり、楽しそうだったりするのを見聞きする
のは元来うれしい性質(たち)、そして、なんといっても、聖ニコラースさまは、
子ども、学生、女性の守護聖人。
関係各位(笑)、よきお祝いの日を過ごしてほしいなと思います。

ちなみに、今年のシンタクラース期間にわたしがしたことは、以下のとおりです。

1.秋からピアノを教え始めた日仏ダブル少女(リヨンから家族で移住)が
はじめてシンタクラースの「洗礼」を受けるので、いろいろとそれにまつわる
お話をし、勝手にシンタクラースごっこ。

(この子はパパの仕事の都合によりオランダで育つことになるので、
これから始まる小学校生活でもみんなと一緒にシンタクラースをお祝いする
ことになるでしょう。シンタクラースの説明をするときには
「いい子だったら」を連発&強調し、
そのたびにプチ変化する少女の表情を楽しみました。)

2.息子がかつて小学校で工作したシンタクラース人形の
メンテナンス。

(本人すっかり忘れていますが、かわいくてどうも捨てられず…
しかし、よくよく見ると、ボロっちくなっているので、白いお髭を上張りしたり、
stafと呼ばれる聖なる杖を新規作成したりと、ビミョーにメンテナンスして
みました。)

sint-onderhoud.jpg
メンテナンス後の聖ニコラースさま

以前、猫記事連載中に、わが愛猫たちを語り部に見立て、
シンタクラースのお祝い関連の記事を書きました。
ここに、オランダの聖ニコラース祭の説明なども盛り込んでおいたので、
もしよろしければ、以下のリンクよりどうぞご覧ください。

ぼくらのシンタクラースプレゼント

というわけで、お祝いをされるみなさま方におかれましては
どうぞ楽しい宵をお過ごしください。

わが家はオトナ3名&1猫(にゃん)で、静かにだらだら(?)
していることでしょう。

ハーグの知り合いのおうちの子どもたちは、こんな風に
楽しく過ごすようです。なんともかわいい絵ですね!

arjan-sinterklaas.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

【2016/12/0516:26】 |オランダと季節
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック