toshimiteru.jpg

(友人が書いてくれたメッセージ、笑顔いっぱい。
彼女宅では1月6日に日蘭親子たちが集まって
お餅つきをする際、書き初めを兼ねて福てる作りを
計画しています。)  



9月半ばにプロジェクトを始動させてから、約2ヶ月半が経とうと
しています。

途中経過をご報告いたします。目下、オランダで集まっている福てる坊は
約400体です。

しばらく前までは仮称としていましたが、当プロジェクトの日本語名は
「オランダ・福島てるてるぼうずx1000プロジェクト」としようと思います。
日本語のプロジェクト紹介ファイルも、以下のように作成しました。

オランダ・福島てるてるぼうずx1000プロジェクト

(12月5日バージョンアップしました。PDFファイルをご希望の方には
お送りいたします。ご一報ください。)

10月、11月と、私の日曜日はすべて活動に捧げ(笑)ました。
オランダの協力者たちもさまざまな面で手伝ってくれています。
カルチャーセンターのヘスターさんは、福てる坊を作るための
リサイクルの布をたくさん集めてくれており、うちのご近所さんたちは
それを40cm四方くらいに切ったり、端縫いをしたりしてくれています。

ronald-yumiko-1.jpg 

ronald-yumiko-3.jpg ronald-yumiko-2.jpg

(上は、アルメーレ子ども囲碁大会の際の福てる坊活動のようすを撮影したものです)

フェルト作家のペトラさんは、ドイツの毛糸会社Wollknoll社から
福てるたちの頭につめる元気玉(オレンジ色の羊毛原毛)1000体分の
スポンサーをゲットしてくれたのみならず、私とともに、地域の助成機関
への申請書類を整えてくれ、一週間ほど前には日本円にして10万円強ほど
の助成をいただけることになりました。少しほっとしています。

これからは、福てる坊たちをお届けするところと連絡を取りたいと
思っています。私は、福てる坊たちをただ郵送し寄贈という形ではなく、
自ら現地へお届けしたいと考えています。また、福てる坊の一部は、
オランダの都市と唯一姉妹都市提携をしている被災地の町、
岩手県の山田町へもお届けしたく思います。

プロジェクトでは、つい最近ウェブサイトを立ち上げたり、
フェイスブックでプロジェクトページを作成したりもしています。

以下、ご案内いたします。

当プロジェクトウェブサイト(オランダ語・日本語):www.orange-heart.nl
同フェイスブックページ:https://www.facebook.com/1000WenspopjesVoorJapan

どうぞ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


【2012/12/0108:05】 |オランダ・福島てるてるぼうずx1000プロジェクト
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック