orandateruteru-1.jpg

~ オランダてるてるぼうずくんの一例(私の試作です) ~

オランダの仕事仲間や友人とともに新たなプロジェクトを
立ち上げ、とても忙しくしています。

福島の子どもたちにオランダから少しでも元気を送れたらと
いう思いから生まれたこのプロジェクト、
オランダ語では "Duizend wenspopjes voor Japan
(1000のてるてるぼうずを日本へ)"という名称にしました。
一言でいえば、オランダ風にアレンジしたてるてるぼうずに
オランダからの元気、みなの願いをこめて、
できれば本当に1000体、福島の子どもたちに送ろうという
計画です。
以下、プロジェクトの紹介ファイルです。
左がオランダ語、右がその英訳バージョンです。

1000Wenspopjes_voor_japan_nl.jpg  wenspopjesvoorjapan-en.jpg

なるべくたくさんのオランダの方々にご参加いただければ
という思い、また、協力者、スポンサー探しのために、
プロジェクトの紹介はまずオランダ語で作成、
そして英語、という順になってしまい、なんとまだ
日本語バージョンができていないという始末(汗)。
翻訳者なのに…すみません。早急に作成するつもりです。

仮称は「福島てるてるぼうずプロジェクト」としておきます。

春頃より相談し合い、当初は10月から始動予定でしたが、
ふとしたきっかけから予行演習のような形で9月15日に
スタートしました。

場所は地元ライデンのシーボルトハウス博物館でした。
当日のようすです。

Terubo-sieboldhuis-massage.jpg Terubo-sieboldhuis-papa.jpg 10-1000terubo.jpg

オランダてるてるぼうずの頭の中には、オレンジ色の
羊毛(元気玉のつもり)が毛筆メッセージと
一緒につまっています。受け取った子どもたちには、
そのオレンジ羊毛を取り出してフェルト細工で
おのおのの「お日さま」を作って遊んでもらえれば
と思っています。フェルト細工用の羊毛は、
ドイツの大きな毛糸の会社、Wollknollが1000体分の
スポンサーになってくれました。

当プロジェクトでは、目下、
てるてるぼうず作りのワークショップをして
くださるところを探しています。

次回は9月30日(日)の午後、アムステルフェーンの
欧州囲碁センター(EGCC)で行います。

以下のリンクは、囲碁センターの方で作成してくれた、
30日のプロモーションページです。基本的に、
どなたでも大歓迎だそうです。

欧州囲碁センター作成9月30日福島てるてるぼうずワークショップPR

当日は、参加者に毛筆メッセージを書いていただくために、
書道家の方、そしてそのご友人お二人が、お手伝いに
来てくださることになりました(どうもありがとうございます!)

今回の主な参加者はプロ・アマさまざまな棋士の方々だと
聞いています。日本棋院からもプロの棋士がゲストとして
おいでになるとのことです。

てるてるぼうず隊が着実に増えていきますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


【2012/09/2706:17】 |お知らせ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック