ama-kattenmutsen.jpg

私こと、ご多聞にもれず(?)フェイスブックというサイトでも活動しています。

実は、少し前のことですが、オランダの編み物作家の友人(猫ラバー)と
一緒に、「猫耳ぼうしを日本へ」というプロジェクトを立ち上げました。
これは、岩手県山田町への支援の一環としての、
ほんのささやかなプロジェクトです。
以下がフェイスブック内のプロジェクトのページです(蘭・英・日3ヶ国語にて
説明をつけています):

Kattenmutsen voor Japan

私たちの活動の趣旨は、オランダの編み物好きな方々に
猫耳ぼうしを編んでいただき、それを山田町へ送ろうと
いうものです。山田町には、オランダの姉妹都市ザイストから
移住し、英語教師として今も働いているエレンさんという
オランダ女性がいます。私たちは、そこへ猫耳ぼうしを送り、
エレンさんから現地の方々へ渡してもらえればと考えています。
この活動については、昨年より連絡を取り合っているザイスト市の
山田町との交流協会'De Hofreis'(デ・ホフライス)の方々とも
相談し、ザイストでも情報を拡散していただいています。

友人の編み物作家は、Ama de Jong(アマ・デヨング)さんといい、
もともと、自分のデザインによる猫の耳つきぼうしを
'Miss Minoes'という自分のブランドにて製品化しています。
そして、アマさんは、自分のデザインによるパターン(の1つ)を
ウェブ上で無料公開してくれ、ハンドメイド仲間に知らせてくれています。

その、アマさんの猫耳ぼうしの無料パターンは、こちらです:

オランダ語: アマさんの猫耳ぼうし無料パターンオランダ語

英語: アマさんの猫耳ぼうし無料パターン英語

オランダにお住まいの日本の方で、もし、上記の編み図を用いて猫耳ぼうしを
編んでいただけるようなご友人などいらっしゃるようでしたら、どうぞ、
ご協力お願いいたします。

また、私の友人がこのパターンを日本語の説明つきでエクセルファイルにして
くれました。編んでいただけるようでしたら、どうぞ、左記、自己紹介欄に
掲げてあるメールアドレスまでご連絡ください。エクセルファイルを添付し、
折り返しメールをお送りいたします。

ちなみに、とりあえず、まず、一回目のデッドラインを来週ということにし、
11日(日)にライデンのシーボルトハウスで行われる東日本大震災
一周年追悼(&復興支援)イベントにて、お知らせを兼ねて
ご覧いただいた後、第一便目を発送しようと思っています。

東北の春は遅いと伺っています。桜が咲くのは例年5月の連休の頃
だそうですね。手編みの猫耳ぼうし、少しでも届けられれば、少しでも
使っていただければ嬉しいのですが…

これは、主に在オランダの方々へ向けてのものですが、
日本の編み物好きなみなさまにも、お知らせがあります。

横浜に、編み物で東北を支援する活動をしているドイツ人男性がいます。
ベルンド・ケストラーさんという方です。以下、ベルンドさんの活動紹介です。

Knit for Japan(編み物を日本へ)

毛糸や編み針だけでもいいそうです。どうぞ、協力して差し上げてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ




【2012/03/0310:03】 |2011. 3. 11. 東日本大震災
トラックバック(1) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
管理人の承認後に表示されます
2012/04/01(Sun)10:46:20 |