今回の東日本大震災のために、各国各地でチャリティー活動が続々と企画され始めています。

私自身は、個人でできそうなこともしようとしていますが、この土曜日(19日)にはライデンのシーボルトハウスで、博物館主催、ライデン日本学科同窓会共催による「千羽鶴を日本へ」というプロジェクトに参加しようと思います。募金箱を設置し、集まった募金は全額日本赤十字に寄付するとのことです。詳しくは、文字上のリンクをご覧ください。

あの大地震と津波のあった後、原発のニュースが刻々とアップデートされる時間の中で、ライデン大学日本学科初代教授であるホフマン先生のお墓参りをしてきました。2009年9月にこのお墓に初めてお参りして以来、時おり1人でお花をお供えしています。ホフマン教授は、シーボルトと比べれば知名度は低いかもしれませんが、現在ライデンの日本学科がたくさんの優秀な人材を輩出しているのは、ホフマン教授がおられてこそだと私は思っています。ちなみに、ホフマン先生はシーボルトの弟子ですが、たまに勘違いされているように、シーボルトは、ライデン大学日本学科(ヨーロッパ最古、1855年)の設立と直接の関わりはありません。

墓石の写真はアップを控えますが、

prof-hoffmangraaf-mrt2011-7.jpg

通路の両脇にはクロッカスがいっぱい咲いていました。

prof-hoffmangraaf-mrt2011-8.jpg

日本にいらしたことはなかったホフマン教授は、シーボルトとは違う道を歩み、独学で日本語を学び、後進の教育に尽くされた方です。私はホフマン教授を心から尊敬しています。

私以外、今では誰もお墓参りに行かないのに(ホフマン教授は生涯独身で子孫はおられません)、虫のいいお願いかもしれませんが、…

ホフマン教授、どうか日本を見守っていてください。

私も、引き続き、なにか役に立てそうなことを探し、行動しながら過ごそうと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


【2011/03/1807:11】 |出来事
トラックバック(0) |

はじめまして
maki
はじめまして。
数週間前まで、オランダに住んでいた者です。

シーボルトハウスも、懐かしい思い出です。
オランダ在住の皆さんが、協力して下さっていることを、とても嬉しく拝見しています。
私もオランダにいたら、きっと折り鶴を折りに、ライデンへ行っただろうと思います。

こちらの記事を、私のブログで紹介させて頂いてもよろしいですか?

Re: はじめまして
Yumiko
コメントありがとうございます。

はい、ライデン大学日本学科は同窓生が多く、ライデン訛り(?)の日本語を話す
オランダピープルは、日本をとても大切に思っています。

今できることは、まず、寄付金(義援金という名目では被災地への物資には回らないと
聞きましたがそうなのかしら?)集め、それから今後どんなことが実際役に立つのかを
考えることだと思います。在外な私ですが、微力ながらでもなにかお手伝いしたいと
思っています。土曜日は折りながら会議(実はそちらがメイン?)になると思います。

ブログのご紹介、よろしくお願いいたします。

> オランダ在住の皆さんが、協力して下さっていることを、とても嬉しく拝見しています。
> 私もオランダにいたら、きっと折り鶴を折りに、ライデンへ行っただろうと思います。
>
> こちらの記事を、私のブログで紹介させて頂いてもよろしいですか?


コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
はじめまして。
数週間前まで、オランダに住んでいた者です。

シーボルトハウスも、懐かしい思い出です。
オランダ在住の皆さんが、協力して下さっていることを、とても嬉しく拝見しています。
私もオランダにいたら、きっと折り鶴を折りに、ライデンへ行っただろうと思います。

こちらの記事を、私のブログで紹介させて頂いてもよろしいですか?
2011/03/17(Thu)23:39 | URL | maki #-[ 編集]
Re: はじめまして
コメントありがとうございます。

はい、ライデン大学日本学科は同窓生が多く、ライデン訛り(?)の日本語を話す
オランダピープルは、日本をとても大切に思っています。

今できることは、まず、寄付金(義援金という名目では被災地への物資には回らないと
聞きましたがそうなのかしら?)集め、それから今後どんなことが実際役に立つのかを
考えることだと思います。在外な私ですが、微力ながらでもなにかお手伝いしたいと
思っています。土曜日は折りながら会議(実はそちらがメイン?)になると思います。

ブログのご紹介、よろしくお願いいたします。

> オランダ在住の皆さんが、協力して下さっていることを、とても嬉しく拝見しています。
> 私もオランダにいたら、きっと折り鶴を折りに、ライデンへ行っただろうと思います。
>
> こちらの記事を、私のブログで紹介させて頂いてもよろしいですか?
2011/03/18(Fri)00:00 | URL | Yumiko #-[ 編集]
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック