実践オランダ語講座vol.34

いつもどおり、このブログには私担当の記事のみ転載します。なお、
このポリグロット外国語研究所編集によるメルマガ(まぐまぐ配信)は、
最新のメルマガのみ公開しています。過去の記事も読んでくださると
いう方がいらっしゃいましたら(他の執筆者による記事もあります)、
どうぞ、購読登録(無料)なさってください。


isutorimyrtje.jpg

(ミルテくんの愛読書『うさこちゃん』?)


3. オランダよもやま話(26)   国森由美子
────────────────────────────────────
 しばらく前のことですが、オランダでは、こんな見出しのニュースがありました。
“ Nijntje boos op kloonkonijn ( ナインチェ、クローンうさぎにおかんむり) ”

http://www.telegraaf.nl/binnenland/7961019/__Nijntje_boos_op_kloonkonijn__.html
(2010年10月19日付『テレグラーフ』紙より引用)  
 
 「ナインチェ」は、ディック・ブルーナ原作の絵本に登場する主人公、
うさこちゃん(ミッフィー)のオランダ語での本名(?)です。この
「クローンうさぎ」というのは、日本のハローキティのお友だち、
キャシーのことを指しています。日本でも関係報道があったようですので、
どんな内容かは想像がつくかもしれません。この「実践オランダ語講座」の
読者のみなさまにとっては、辞書を片手にリンクのオランダ語の記事と
「実践的」に取り組むいい機会ではないかと思います。ちなみに、
この『テレグラーフ』紙というのは、時に「ultra(ウルトラ)」と
言われたりもするほど、右方向へ傾いた新聞社として知られていることも
お伝えしておきます。

 そんなこともきっかけになり、私も大好きなブルーナ作・いしいももこ訳
「うさこちゃん」絵本シリーズをひさしぶりにわが家の本棚からひっぱりだして、
なんとなくながめてみました。ディック・ブルーナ(Dick Bruna)氏は、
ご高齢にもかかわらず今なお現役でご活躍なさっている、世界的に有名な
オランダの絵本作家です。とはいえ、日本に生まれ育った私は、子どもの頃、
この作家がオランダ人であることを少しも知らずにいました。そもそも、
読書よりも外遊びが大好きで、毎日真っ黒になって遊びほうけていたので、
ぼんやり過ごしていたのも無理からぬことではあります。そんな私が、
どういうわけかオランダに住みつくことになり、いつしか、ブルーナ、
いしいももこ両氏を大いに尊敬するようになろうとは、夢にも思っていません
でした…

 私の手元にある「うさこちゃん」本(=福音館書店、「ミッフィー」本は
講談社です)は、奥付に1964年発行とあるので、最も初期のものだと
思います。この絵本を開くとき、私はいつも、自分自身の感覚の変化と
いうことを思わずにはいられません。目にするのは、いつでもまったく
同じ絵、同じテキストなのに、時を置いてふとながめるたびに新たな
発見があります。これは、おそらく、オランダでの日々の暮らしが
私にもたらした変化によるものなのでしょう。

 子どもの頃、なにげなく接していたお話には、実はオランダ的なものが
ぎっしり詰まっていました。ブルーナ氏のあの独特な画風が、
モンドリアンへと続くアート潮流「デ・スティル(De Stijl)」に影響を
受けていることもその1つですが、うさこちゃんが海でひろうのはすべて
二枚貝、お百姓さんの名前は「ヤン」、…そんなささやかなことさえ、
今では「なるほど、ごもっともです!」と、実感することばかりです。
また、ブルーナ氏は、おそらくご自身も社会の中で感じていらっしゃる
ことを、さりげなく新作の絵本にも取り入れられていて、ネイティブならば
一目でそれを感じ取るのではないかとも思います。

 ナインチェの絵本は、オランダでは、幼児がベッドタイムに読んでもらう類の
ものです。ブルーナ氏の思いは、読み聞かせをする者(両親、祖父母、
、ときにはボランティア)を通して、小さい人たちのやわらかな頭の
中に種を蒔き続けているのですね。

(2010年11月24日執筆)

*12月3日追記:最後の( )内にとんでもない間違いを発見!お見苦しくて申し訳ありません…

hellokittykommetje.jpg

(2階のおどり場の猫ごはん場所です。あっ!こんなところにサブカルなライバルが…)

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2010/12/0123:47】 |『実践オランダ語講座』メルマガ用参考資料
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック