先月末は、おすし作りのクッキングコースで忙しくしていました。これは、私が雇われ講師をしている和食クッキングコースをオーガナイズしている組織から、エキストラに頼まれたものでした。そこでは、ここ数年、お弁当作り(おにぎり、鶏の照り焼き、出し巻きたまごを作ります)のコースをしていたので、おすしは久しぶりでした。

今回の受講生は、ESTEC(欧州宇宙技術研究センター)という、北海沿いのNoordwijk(ノールドヴェイク)市にある機関にご勤務の方々とその家族、場所は、いつものクッキングスタジオでした。

この機関は、かのアメリカのNASAのヨーロッパ版のようなところで、そこで働く方々の国籍もまちまちです。オランダ語が少しわかるという方もいれば、英語は話せるけれど、フランス語「しか」読めないという奥様もいらしたり…私はといえば、実演つきをいいことに、今回はあやしげな英語で通してしまいました^^; とはいえ、オランダ語だって、まだまだぜーんぜん完璧ではないのですが…^^;×2

というわけで、4、5日前より、なにを作ろうかと資料を広げ、英語のレシピ作り(これはわが家の大学生に協力してもらいました!)、そして、自主練習の日々。講師自身が一応まともに作れなかったら、やっぱりアレ(どれ?)でしょうし…

voorbereiding_met_myrtje.jpg

まずは、参考資料とにらめっこ。あーチェがいなくなって、ひとりっ子になった愛猫ミルテ(みゅーチェ)と一緒です。

tunamayouramaki-kappa.jpg futomaki.jpg oinarisan.jpg

試食するのは、もちろん、わが家の人々。おすしが好きなので、こんなときには大助かり。

そして、本番は…?

cursus27sep2010-6.jpg  cursus27sep2010-14.jpg
  
cursus27sep2010-10c.jpg

(今回は主に巻きモノをということで引き受けたのですが、おいなりさんもオプションとして紹介。)   

いかがでしょう? みなさん、はじめてのおすし作りだとのことでしたが、なかなかじょうずですね?
まあ、宇宙のことを考えるよりは、ずっと簡単かもしれませんけど…?

そういえば、宇宙食におすしってありましたっけ?

あーチェのことをひきずりながら過ごす中、前から決まっていたこのような頼まれ仕事があり、忙しくしていたので、少しは気が紛れてよかったかもしれないと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ


【2010/10/0506:20】 |Japanse koken (bij BplusC Leiden)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック