dierenbegraafplaats-1.jpg

まだまだ悲しくてしかたがないのですが…日本への帰国もセーブするほど可愛がっていた兄弟猫のかたわれ、あーチェことアポロンが死んでしまいました。ある日突然の出来事でした。あれからようやく2週間が経とうとしています。

わが家の兄弟猫は、ちょうど、6年前の9月にやってきました。以来、予防接種や去勢手術などずっとお世話になってきた近くの獣医さんに伺い、あーチェを動物の葬儀場で荼毘に付しました。なにもかも、はじめてのことづくしで、驚かされることもいろいろありました。

教えられた住所にしたがって車を走らせると、私の在住市の郊外にある村のはずれに、上の写真のような動物たちの葬儀場がありました。建物の中には、家族や友人知人とともにお別れができるような、お葬式用のスペースもありました。そして、埋葬するか火葬にするかなど、希望により選んでお願いすることができます。あーチェは火葬にし、遺骨を小さなウルム(その場で選んで購入)に入れてもらうことにしたのですが、埋葬する場合には、建物の裏手に5年契約でスペースをもらえるそうです。

dierenbegraafplaats.jpg

私も少し見せてもらいましたが、動物たちのお墓は、それぞれ心のこもったもので、みんな大切にされていたことがよくわかります。

urm-atje-piano.jpg

あーチェの遺骨・遺灰の入ったウルムは、ピアノの上の、例の私設白ウサギ神社に置くことにしました。緑っぽい色の自然石のウルムです。近所の猫友さんからの、また、獣医クリニックのスタッフ全員のサイン入りのお見舞いカードも一緒に飾りました。このところ、こうしてあーチェの魂を慰めるため、毎日ピアノを弾いています。これからはこのミニ神社のご本尊、ということになるでしょうか?

昨日は、あーチェがよく遊んでいた「みんなの庭」の菊を少しもらってきてお供えしました。

detuin.jpg     bloemetjsuitdetuinvooratje.jpg

私の大切な、かわいい猫でした。

atjenov06c.jpg

まだ6年でしたが、一緒に楽しく暮らせて幸せでした。
ありがとう。どうか安らかに。

これからは私の「守護猫」になって、ずっと一緒にいてください。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2010/09/2215:05】 |ねこ
トラックバック(0) |


ayumig
Yumikoさん、はじめてまして、
私も動物を飼っていて今は日本に残してきた
愛猫のことを想っています。
愛する家族を突然亡くすことの悲しみ、
私も5年前に愛犬を亡くして経験しました。

毎日ピアノを弾いてらっしゃるんですね、
あーチェちゃんがどんなに可愛がってもらっていたかがうかがえます、
あーチェちゃんのご冥福と
Yumikoさんの悲しみが一日も早く
癒されることを祈っています。


久しぶりに。
luca7
家族がひとり居なくなったような気持ちだね。
突然だったの?どうしてなの? 寂しい。
でも、ちゃんと送ってあげたからきっと魂はずっと一緒にいると思います。私はそう信じてる。
過去に3匹の犬を見送って、そのうち二匹は自分で選んだ犬だったから忘れられない。今も写真はずっと飾っています。
動物は、短命だ。だからこそ心から愛しんであげないと、と改めて思いました。
早く元気になってね。

Re:ありがとうございます。
Yumiko
ayumigさん、

こちらこそ、はじめまして。

手のひらサイズで譲り受け、とてもかわいがってきたのですが、
それでもいろいろと、まだ悔いが残っています。

今、忙しくしなければならない用事があるので
少し気が紛れてはいるのですが…

もう少し時間が経ったら、落ち着くと思うのですが…





Re: 久しぶりに。
Yumiko
そうなんだ?大先輩ですね。
私は、本当に「私の」猫と言えるのは、はじめてだったので、
ショックが大きかった…あのね、最近はよく夜中にねこ穴から戻ってきてたりしてて、
ある晩、戻ってこなかったの。それで翌朝探しに出たら、家の近くで死んでいたのを
発見した…というわけでした。鼻から出血してはいたけど、ほかにはどこにも外傷はなくて、
獣医さんにもはっきりしたことはわからなかったんだけど…それ以上は、ユトレヒトの動物病院で
調べてもらうしか手立てはないし、でも、そうしたら、あーチェはもう手元には戻ってこないし、
ということで、やめました。

今は静かに冥福を祈ってやります。
あの、かわいい魂がずっと一緒にいてくれたら、嬉しいな。



コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
Yumikoさん、はじめてまして、
私も動物を飼っていて今は日本に残してきた
愛猫のことを想っています。
愛する家族を突然亡くすことの悲しみ、
私も5年前に愛犬を亡くして経験しました。

毎日ピアノを弾いてらっしゃるんですね、
あーチェちゃんがどんなに可愛がってもらっていたかがうかがえます、
あーチェちゃんのご冥福と
Yumikoさんの悲しみが一日も早く
癒されることを祈っています。
2010/09/22(Wed)08:34 | URL | ayumig #-[ 編集]
久しぶりに。
家族がひとり居なくなったような気持ちだね。
突然だったの?どうしてなの? 寂しい。
でも、ちゃんと送ってあげたからきっと魂はずっと一緒にいると思います。私はそう信じてる。
過去に3匹の犬を見送って、そのうち二匹は自分で選んだ犬だったから忘れられない。今も写真はずっと飾っています。
動物は、短命だ。だからこそ心から愛しんであげないと、と改めて思いました。
早く元気になってね。
2010/09/23(Thu)17:09 | URL | luca7 #-[ 編集]
Re:ありがとうございます。
ayumigさん、

こちらこそ、はじめまして。

手のひらサイズで譲り受け、とてもかわいがってきたのですが、
それでもいろいろと、まだ悔いが残っています。

今、忙しくしなければならない用事があるので
少し気が紛れてはいるのですが…

もう少し時間が経ったら、落ち着くと思うのですが…



2010/09/26(Sun)20:20 | URL | Yumiko #-[ 編集]
Re: 久しぶりに。
そうなんだ?大先輩ですね。
私は、本当に「私の」猫と言えるのは、はじめてだったので、
ショックが大きかった…あのね、最近はよく夜中にねこ穴から戻ってきてたりしてて、
ある晩、戻ってこなかったの。それで翌朝探しに出たら、家の近くで死んでいたのを
発見した…というわけでした。鼻から出血してはいたけど、ほかにはどこにも外傷はなくて、
獣医さんにもはっきりしたことはわからなかったんだけど…それ以上は、ユトレヒトの動物病院で
調べてもらうしか手立てはないし、でも、そうしたら、あーチェはもう手元には戻ってこないし、
ということで、やめました。

今は静かに冥福を祈ってやります。
あの、かわいい魂がずっと一緒にいてくれたら、嬉しいな。

2010/09/26(Sun)20:29 | URL | Yumiko #-[ 編集]
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック