5月最後の日曜日、オランダに戻りました。

今回の東京滞在では、父の葬儀があったことはもちろんですが、日ごろ直接会うことのあまりない親戚と話したり、これから1人暮らしになる母のために実家の掃除を手伝ったりと、これまでの一時帰国では経験しなかった種類の時間を過ごしました。

そして、こうしてオランダに戻ってみると、ここでの生活が東京とあまりに異なっているので、ここ数週間に起きた一連の出来事が、なんだか夢だったような気がするくらいです。

オランダリハビリ生活、時差ボケの真っただ中の私、一昨日は早朝5時頃目が覚めました。愛猫たちは、ドアの前にお揃いで座り、外に行きたくてうずうずしています。ならばと思い、私も一緒に散歩に出てみました。

morgenrood-2.jpg  morgenrood-1.jpg

「また一緒にお散歩に行こうね」

外は、きれいな朝焼け、運河の水面にもそれがうっすらと映っていました。
もう少し歩いていくと、目の前にはこんな景色が広がりました。

morgenrood-3.jpg  

morgenrood-5.jpg  morgenrood-7.jpg  morgenrood-8.jpg

自宅最寄の風車は、白い朝靄(もや)のたちこめる中に浮かび上がっていました。

morgenrood-4.jpg

月も残っていました。

morgenrood-9.jpg

まだ、誰も歩いていない家のまわりで、猫たちと一緒に、オランダの秘密を垣間見たような気分でした。

morgenrood-10.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ


【2010/06/0417:36】 |近況
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック