復活祭にちなみ(?)、珍しく音楽ネタです。

bladmuziek.jpg

オランダも含め、世界のキリスト教国では、今日が聖金曜日で、イースター(復活祭)のお祝いに突入するところです。敬虔なクリスチャンにとって、復活祭(月の満ち欠けにより、毎年日にちは変わります)は、クリスマス同様、とても大切な行事です。とはいえ、昔から(いつ頃かは知りません)ここには民間信仰のような要素も入り混じっていて、寒い冬が終わり春を迎えるためのお祝いでもあったようです。日本でいえば、天や地、山や野におわします八百よろずの神さまたちと共に春の訪れをお祝いするようなものですね、きっと。そして、昔は春になってから結婚することが多く、それにまつわり新しい命(子孫)の繁栄を願う縁起ものもあれこれあったようで、現在もよくチョコレート化(笑)してお菓子屋さんの店頭を賑わせている、卵、ひよこ、にわとり、ウサギなどは、その代表的なものです。

私はちっともクリスチャンではなく、民間八百よろず系(ってなに?)なので、どこの教会にも属さず、毎年コーヒーを飲みエッグチョコレートなどつまみながらテレビ経由で各国のミサや受難曲関係のコンサートの実況中継や録画を見るくらい、まったくの傍観型(笑)です。あ、今年は、珍しくJ.S.バッハのヨハネ受難曲(バッハは、大きな受難曲作品を2つ作曲していて、もう1つはマタイ受難曲といいます)を聴きに行く予定ではありますが。これが作曲されたのは、周りの人々すべてがクリスチャン(当時の社会では他の選択肢はほぼありえません)だった18世紀、その中でもバッハは、特に敬虔な信仰者だったそうですから、同胞ルターの新約聖書を熟読し、知りつくした上でそれに精魂こめて音楽をつけているはずです。ときにはそういう気合の入った(笑)作品に耳を傾けるのもいいものです。それに、私は小さい頃からバッハ(J.S.とC.P.E.バッハ親子くらいしか知らなかったけど)の音楽が好きで、今でもやはり(それが宗教曲であったとしても)好きです。

ところで、私には、偉大だし、巨匠だということは重々承知していても、どうも好きにはなれない音楽というものがありました。それはベートーヴェンの作品でした。音大受験のためになかば強制的に練習させられていた(もうこの状況がよくないですね)こともあったかもしれません。とにかく、こいつ(こいつ?)は、どんなにスゴイ音楽家だったとしても、偏屈で粘着質で、ハタ迷惑な、やーな人物だったに違いない、などと勝手に想像していました。現に、この人の創作物にも、そんな性格はにじみ出ていると思います。弾けない箇所の部分練習などしつつ、うんざりしていた頃の私を思い出します(笑)。

そんな私が、にゃんと!自分でも信じられないことに、このところ、ベートーヴェンばかりを弾いています(弾けないところがあるにしても)。冒頭の画像のコピーの山、これはすべてベートーヴェンの楽譜です!まだまだ増え続ける予定です。1月にご近所からピアノをもらい、ピアノという楽器に触る機会が増えたこと、そして、ベートーヴェンに悪意(?)が芽生える以前に弾いてみたかった曲というのがあり、それを練習し始めたこともきっかけだったかもしれませんが、この急接近はいったいなんなのか?と不思議に思うほどの「復活」ぶりです。

これまで長いこと、よさをわかろうとせず、勝手に嫌って、ごめんなさい(笑)!

手元にあった(ことはあった)少年少女のための『ベートーヴェン』本などにも改めて目を通してみたり…

beethovenboek-2.jpg  beethovenboek-1.jpg

下世話な話ではありますが、この人には、どうやら婚外子がいたようです。Minonaという名のお嬢さんです(反対から読むとAnonim、つまり「作者不詳」という意味になります)。ふむふむ、なかなかやるなあ(笑)。

wiskunde-tempest.jpg

上は、コピーの楽譜の一部ですが、私は目下、著作権切れ作品を集めたサイトから弾きたいものを探し出してはうちの反故紙裏にプリントアウトという作戦(笑)で音符をゲット中です。たまたまあるページを裏(というか、もとは表だったのですが…)返しにしたところ、「分数の計算」が目に飛び込んできました。「…げげ、一問もできないかも」な私…と、そこで突然思い出しました。確か、ベートーヴェンも計算できない人だったと、どこかで見た記憶が…

beethovenwiskunde.jpg

これです。かわいそうに、後世の音楽学者たちに格好のネタを提供した巨匠(笑)…

また、整理整頓も苦手だったとか。

beethovenkamer.jpg

これは、上にあげた「子ども本」に掲載されていたもので、没して3日後くらいの(神さまではないので生き返らなかった!)ベートーヴェンの部屋のスケッチだそうです。ピアノの上が散乱状態…(笑)

と、おこがましくも、妙な親近感を抱いてしまったりもしています。

さて、今日は何を弾こうかしらん♪

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2010/04/0215:47】 |音楽
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック