あまり何度も雪が降るので、最近は地面が白くない方がなんだかおかしな気がするくらいです。今冬はこれでもう2ヶ月もの間、雪が降ったり止んだり(?)を繰り返しているのだとニュースで報じていました。それでも、ここ2日ばかりは青空が広がり、まぶしいほどの陽光が降り注いでいます。前日に知人の葬儀があったりして、心にもちょっと陽を当てた方がいいような気がして、「寒い」とか「試験べんきょー」「論文書き」とか、なにかしら口実をもうけてはサボり続けていた猫さんぽを再開。こんな(さんぽに)イケてない飼い主なのに、愛猫たちはけなげにも、目の前を嬉しそうに走っていきます。

おさんぽコース途中の「みんなの庭」の雪はまだまだ消えていませんが、そんなことはお構いなし、元気いっぱいのご両人(にゃん)です。

osanpo-feb10-3.jpg   osanpo-feb10-4c.jpg

普段、あまり気に留めていなかったのですが、「みんなの庭(ご近所で手入れ・管理をしている公共の庭です)」には、なるほど「みんな」が行き交うようで…

voetsporen-feb10.jpg

小鳥の足あとも、たくさん。

こういう晴れた日の冬景色というのも、きれいだとは思いますが、

uitzicht-feb10.jpg

おさんぽコースをたったの一周しただけ(たぶん500mくらい)で、もう、それはそれはすばらしい寒さwwwwww

でも、こんな天気予報のページを見ると、明日以降の数日は4℃とか5℃とか、少しは気温が「ある」ようです。恐ろしいことに、気温の「ない(つまり零下)」状態に見慣れると、たった一桁の数字でも少しは暖かいような気がしたり(気がするだけ)…

am-winterslaap-3.jpg

雪遊びの後は、冬眠ごっこの2人。それは冬眠用の椅子ではなかったはずなのですが…?

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2010/02/1808:38】 |ねこ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック