確か5年ほど前からだったと思いますが(覚えていないの?)、おらが町一帯のカルチャーセンターにて、和食のクッキングコースの講師をしています。これは、年に4回ほどで、一回完結タイプのコースです。受講生は基本的にオランダ現地の方々で、私は恥ずかしながら、舌足らずなオランダ語(これを「ジャランダ語」=ジャパニーズなオランダ語といいます…笑)であれこれ説明しています。はじめの2年ほどは、おすしのコースを担当していました(「巻きもの」主体で)。昨年からは、オランダピープル受講生たちとともに、日本のお弁当つくりをしています。今年は、あと、新シリーズとして、ライデン大学付属植物園の園芸主任のCさん(日本の植物のスペシャリストなので)と一緒に、「日本の薬味と調味料」というコースも二度ほど行う予定です(具体的になにを作るかは検討中)。

情報は、ここに掲載されています:BplusC
(→centrum kunst en culture→volwassenen→lifestyle→eten en drinkenと辿ると、クッキングコースがいろいろ出てくると思います)

実は、今晩、今期初の「Obento」コースがあります。ここ2日ほど、それでバタバタ準備していました。

もう何度か同じことをしているので、おおよその雰囲気はつかめたものの、いつもまったく同じというのも芸がないので、毎回、ほんのちょっとだけ、新たな試みを行っています。

今回は、鶏の照り焼きやだし巻き卵に用いる砂糖の代用として、アガベシロップなるものを(希望者に)使ってもらおうかと思っています。アガベ(agave)というのは、リュウゼツランのことで、このシロップは、つまりその植物(テキーラの原料でもあるようです)から抽出した甘味料だそうです。実は…薬膳クッキングコースの先生が教えてくださったチコリシロップというのを探したかったのですが、なんだか最近うまく見つからないので、これでいってみようかと。

ためしに、アガベシロップ仕様(使用?)だし巻きたまごを作ってみました。

agave-dashimaki.jpg

このシロップの甘味は、砂糖の1.4倍くらいなのだそうです。計算のできないおバカな私は、他力本願で目安を知り…

zoete-wiskunde.jpg

ふーん、小さじ1が、だいたいそのくらいですかー。だし巻きのレシピ(かの「クックパッド」からよさげなものを選んだものです)を見ながら、砂糖大さじ1とあるので、ではアガベシロップは、まず大さじ1/2くらいでひかえめに、と試してみました。結構上品な仕上がりになりました。よし(笑)。

レシピのチェックもし(てもらっ)て、人数分プリントアウトもしたし、

BplusC-recept2009-10.jpg

さっきは、猫たちと散歩にもいってきました。
およその猫さんも秋の木の葉のような色つやで(笑)、なによりでした。

lapjeskat.jpg

さて、食後の昼寝でもしようかしら?(寝ちゃうのか?)

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2009/10/2916:10】 |Japanse koken (bij BplusC Leiden)
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック