昨日、今日と、高校の卒業試験の合否結果の発表があったようです。日本を除いて、私は他の国の事情はよく知りませんが、オランダでは、毎年5月の二週間くらいが高校の卒業試験に当てられ、6月の今頃、その結果がわかります。合否の知らせは、各担任の教師から生徒の自宅への電話連絡…先生がたも、大変ですね。

下のリンク(オランダのニュースサイト内)の動画では、とある学校の教師が、まだ合格が確定していない(そういうこともあり得るようです)生徒へ電話をかけているところが映っています。教師としても、辛いところでしょう。

NOS局の卒業試験関係ニュース

電話連絡は、夕方6時とか7時とか、そんな時間帯です。そして、このようにして合格の通知をもらうと、次に何をするかといえば…

geslaagd08.jpg

これです。オランダにお住まいの方は、どこかで見かけたことがあるかもしれませんが、これが高校卒業試験合格を知らせるオランダ式のサインです。

今年は、近所に卒業試験を受けた少年がいたので、旗が揚がったのを確認(ほぼ心配ないだろうとは思っていましたが、一応…)してから、ひとことお祝いを言いに行ってきました。

geslaagd09.jpg

日本と比べて、オランダの教育制度は入試がなくていい、などという声も聞きますが、いやいや、なんのなんの、入試がなくても卒業試験はかなりハードです。試験時間は一科目につき3時間という長さだし、科目は各自履修しているもの全教科だし…それに、高校3年生までたどり着くのも実は結構大変なのです。中学一年生から情け容赦なく落第もあります。一学年修了して新学期が始まるごとに、1クラス消滅していたりします。落第した生徒はどうするかといえば、学校の方針にもよりますが、留年するか、転校するかのどちらかです。ちなみに、学年末の進級会議で落第が決定すると、卒業試験とは反対に、落第者にだけ、個人的に電話連絡があるとのこと。若いとはいえ、ちょっと心臓に悪いかも(汗)。

なにはともあれ、近所のRくんは無事卒業しました。なにか、ちょっと遠くの大学へ願書を申請しているそうです。ご両親は淋しくなるかもしれませんけど…

loesje-18juni09.jpg

これは、伺う途中で出会った、そのお宅のサビ猫さんです。猫さんにも、一応お祝いを言っておきました。ただ、ごろごろ言っているだけでしたが(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ



ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2009/06/1908:29】 |オランダと季節
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
Mail:
URL:

Pass:
秘密:管理者にだけ表示を許可
 


トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック