イベントの紹介です。

1月にはじめてお目にかかった物理学者の方が
わたしの読みたいと思っていた本を
ちょうどその時持っていらしたので、
ぜひにとお願いして貸していただき、
何度か繰り返し読みました。
『知ろうとすること』という本です。

hayano-boek.jpg

原子物理学者の早野龍五教授と
〈ほぼ日刊イトイ新聞〉でおなじみの糸井重里氏との
共著の本書には、お二人の対話がまとめられています。

早野教授は、あの東日本大震災発生直後の混乱のさなか、
福島第一原子力発電所の事故や放射性物質について、
科学者としての立場から淡々とツイートを続けて
いらした方です。
フォロワーは大勢いて、わたしも実はそのうちの1人でした。

糸井重里さんも、早野教授のツイートをそうして事故直後から
フォローしていたのだそうで、
この本は、それがきっかけとなって企画され、
昨年刊行されたということです。

その早野教授がご自身の忙しいスケジュールを調整され、
3月8日(日)にアムステルダムで行われるイベントにて、
お話を聞かせてくださることになったというので、
わたしもうかがおうと思っています。

このイベントは、' Hope Step Japan 'という、震災後に立ち上げられた
グループの主催で行われます。

ちょうど同日、早野教授がレクチャーをされる直前まで
わたし自身も博物館での小さな仕事があるのですが…
そちらが終わり次第、こちらのイベントに駆けつける予定です。

原発事故後(いや、実はそれ以前から)、今、そして今後の、
解決することなどおそらくないであろう放射性物質について
〈知ろうとすること〉にご興味がおありでしたら、
きっと貴重なお話をうかがえる機会となることと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

【2015/02/2713:41】 |お知らせ
トラックバック(0) |
どうも、すっかり猫化(?)している当ブログですが、
今月も猫記事が公開となりましたので、
お知らせいたします。

今月号では、今から10年前の1月から3月までの
愛猫たちのようすを綴ってみました。

──あの大雪は3月だったのだ…と、
今さらながら驚いています。
オランダの冬は、というか、
春も夏も秋もですが、
年によっていろいろですね。

よろしければ、どうぞ以下のリンクよりご覧ください。

オランダ猫物語(5)おでかけ、乳歯

よろしくお願いいたします。

筆者

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

【2015/02/2509:23】 |いぬねこぐらし連載「オランダ猫物語」
トラックバック(0) |