kimono-eri-1

ここ3年ほど、機会があればなるべく着物を着るようにしています。
シーボルトハウスの館内日本語ガイド(有料、同館へ要予約)の仕事時、
各種(?)レセプション、また、浴衣やふだん着物は、気が向けば、
ちょっと買い物に行く際にも着たりしています。

今週は偶然3回慶事があり、(気が向けば)着物で出席するかも
しれないので、長襦袢の襟つけをしておきました。襟つけ初心者の私、
フェイスブックで「ご質問」したところ、打てば響くように
ご返事いただき、ありがたく思っています。深謝!

私の浴衣、あるいは母からもらった着物はすべて今は亡き祖母が縫ったもの
です。祖母は主婦のかたわら、本格的な和裁の技術を身につけていたのだ
そうで(つまり手に職があったということですね)、高級呉服店からの
依頼注文も受けていたとのことです。

また、幼くして両親を失った父の養母だった大叔母のものだった着物
(亡父の母つまり私の祖母、リフォームものですが曽祖父のなども!)、
義母(老齢ですが健在です)が「もう着ないから」とくれた着物も
なんだかんだと結局私のもとに…着物のふきだまり(笑)?

絽の着物(これは大叔母の形見)などは、雨さえ降らなければ
オランダの夏の気候にちょうどいいので大切に着たいと思って
います。着物に合いそうな夏帯も、ちょうどまだ一度も締めて
いないまっさらなものがあるので、それにしようかと。
まるでこの時が来るのを待っていたかのような不思議さ。

flowerpower-obi-.jpg


kimono-eri-2

夏の半襟は(本来)まめに取り替えるので、表は端を折り返して縫わなくても
いいとのこと。うかがってよかった!ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


【2013/08/2717:26】 |オランダで和暮らし
トラックバック(0) |
名古屋ゾーンプログラム社運営サイト「いぬねこぐらし」で
連載中の私の猫記事が更新されたというお知らせをいただきました。
「ルイ・クペールスの猫、インペリア」最終回です。21世紀の猫好き
としてはいまひとつ満足しがたい結末なのですが、まあ、
済んでしまったことはしかたがありません。過去の事実を
変えるわけにはいきませんし。

というわけで、以下にリンクをご紹介します。よろしかったらどうぞ
ご覧ください。

ルイ・クペールスの猫、インペリア(3)

なお、来月分は7月に福島富岡町の松村直登さん宅へ行った時のこと、
また、松村さんとともに暮らす2匹の子猫のことを書きます。

どうぞよろしくお願いいたします。

筆者 

おまけ↓画像は、オランダ語俗名 "kattestaart(猫のしっぽ)" の咲く庭で
生真面目な顔をしているミルテです。なにをキリッ/としているんでしょうか(笑)!

myrte-kattestaart-aug2013.jpg

(写真をクリックすると、画像が大きく表示されます)

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

【2013/08/2618:06】 |國森由美子のキャッツアイ通信「世のねこ」
トラックバック(0) |
7月中の一時帰国期間の初めの2週間は、
オランダで行った「オランダ・福島てるてるぼうずx1000プロジェクト」の
つづきバージョン、日本での「オランダの元気x1000お届け会(仮称)」の
準備、ミーティング、打ち合わせで忙しくしていました。
これは今秋11月後半に実施予定で話を進めています。

以下の公式サイトでこの計画の進捗状況をご報告しています。
どうか、ぜひご覧いただき、ご支援・ご協力をお願いできれば
まことに幸いです。

Orange Heart, Duizend wenspopjes voor Japan オレンジハート運営、オランダ・福島てるてるぼうずx1000プロジェクト

私たちは4月5月と、オランダのさまざまな機会に活動資金集めの
チャリティーをしましたが、それではまだまだ足りず、
今後もできるかぎり活動していくつもりです。

また、プロジェクトでは、代表者(國森)、経理担当者(オランダ人スタッフ)
の名前も登録の上、プロジェクトの銀行口座を開設し、ご寄付を
募っています。これは、今年12月に経理担当者が収支報告書を作成予定です。


よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


【2013/08/1920:58】 |オランダ・福島てるてるぼうずx1000プロジェクト
トラックバック(0) |
お知らせがいつもよりもさらに遅くなってしまいました。
7月中は日本におり、あれこれと超過密スケジュールの中に
埋もれていました…

「いぬねこぐらし」連載中の猫記事、先月よりの続き、
「ルイ・クペールスの猫、インペリア(その2)」です。
以下にリンクをご紹介します。よろしければどうぞ
ご覧ください。

國森由美子のキャッツアイ通信「世のねこ」ルイ・クペールスの猫、インペリア(その2)

今回もデザイナーさんがとてもおもしろいコトを
試みてくれました(私がお願いしたのですが…)。
オランダの大作家クペールスも、後世にこんな風に
作品を紹介されるなんて、よもや思ってもいなかった
ことでしょう。
文豪さま、遊んじゃってすみません。

どうぞよろしくお願いいたします。

筆者 

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ



【2013/08/0304:19】 |國森由美子のキャッツアイ通信「世のねこ」
トラックバック(0) |