1月19日は雪でした。
ふと思いつき、かごいっぱいのオレンジ羊毛の元気玉を
遠くに風車の見える道に置いてみました。

これは、自宅からほんの少し歩いた場所です。

19jan2013-molen-oranjewol-2.jpg

その後、目的地へ車で向かう途中にも風車があるのを
思い出し、わざわざそこを通って、もう一枚。

19jan2013-molen-oranjewol-1.jpg

風車の周りにできた氷の上でこれからスケートを楽しもうと
準備をしている親子がいたので、ちょっとお願いして、
適当な場所に羊毛のかごを置いてもらいました。
こうしてみると、風車のなんと大きなこと!

そして、向かった先は…

genkidama-8.jpg

郵便局。
最近は、コスト削減のためか、スーパーマーケット内にも
郵便局があったりします。

私がワークショップに行かなくても福島の子どもたちのために
てるてるぼうずを作ってくださるというN子さんの所へ送る
ためでした。N子さんご自身のご実家も福島だとのことでした。

もうすでにできあがっているそうです。
近々、受け取りにうかがう予定です。ありがとうございます。
N子さんの思いもお届けできますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


【2013/02/1109:28】 |オランダ・福島てるてるぼうずx1000プロジェクト
トラックバック(0) |
2feb2013haarlem-29.jpg 2feb2013haarlem-27.jpg 
2feb2013haarlem-36.jpg 2feb2013haarlem-39.jpg
「私たちもオランダの元気を届けたい」
── 2013年2月2日ハーレムでのワークショップにて ──

9月より活動を続けていた
「オランダ・福島てるてるぼうずx1000プロジェクト」、
おかげさまで2月初めに当初の目標数、1000体を超えました。
これもみな、オランダでご協力くださったみなさまのおかげと
心から感謝しています。
諸般の事情より、ホームページには情報が乏しいのですが、
フェイスブック上に作成したプロジェクトページにて、
近況や報告、PRをしています。
写真もたくさん掲載しています。よろしければご覧ください。
幸い、オランダのワークショップ参加者は
ほとんどの場合、写真の掲載も快諾してくださいます。
大変ありがたいことと受け止めています。

フェイスブックのプロジェクトページ:Duizend wenspopjes voor Japan/オランダ・福島てるてるぼうずx1000プロジェクト

今月もオランダの小学校へカルチャーセンターよりの派遣授業の形で
ワークショップをするので、てるてるぼうずの数はまだもう少し増える
見込みです。

それに平行し、プロジェクトでは、今度は日本での活動
「オランダの元気x1000お届け会」を実現すべく、
働きかけを始めています。

いわき、そして、福島ではありませんがやはり被災地の岩手県山田町とは
一応直にやり取りができる状態ですが、それ以外の場所でのご相談は
まだまだこれからです…

プロジェクトの近況報告でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

【2013/02/0807:07】 |オランダ・福島てるてるぼうずx1000プロジェクト
トラックバック(0) |