上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

japansekersboompje.jpg

今年は、カリフォルニアロールに和心をこめて(?)クリスマスツリーを作ってみました。

今年最後の私の「オランダよもやま話」には、クリスマスと『聖書』、
さらにはキリスト教文化について私の考えるところを書いて
みました。

実践オランダ語講座Vol.43

以下、私の記事のみ、全文転載いたします。



3. オランダよもやま話(33)     国森由美子
────────────────────────────────────
 気づけば、クリスマスも過ぎ、新しい年がもうすぐそこまで来ています。
オランダのクリスマスは、家族や親戚がともに食事をしながら過ごしたり
クリスチャンならば教会のミサに出かけたりという、ちょうど日本のお正月に
似た雰囲気ですが、当メルマガの読者のみなさまはいかが過ごされた
でしょうか?
 私は教会にも出かけず、ふと夜空を見あげて西洋暦のはじまりをあれこれ
空想してみたりする程度の地上の民ではありますが、キリスト教と
ヨーロッパ世界、また、そこに培われた文化とは切り離して考えられない
ものだと思っています。音楽でいえば宗教曲、アートなら宗教画というような
ものはその顕著な例ですね。そしてそこに反映されているのは、当然のこと
ながら『聖書』です。
 実のところ、私はその『聖書』、とくにその日本語訳というものに違和感を
抱いていて、長らく「読まず嫌い」状態でした。ところがあるとき、なんの気なしに
聖書の(現代)オランダ語版テキストを読んでみると、そこに綴られているのは
ごく自然な文章でした。目から鱗が落ちる(これも聖書由来の言いまわしだそう
ですね)とはこのことかと思ったものです。それ以来、聖書世界にも(主に
オランダ語を通して)親しみが湧くようになりました。
 というわけで、今号ではクリスマスに因み、聖書のオランダ語現代語
バージョンから「イエスの誕生」をご紹介したいと思います。以下、オランダ聖書
協会のサイトより、ルカによる福音書2章1~21節を引用します。

オランダ聖書協会サイトより「ルカによる福音書2:1-21」

 日本語訳は、以下のウィキソースにある電脳聖書のページなどで読まれると
いいかと思います。

電脳聖書・ルカによる福音書

 ところで、この「イエスの誕生」に記されている聖書のテキストを題材とした
芸術作品は数えきれないほどあります。一目(耳?)でそれとわかるものも
ありますが、そうでないものもあります。せっかくなので、一見、聖書と絵画との
関係がわかりにくい例をあげてみましょう。まず、以下のリンクでブリューゲルの
’ Volkstelling te Bethlehem(ベツレヘムの戸籍登録 ’ をご覧ください。

ブリューゲル/ベツレヘムの戸籍登録

ここには、上記のルカ第2章の第一節目がさりげなく表現されています。
それは、絵画の下に添えられているテキストにも簡単な説明があります。
以下に引用し、訳例をつけてみます。

Dit lijkt een gezellig wintertafereel te zijn in een doorsnee Brabants dorp. Bij de herberg heerst grote drukte. Maar op de voorgrond, rechts in het midden, is een vrouw te zien gezeten op een ezel, vergezeld van een man met een zaag op zijn schouder die een os leidt. Het zijn uiteraard Maria en Jozef, die wegens de door de Romeinen uitgeschreven volkstelling naar Bethlehem zijn afgereisd, de stad van Jozefs voorouders.
 
(訳例)これは、どこにでもありそうなブラーバントの村の楽しげな冬の情景の
ように見える。宿屋にはたくさんの人だかりがしている。しかし、前景の中央
右寄りにはロバにまたがった女が見え、のこぎりを肩に牛を従えた男が連れ
そっている。それは言うまでもなくマリアとヨゼフであり、2人はローマ人が発令
した戸籍登録のために、ヨゼフの故郷、ベツレヘムの町へと旅立ったのである。

 ブリューゲルはとかく謎めいた絵を描いた画家(一族)で、その宗教観をめぐり
さまざまな説があるそうですが、一般大衆が絵解きを楽しめるような試みもある
ようです。それは『ブリューゲルの動く絵』という映画で、オランダの名優
ルトガー・ハウアーがブリューゲルの絵画世界の「中の人」になり、絵画の内部
からその世界を体験してみるというものだそうです。

映画『ブリューゲルの動く絵』公式サイト

ちょうど、公開になったばかりのようです。おもしろそうですね。

 今年も大変お世話になりました。読者のみなさまも、どうぞ、
よきお年をお迎えください。

(*以下メルマガ掲載のブログアドレスは省略します。記事は2011年12月執筆分です。)



にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
スポンサーサイト

【2011/12/3020:40】 |『実践オランダ語講座』メルマガ用参考資料
トラックバック(0) |
今回は、読者の方々への(勝手に)Youtubeクリスマスプレゼントつきです。
猫とアートと音楽の三位一体、無敵の黄金トリオ(これも勝手にネーミング)にて書いてみました(笑)。

いぬねこぐらしサイト内〈オランダねこ暮らし☆連載第4回「アムステルダムの猫の博物館」〉

猫ラブ人間としては、日本中の、いや、世界中の猫さんとそれをとりまく人々の幸福をいつも願っています。

どうぞよろしくお願いいたします。

筆者 

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

【2011/12/2120:09】 |いぬねこぐらし連載<オランダねこ暮らし>
トラックバック(0) |
bplusc12dec-13.jpg

(はじめて自分の手で作ったおすし!嬉しそうですね。)

5年以上前より和食クッキングコースの講師をしてきた同じカルチャーセンターにて、今年の9月からはおすしのワークショップというのも担当することになり、昨晩はその2回目でした。右のリンク集にもある「BplusC」というのがそのカルチャーセンターの名称で、これはライデン市にメインオフィスを持つ、同市近郊(ハーグ、ワッセナールもカバーしています)で最大のカルチャーセンターです。

4月に前任者の最後のワークショップを見学させてもらい、それを参考にしつつ、引き継いでいます。このワークショップは一晩完結、受講生は初心者のオランダピープルがほとんどです。そんなに盛りだくさんにするわけにはいきません。

自分なりに考えて、私はこうすることにしました。

1.ワークショップのはじめに、(建物の中の)カフェにてお茶を飲みつつ、おすしについてプレゼン(パワーポイント)。
2.キッチンにて実習(のり巻き3種とおいなりさんを作ります)。
3.ふたたびカフェに戻り、感想などを述べ合ったり、おはしの持ち方を練習したりしながら試食。

こう書き出してみると一見簡単そうに思えますが、机上と実際とでは、だいぶようすが異なります。買い物、レシピやパワーポイント作成など、準備もあります。私の持つオランダ語のボキャブラリーの範囲内で話すことも考えておかなければなりませんし…(背伸びして難しいことを考え下書きしていっても、所詮労力の無駄づかいだということは実証済みで←涙)

こんな内情ではあるものの、今のところ、みなさんなかなかじょうずに作っていますし、楽しんでくださっているようなので、ほっとしています。

昨晩のワークショップのようすを写真で少しご紹介します。

bplusc12dec-3.jpg  bplusc12dec-5.jpg bplusc12dec-9.jpg


次回のおすしワークショップは来年3月5日です。常にウェイティングリストができているようですが、もしも希望者が多い場合には、エキストラにワークショップをすることになるかもしれません。また、BplusC経由にて、別途、プライベートや別の機関からワークショップを依頼されることもあります。

ワークショップをした後は、(動きまわっているので)疲れてボロボロ(笑)になるのですが、翻訳や原稿書きをしているときにはコンピューターに張りついたまま固まっていることも多いので、ちょうどいいのかもしれないと思ったりしています。

世の中、うまくできているものですね(笑)。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


【2011/12/1405:21】 |Japanse koken (bij BplusC Leiden)
トラックバック(0) |
日本在住のオランダ人の友人たちが教えてくれた動画をこちらのみなさまともぜひ「シェア」したいと思います。



どうぞ最後までご覧ください。

月並みな言い方ですが、本当に先は長いけれど、少しずつ前進するしかありませんね。


私も日本とは夜昼逆のオランダで(目下、時差8時間)、今後もずっと自分になにができそうかを模索しつつ、ささやかにでも協力していこうと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ



【2011/12/0914:49】 |2011. 3. 11. 東日本大震災
トラックバック(0) |
今日12月5日は、オランダのよゐ子が星人聖人シンタクラースさまよりプレゼントをいただける日ですね。この習慣はオランダがまだプロテスタントの国になる前、カトリックだった頃からの年中行事だったそうです。

シンタクラースについては、過去にもずいぶん書いたので、またなにか付加したいことができるまで、以下のアーカイブをご紹介するにとどめておきます。

私のシンタクラース話です。よろしかったらどうぞご覧ください:

オランダよもやま話(4) 

オランダよもやま話(5)

ただし、両リンク内のメルマガ「実践オランダ語講座」のリンクでは、メルマガ最新号しか反映されませんので、もしも「本文」も読んでくださるという場合には、どうぞ、購読登録(無料)をお願いいたします。編集部も喜ぶことと思います。

よろしくお願いいたします。

Sinterklaas mani

おまけ画像(笑)。シンタクラースのキーアイテムをネイルにしている人がいました!かわいい!

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ



【2011/12/0521:59】 |オランダ「この国のかたち」
トラックバック(0) |
つい根をつめてしまうような仕事が立てこみ、とかくコンピューターの前に座りづくめ、不健康になりがちな日々を過ごしています。せめて食べるものには気をつかい、おいしくいただこうと心がけています。

寒くなったので、白菜鍋とか。

hakusai-nabe.jpg

*豚バラの薄切りの買いおきがなかったので、適当な豚肉をフードプロセッサーでひき肉にしてみましたが、やはり薄切りの方がおいしいかも…もしくは、ひき肉に少しなにか工夫(卵やネギを混ぜるなど)をした方がよかったかも?

(*オランダでは薄切り豚バラは一般的ではないので、肉屋さんで特注するか、あるいは日本人御用達のお店で買い求める必要があります。)

そんなときには「困ったときのおじや」頼み、するとすべてが渾然一体となって問題を解決してくれます。

ojiya_japanse_paella.jpg

終わりよければすべてよし(笑)。

金曜日には自宅近くに市がたち鮮魚が買えるので、たまには真面目に買い物、お料理とか。家族そろって(愛猫も!)ハーリンクが好きなので、時々きちんと(?)オランダ食もいただきます。

haring-dec2011.jpg

猫には塩分や玉ねぎをやってはいけないとのこと、しっぽ部分だけ、よくよく流水で洗っておすそわけ

本日はタルボット(tarbot)というカレイ科の大きな魚とタコを選び、おさしみにしてみました。

osushi-maaltijd.jpg

土曜日の朝だけお弁当作りをする関係上、夕食もその続きになることが多いわが家。今日のお弁当はおいなりさんだったのでこんな組み合わせになりました。

酢飯がほんの少し余った分は、いただいたお手製のキムチ(ありがとうございます!)を試しに巻いてみました。

kimuchi-maki.jpg

もともとがあまり肉食系でないせいか、やはり和食は好きです。

明日は、たこやきを作りたいと思っていますが…さらさらの(こてこての反対のつもり…)東京人にうまく作れるでしょうか?

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

【2011/12/0412:10】 |
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。