上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実践オランダ語講座vol.35

上記が元ネタです。
以下、私担当記事のみ、ご紹介いたします。
なお、ここでは、メルマガ上では反映できないと編集者よりうかがっている
"e"上のトレマを"ë"と本来の表記にしておきます。


3. オランダよもやま話(27)   国森由美子
────────────────────────────────────
 2011年になりました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。
新年早々、訳書が1冊刊行されましたので、この場をお借りしてお知らせし、
今号ではそれに関連した事柄を取り上げてみたいと思います。

 書籍情報や翻訳の作業状況(と、どうでもいい雑談)については、
すでに筆者のブログに掲載しましたので、以下をご覧ください:

ブログ「オランダなんでもメモ」:
http://morinokuni.blog43.fc2.com/blog-entry-204.html

 上記サイトにもあるとおり、原著は、ほし☆みつき著『編み犬の毎日2』
(文化出版局 / 刊)です。そこで、このメルマガでは、犬や編み物に関する
オランダ語をピックアップしてみます。

 オランダ語バージョンの書籍名 “ Meer minihondjes haken ” は、
オランダの版元がつけたタイトルですが、これは1冊目(2009年刊)の
“ Minihondjes haken ”(直訳すると「ちっちゃな犬たちを編む」)に
続くものということで、「さらに、もっと(英語では “ more ” )」と
いう意味の “ Meer ” をつけ足したのでしょう。“ mini ” はご説明
するまでもなく「ミニ」、“ hond ” は犬です。他の言語にも同様の
ものがありますが、ある単語を、小さい、あるいはかわいい、親しみの
こもった感じにしたいというような時には、語尾を縮小形にし
“ -je” をつけることがあります。“ hond ”の場合は “ hondje ”
となり、あえてカタカナにするならば「ホンチェ」というような発音に
なります。最後の “ s ” は複数形を表します。“ haken ” は
「かぎ針で編む」という動詞です。ちなみに、かぎ編みではなく、
棒編みならば、オランダ語では “ breien ” という動詞で表します。

 ところで、筆者は動物好きではありますが、ご存知のとおりの猫バカ、
犬の品種にはさして詳しいというわけではありませんでした。それが、
この仕事をとおしていろいろと調べることになり…勉強になりました。
オランダ語のスペリングは、原著に日本語と並んで掲載されている
英語名とも、やはり微妙に違っていたりもしました(他言語なのですから、
あたりまえです)。以下、少し例を挙げてみます。

Jack Russellterriër   ジャック・ラッセル・テリア
Toypoedel  トイ・プードル
Bostonterriër     ボストン・テリア
Dalmatiër  ダルメシアン
Berner sennenhond  バーニーズ・マウンテン・ドッグ

 テリア種は、英語だと例えば “ Boston Terrier ” のように
間にスペースをあけて書きますが、オランダ語では1単語でひとつづきです。
その他、本書には “ Hokkaido ” “ Shiba ” なども掲載されていますが、
これは翻訳不要。わが国の誇る(?)かわいい日本犬ですものね、
えっへん(笑)! “ Shiba ”つまり柴犬などは、オランダでも人気があり、
「ぜひ、家族の一員に」と望む飼い主さんたちは、ブリーダーさんを自力で
情報収集して探し、直接交渉してゆずり受けます。オランダのペットショップ
には、犬や猫のショーケースはありません。ブリーダーさんたち自身も
それぞれ犬好きが高じてなさっている例が多く(認可取得にも厳しい条件が
あるはず)、ゆずる側に行き先を選ぶ権利があるような印象すらあります。
柴犬は、私の自宅付近でも何度か見かけたことがありますが、あの
くるんとまるまったしっぽは、なんともいえずかわいいものですね。
飼い主さんも、それはかわいがっていました。

 次号もかぎ編み用語のことなど、もう少しご紹介しようかと思っています。
────────────────────────────────────

                
  
おまけ動画もどうぞ。この柴犬さんは、オランダのお宅で育まれているようです。
ヤなんだけど、気になるふうせん…(笑)



しっぽ、くるくる~ん♪

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
スポンサーサイト

【2011/01/2906:51】 |『実践オランダ語講座』メルマガ用参考資料
トラックバック(0) |
ある日、かの"youtube"を見ていて発見した「須藤元気」ミュージックビデオ。
なにこれ?

「須藤元気って誰?」と、なんの予備知識も持ち合わせていなかった私でしたが、少し調べてみたら…格闘技家だったのですね、K-1の! 私とは一番かけ離れた世界かも(笑)? もしも、須藤元気さんが音楽方面へフィーチャーしていらっしゃらなければ、一生知ることもなかったでしょう…

おもしろかっこいい!!!

これまで○○年、この種の世界(芸能界)では、特に誰のファンになったこともありませんが、これはかっこよすぎる!ファンになってしまう恐れ(?)が出てきました。

20代をアメリカで過ごし、K-1時代に世界各地を渡り歩いた須藤元気さん、「日本」をよく「わかって」いらっしゃる感じがします。そして、これは単なる私の思い込みかもしれませんが、すべての表現があるメッセージを発しているような気もします。

(以下の動画をフルスクリーンで見たいという方は、画面右下"youtube"文字上をクリックしてください)

「WORLD ORDER」 NYバージョン:



「WORLD ORDER」 東京バージョン:



「BOY MEETS GIRL」:



「MIND SHIFT」:



─ 日本よ、胸を張れ。─

つおいオレもついてるし…って(笑)?

こう書いてるうちに、ほら、サッカー日本代表もアジア杯決勝ですって!

いやしかし、なんて変てこりんな人なのでしょうか(笑)!

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

【2011/01/2608:00】 |近況
トラックバック(0) |
市のカルチャーセンターがオーガナイズしている和食クッキングコース(雇われ講師)の仕事が一段落しました。当日の数時間のみならず、予め自宅リハーサルを何度もするので、最終的にはかなり手間ひまをかけることになります。また、昨年までは1回ごとの独立したコースだったのが、今年からは「和食入門篇(薬味と調味料)」「おべんとう」の2回を1組にして、同じ受講生グループに2週連続で行うことになりました。「お弁当」コースは過去数年間続けてきたのでだいぶ慣れたのですが、「和食入門篇(薬味と調味料)」の方は、今回が初めて。何をどう紹介するかを考え、レシピ探し、そのオランダ語訳、…受講生の人数分の食材購入なども私の仕事です。お米も人数分持っていきます。毎回、出かけるときには、まるで引越し荷物のよう…(大げさ)。

今回、「入門篇」では写真を撮る余裕がなかったのですが、一部をご紹介すると…

hiyayakkoshouyu.jpg  edamame-bier.jpg

代表的な薬味をのせた冷やっこや、お豆腐の原料の大豆の若い緑の実、つまり、枝豆を食べたり、
(ビールは飲みませんでした…が、梅の実入りのワンカップチョーヤ梅酒を飲みながら実習しちゃったり

karashiae.jpg  kinpiragobo.jpg

鶏の胸肉のからし和え、きんぴらごぼうも作りました。ごぼうは、オランダピープルにあまり知られていないので、ぜひにと思っていました。

その他、一口焼き鳥に七味、一口ミニミニうな丼にさんしょの粉など、日本特有な薬味の紹介もあと数種。

この日は、私が作って持っていったお正月の和菓子(初の試み!)でしめくくり。

hanabiramochi-2011.jpg

花びらもちです。
いったい、どんな反応を示すかと興味津々でしたが、受講生の方々は「おいしい!」と言ってくれました。
みそあん、しかも、ごぼうの甘煮入りなのですが…。甘じょっぱいのもイケるのね? オランダピープルというのは、一般的に、お世辞は言わない国民なので、ウソではないと思うのですが…?インドネシア系の方などは「白い豆のあんこに、もち粉で作った皮」だと言い当てました。すばらし~!

また、薬味と調味料の画像を集め、パワーポイントのファイルも作成、持参したノートでお見せしました。

そして、2週目「おべんとう」

いつものように、お鍋でごはんを炊き、おにぎり2種(サケ、ゆかり)、鶏の照り焼き、だし巻き卵、…エキストラに、「ビミ」というブロッコリーのような野菜のごま和え、りんごのうさぎさん。今年は卯年だという雑談も交えて、ちょうどよかった!

obento19jan2011-6.jpg  obento19jan2011-12c.jpg

どうです、初めてでも、だし巻き卵けっこう上手に焼いているでしょう? そもそも和食に興味のある方が受講申し込みをしてくるわけなので、どこで手に入れたのか、あの四角い卵焼きフライパンや、かわいいお弁当箱などを持参する方もあります。みなさん、とても喜んでくださって、私も一生懸命取り組んだ甲斐があったというもの。めでたし、めでたし。

次回は、3月の予定です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


【2011/01/2207:35】 |Japanse koken (bij BplusC Leiden)
トラックバック(0) |
以下は、信州に住む友人より教えていただいた谷川俊太郎氏の詩です。
この大詩人の作品集、私もいくつか持っていますが、こんな詩も書いていらしたんですね。
すごいなあ、谷川詩人。同じことを表現するのに、その気になりさえすれば、どんなに難解な言葉でも、どんなに平易な言葉でも、紡ぎだせる方なのだろうと尊敬しています。

谷川氏ご本人より転載の許可をいただいたので、どうぞ。今年成人を迎えた方々(法的には日本では20歳ですが、オランダでは18歳です)へ、また、そうでなくてもすべての日本語を共有する方々へ、そしてもちろん、自分を見つめなおす時のためにも。


「成人の日に」      
             谷川俊太郎

人間とは常に人間になりつつある存在だ
かつて教えられたその言葉が
しこりのように胸の奥に残っている
成人とは人に成ること もしそうなら
私たちはみな日々成人の日を生きている

完全な人間はどこにもいない
人間とは何かを知りつくしている者もいない
だからみな問いかけるのだ
人間とはいったい何かを
そしてみな答えているのだ その問いに
毎日のささやかな行動で

人は人を傷つける 人は人を慰める
人は人を怖れ 人は人を求める
子どもとおとなの区別がどこにあるのか
子どもは生まれ出たそのときから小さなおとな
おとなは一生大きな子ども

どんな美しい記念の晴着も
どんな華やかなお祝いの花束も
それだけではきみをおとなにはしてくれない
他人のうちに自分と同じ美しさをみとめ
自分のうちに他人と同じ醜さをみとめ
でき上がったどんな権威にもしばられず
流れ動く多数の意見にまどわされず
とらわれぬ子どもの魂で
いまあるものを組み直しつくりかえる
それこそがおとなの始まり
永遠に終わらないおとなへの出発点
人間が人間になりつづけるための
苦しみと喜びの方法論だ



(詩集 魂のいちばんおいしいところ より)


にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

【2011/01/1721:52】 |オランダと季節
トラックバック(0) |
ここのところ、なにかと忙しく、なかなかこのブログに手がまわらない状況ですが、取り急ぎお知らせします。

2009年秋に刊行された1冊目(原著は、ほし☆みつきさん『編み犬の毎日』文化出版局/刊)に続き、2冊目が刊行されたようで、翻訳を手がけた私たちの手元にも届いています。今回はこんな表紙です。

amiami-2-1.jpg

ほしさん、おめでとうございます。オランダ語バージョン1冊目が大好評(★5つついてるし、たくさんいいレビューが寄せられています)だったようで、私たちも、お役(訳?)に立ててとても嬉しく思っています。
また一緒にお仕事ができるといいですね!

ちなみに、日本語からオランダ語への翻訳は、常にわが家の大学生(オランダ語ネイティブで、日本語とのバイリンガル、英語は一応ケンブリッジ英検取得済みです)との共訳ということでお引き受けしています。

amiami2-3.jpg

こういう本を拝見すると、長らくごぶさたの編み物をまた再開したくなりますが、
一度始めたら(棒編みで編み込み模様とか結構好きだし)ついハマってしまうタチなので、考えどころ…あ、それで、ハマナカとか言うのか…w?

以下は、1冊目の翻訳中、ちょっと私が「試作」してみた、ラブラドール・レトリバーとごはんの骨、そして食器です。オランダ語ネイティブでも、編み物ができるとは限らず、なにがどーなってこーなるのか、実際にわからなければ翻訳もできませんし。

amiami1-proef.jpg

オランダ在住のみなさま、オランダのご友人にもお知らせいただければ、誠に幸いです。
とてもかわいい編み犬たちが満載で、価格も10ユーロほどと手ごろです。あ、ちょっとしたプレゼントとしても喜ばれるかもしれませんね。犬好きオランダピープルならば、なおさらです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

kerst2010-duif.jpg

(実は、なにげにリサイクルだったりも…

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

【2011/01/1419:52】 |オランダ語翻訳
トラックバック(0) |


Susie
こんにちは。はじめまして。
この本に出てくる編み犬たち、みんなかわいいですよね。

ところで、日本ではJIS規格で編み図の描き方が決まっているので、文章で編み方を表すことってあまりないですけど、オランダ語はどうなのですか?英語だと表目をいくつ編んだら、裏返して裏目をいくつ編んで…みたいな表現だったように覚えていますが(一度、編み図の英⇒和訳をしたのですが、超意訳になりました)。

文章で編み方を説明するのは大変ですよね。JIS規格はすごいなと改めて思った次第です。

また寄らせていただきます。


Re: あみもの翻訳
Yumiko
Susieさん、コメントありがとうございます。

> ところで、日本ではJIS規格で編み図の描き方が決まっているので、文章で編み方を表すことってあまりないですけど、

ああ、そういうことなんですね?オランダの編み物の本も、事情は英語と同じです。
おお、では、私たちのは日→蘭で幸いだったのかも?

そのあたりのことは、実は次号の「実践オランダ語講座」用原稿で少し触れましたので、
それが発行されたら、このブログでもご紹介する予定です。またどうぞいらしてみて
ください。編み物翻訳経験者のお友達(笑)としても、今後ともどうぞよろしく!

コメントを閉じる▲
myrte-hatsuyume-1.jpg

「初夢用のおまじにゃい?」

初夢、いかがでしたか?
…私のは、なんだかさまざまな断片の寄せ集めのような、不思議な夢だったような気がします。しかも、私ったら、夢の中で「これって、初夢…(汗)」などと思っていたりもしました。目覚めたあとも、しばし頭の上に巨大なマークが浮かんでいるような気分で…う~ん、それにしても、いったい、なんだったのでしょうか。

愛猫くんのミルテにも「ねえねえ、どんな夢見た~?」なんて、しつこく聞いてみましたが、何も答えてはくれず、お腹に耳を当ててみると、ただただ、ぐるぐる、ぐるぐる、ぐるぐる言っているだけでした。きっと、ぐるぐるな夢だったのでしょう。

オランダでは、いったん年が明けてしまえば、もうお祝いごとは大してせず、小中学校なども第一週の平日から始業、お店なども通常営業です。わが家の大学生も、3日にはレポート提出〆切日とかで必死に出かけていきました。この人にも「ねーねー、初夢見たー?」と聞いてみましたが、「そんなヒマ、ねーよ!」という夢のない返事。夢見るヒマもないなんて、キミの人生、それでいいのか?せっかく、回文つきのおまじない、プレゼントしてあげたのに。もう一人の家族は、このおまじないの紙には少し興味を示したものの、「夢見た?」には、やんわり笑って「う~ん、よく覚えてないなあ…」と、これも性格のよくあらわれたゆるいリアクション。

わが家の新年の日々はこのように動きはじめました。

でもまあ、気分だけはもう少しお正月でと、初夢のあとも、思いつきでそれらしきものを料理したりも。

osechi-3_convert_20110104222050.jpg   ozoni-5.jpg

オーガニックショップで見つけたビン詰めの栗やさつまいもがあったので、素朴な栗きんとん。あんには砂糖の代わりにアガーヴェシロップを用い、味にさわらない程度にターメリック(つまりウコン)で黄色く色づけしました。かまぼこ(もちろん既製品)は白しか買い置きがなかったので、食紅を使って半分染めてみました。よく目にする鮮やかなピンクのものと比べると、色合いにも手作り感があるような…実験の新春?お雑煮の中身も、買ってあった食材を思いつきで使っただけ。「ウサギのおもち」にもご参加いただきました。

そうそう、実験といえば、お正月縁起物関連食材として買っておいた慈姑(くわい)を焼いてみました。

kuwai.jpg   kuwai-1.jpg

これが、私たちには新たな味覚でした!魚焼きロースターで、竹串のとおるくらいに素焼きして、皮を剥きながら塩などちょっとつけて食べただけですが、思いがけないおいしさ!おすすめです。

さて、明日からは、私も、ピアノのレッスンが始まります。来週は和食のクッキングコースがあるので、目下、メニューや段取りを考えたり、レシピを検討したりもしています。

というわけで、わが家のお正月、おしまい。

日々、恙なく過ごしていければと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2011/01/0610:05】 |近況
トラックバック(0) |
usagi2011.jpg

(ウサギのおもちができました♪)

卯年になりました。家庭の事情により、新年の祝辞はひかえさせていただきますが、当ブログを通してお世話になっているみなさま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。また、2011年がみなさまにとってよき年になりますようにとお祈りいたします。

大晦日は、8時間早い日本の年明けに合わせて実家や義実家とスカイプ。それぞれ、それなりに楽しく年越ししたようすに安心しました。そのあと、わが家の大学生くんは、仲間と夜通しわいわいしにアムステルダムへ出かけていきました。いつ帰宅するのかは、いまだに謎です。

私たちは、夕方6時半くらいから、おせち風自家製料理などを数種つまみ食いしながら飲み始め、同時に、なかなかゆっくり見られなかった日本のTV番組録画DVD(実家が定期的に送ってくれるもの、感謝!)を見て、げらげら、うだうだ、だらだら…そして、数時間もすれば、よれよれ、へろへろ人間×2のできあがり

tsumamigui-1.jpg tsumamigui-2.jpg

そうそう、今年は、昆布といただきもののスルメで、久々に松前漬けなど作ってみました。

matsumae-tsugaru.jpg

松前藩と盛岡藩とのコラボ?!

そして、11時頃、年越しそば突入。今年はとろろかけにしました。

toshikoshisoba2011.jpg

(初ボケ写真?!)

オランダでは、大晦日にオリーボレン(oliebollen、単数oliebolだとオリーボル)という、穴なしドーナツみたいなものを食べることが多いのですが、わが家ではその習慣は根づかず。

その間、外の花火の音(爆竹系が多い)に怯え、愛猫くんのミルテはこたつに引きこもっていました。かわいそう。そして、あたりが静かになった今日、ようやく外へお出ましに。初おでかけ。あとで初猫さんぽもしようね。

私は少し勘違いしていたのですが(初勘違い)、元日の晩に見る夢が初夢というのでしたね。

下は広重の筆による七福神宝船の図だそうです。

hiroshige-shichifukujin.jpg

ここには、富士山や初日の出、鶴亀など、めいっぱい縁起のいい風物とともに、こんな句も書かれています。

なかきよの 
とをのねふりのみなめさめ
なみのりふねの 
をとのよきかな

(ながき世の遠の眠りのみな覚めて浪乗り船の音のよきかな)

江戸の絵師の、なんと洒落っ気のあること。ちなみにこれは回文になっています。この句を枕の下に置いて眠ると、いい初夢が見られるそうです…

最近はこんな回文もあるようですが、

よのなかねかおかおかねかなのよ

どちらを枕の下に置くかは(置かないって)、夢見る人の気持ちしだい?!

みなさま、どうぞ、いい初夢をご覧くださいますように。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

【2011/01/0122:08】 |出来事
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。