上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

fietspad-okt-2.jpg

自転車道路のやなぎ並木も秋の色を帯びてきました。

今回は、先日、某所にてまったく偶然に出会った日本の絵本作家、どいかやさんからいただいたファイルをご紹介します。私が余計な説明などするよりも、ご自身のサイトのごあいさつページをご覧いただくのがベストかと思いますので…こちらが→どいかやさんです。

そして、日本の保健所で行われている犬猫の殺処分という悲しい現状についても、なにか少しでも改善の働きかけができないかと、以下のような無料配布用ファイルを作成したそうです。

ペットショップにいくまえに

私自身も、ここ6年ほど猫たちとともに暮らしてみて、オランダのペット事情や一緒に暮らす人間側の意識について学ばされることが多く、それにつけても、仮にも世界で「先進国」と言われている日本のこのような現状をいったいどう説明できるのか?と、ひじょうに疑問に思っていました。オランダにも、巷にはひどい飼い主がいるようですが、役所レベルにて毎日毎日大量に「殺処分」するということはありえません。戦争や飢餓で人間さえも生死の境目に置かれているような国ではないのに、殺されていく動物たちの身になれば、これはどう考えても理不尽な話に思えてしかたがありません。

実は、どいかやさんのイラストにも一目ぼれ、大好きなゴールデンブックスシリーズ(リンクは王立図書館サイトのオランダ語版50周年特設ページ)も思い出しました。かわいさ最強のイラストつき弱き動物たちのためのメッセージ、日本のご友人、お知り合いなどにお知らせいただければまことに幸いです。どいさんご自身は、プリントアウトしたファイルをそっとどこかに置かれたりしているようです。

myrtje-overkant.jpg

(写真:私を対岸に見つけて「合流地点」へ急ぐミルテ

日本に住んでいない私には、こんなささやかなご協力しかできませんが、思いは同じです。日本国民のはしくれとしても、状況がなんとか改善するよう、オランダより願っています。

lichtzuilen.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
スポンサーサイト

【2010/10/2416:30】 |ねこ
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


Re: ありがとうございます。
Yumiko
けりさま

コメント、ありがとうございました。香港にお住まいなのですね。
どいかやさんのパンフレットのアナウンスもありがとうございます。
私も偶然に知ってブログに載せたのですが、こうしてどんどん広まることが
どいさんの願いでもあると思いますので、きっと喜ばれるでしょう。

私の方、あーチェことアポロンがいなくなってもうすぐ3ヶ月になります。
ほんとうに、悲しみが消えることはないけれど、時間が和らげてくれるもの
というのもやはりあるのかもしれないと思いながら過ごしています。

けりさんもおっしゃるように、私の場合も、いい想い出が残っていくのでしょうね。

香港は夏がひどく暑いと聞いています。オランダの夏はさほど気温も湿度も
高くなく、また、夏は日が長くて夜10時ころまで明るい日々が続きます。
快適な避暑地(笑)ですので、ぜひ、夏にどうぞ!

これを機に、今後ともどうぞよろしくお願いします。
私も、けりさんのブログに、時おり伺いますね。

國森由美子


> こんにちは。
> もしかしたら以前にもコメントを残したことがあるかもしれません、香港在住のけりと申します。

> オランダはぜひ訪れてみたいところの筆頭です、またのぞきにきますね。


コメントを閉じる▲
tsutaokt2010.jpg

たまにはオランダの政治についてお知らせしてみようかと思います。
6月の選挙の後、夏が過ぎ、秋が訪れ、延々約4ヶ月の協議を経て、ようやく組閣が成立しました。新内閣は中道右派2党連立に他1党が協力するという、ちょっと変わった形で誕生しました。なぜ、こうなったかということを説明しようとすれば、いくらブログがあっても足りない(?)ので割愛しますが、決まったからにはとにかくやってみてくださいな、という感じです。

経済問題、移民問題その他たくさんの問題を抱えての出発です。こちらは、新内閣宣誓式の際、ハウステンボス宮殿前の階段にて行う恒例の記念撮影のようすです。国家の長であるベアトリクス女王を中央に、首相、そして大臣の面々が並んでいます。

マルク・ルッテ(Mark Rutte)新首相は43歳。もっとも若い歴代首相の1人*)。上のリンクのページの右に掲載されているプロフィールを参考に新首相をご紹介すると…マルク・ルッテ氏は、VVD(自由民主国民党)から撰出された初の首相。はじめ、ピアニストになりたかったが、最終的にはライデン大学で歴史を専攻した。16歳で同党のユース組織に入り、議長となった。ユニリーバ社にてキャリアを積んだ後、内閣の社会福祉環境省副大臣、教育文化科学省副大臣を歴任…だそうです。

*)最年少は1982年ルバース首相で当時同じく43歳。ルッテ新首相との年の差(?)は、ほんのわずかだそうです。

どんなピアノ曲が好きなのかしら?と、そちらの方により興味をそそられている私…(こらこら)

こんな文化的(?)な首相が就任するのに、文化関係の予算を大幅に削減する、という方針が掲げられているので、目下、国民の間では、反対の署名運動、デモなどが盛んに行われています。私も賛成できるものには署名に協力していますが、もともと集団で大騒ぎするという行為がどうも性に合わないので、デモに参加する気はありません。

ただ、少しばかりオランダに長く住み、オランダ語を用いて生活している者としては、日々、自分なりになにかを考え、オランダ社会を実感しながら過ごしていようと思っています。

molen10okt2010.jpg

自宅最寄りの風車、今日はこちらを向いて、なにか言いたげ?

haven-10okt2010.jpg

これは、私の住む町の中心街で撮ったものです。運河に浮かぶ船、風車、レンガの家並み、はね橋…オランダのアイデンティティそのものですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2010/10/1608:58】 |オランダ「この国のかたち」
トラックバック(0) |
先月末は、おすし作りのクッキングコースで忙しくしていました。これは、私が雇われ講師をしている和食クッキングコースをオーガナイズしている組織から、エキストラに頼まれたものでした。そこでは、ここ数年、お弁当作り(おにぎり、鶏の照り焼き、出し巻きたまごを作ります)のコースをしていたので、おすしは久しぶりでした。

今回の受講生は、ESTEC(欧州宇宙技術研究センター)という、北海沿いのNoordwijk(ノールドヴェイク)市にある機関にご勤務の方々とその家族、場所は、いつものクッキングスタジオでした。

この機関は、かのアメリカのNASAのヨーロッパ版のようなところで、そこで働く方々の国籍もまちまちです。オランダ語が少しわかるという方もいれば、英語は話せるけれど、フランス語「しか」読めないという奥様もいらしたり…私はといえば、実演つきをいいことに、今回はあやしげな英語で通してしまいました^^; とはいえ、オランダ語だって、まだまだぜーんぜん完璧ではないのですが…^^;×2

というわけで、4、5日前より、なにを作ろうかと資料を広げ、英語のレシピ作り(これはわが家の大学生に協力してもらいました!)、そして、自主練習の日々。講師自身が一応まともに作れなかったら、やっぱりアレ(どれ?)でしょうし…

voorbereiding_met_myrtje.jpg

まずは、参考資料とにらめっこ。あーチェがいなくなって、ひとりっ子になった愛猫ミルテ(みゅーチェ)と一緒です。

tunamayouramaki-kappa.jpg futomaki.jpg oinarisan.jpg

試食するのは、もちろん、わが家の人々。おすしが好きなので、こんなときには大助かり。

そして、本番は…?

cursus27sep2010-6.jpg  cursus27sep2010-14.jpg
  
cursus27sep2010-10c.jpg

(今回は主に巻きモノをということで引き受けたのですが、おいなりさんもオプションとして紹介。)   

いかがでしょう? みなさん、はじめてのおすし作りだとのことでしたが、なかなかじょうずですね?
まあ、宇宙のことを考えるよりは、ずっと簡単かもしれませんけど…?

そういえば、宇宙食におすしってありましたっけ?

あーチェのことをひきずりながら過ごす中、前から決まっていたこのような頼まれ仕事があり、忙しくしていたので、少しは気が紛れてよかったかもしれないと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ


【2010/10/0506:20】 |Japanse koken (bij BplusC Leiden)
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。