上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

stadhuis-denhaag.jpg

(○○年前、ハーグの市役所「青の間」で挙式しました。)

実は、今日は○○回目の結婚記念日です。
天気がよければ、海辺で外食して、10時過ぎ頃の日没でも眺めて帰ってこようかなどと話してもいるのですが、いつものごとく(?)、行き先その他、具体案未定な私たち…今日唯一はっきり決まっていることといえば、オランダ時間夕方4時からのW杯トーナメント「パラグアイ-日本」をおうち観戦+応援することだけ

どうかな、どうかな?わくわく、どきどきですね。ぜひ、先日のような冴えたプレーをしていただきたいものです。

昨日の「オランダ-スロバキア」戦は、オランダが勝ちましたが、次の対戦相手は、かのブラジルになってしまいましたね…
まあ、観衆というものは、所詮、応援しかできないので(当たり前ですが)、あとは選手自身のプレーと時の運に任せることにしましょう。審判がなにかを見間違ってオランダにプラスに働くとか…

以下、個人的に最近ヒットな画像をご紹介しておきます。

lion-3.jpg  -vuvuzelajongetjes-4.jpg  oranjeleeuwchocolade-1.jpg

左は、日本の子どもが作った工作のライオン(かわいいでしょう?)、中央は、オレンジのブブゼラを買ってもらって嬉しそうな近所の子どもたち(掲載許可あり)、右は、スーパーマーケットで見つけたW杯記念オレンジライオンチョコレートです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
スポンサーサイト

【2010/06/2921:11】 |出来事
トラックバック(0) |
warm-myrtje-1.jpg

少し暑いとすぐ日陰でだら~~ん

急に夏らしい日々の続いているオランダです。
W杯、日本代表チーム、立派でしたね!オランダのテレビでは、2つの試合を別局で実況同時中継していました。お隣のご夫婦は「オランダ-カメルーン」、私たちは(もちろん!)「デンマーク-日本」の試合を見ていました。

その日の昼間、夏の服など(バーゲンシーズンですし)仕入れようと思い、久しぶりに町の中心を歩いてみました。そのあたりへ出かけるのは、2ヶ月ぶりくらいでした。お店のショーウィンドーは、みごとにオレンジだらけでした。毎度のことながら、思わず「ごくろうさまです」と言いたくなるほどに。

wk2010oranje-1.jpg  wk2010oranje-2.jpg  wk2010oranje-3.jpg

左から、スポーツ用品店、チーズ屋さん、そして、ブティックです。晴れた日だったこともありますが、世の中がなんだか明るく見えました(笑)。こういうものには、どうも、「マインドコントロール」力があるのか、その日の夕方、夕食の買い物に行ったときには、つい、オレンジのユニフォームのついた(?)ケーキを買ってしまいました。

wkshortcake-1.jpg   wkshortcake-3.jpg

でも、よく見ると、このへんはちょっと日の丸っぽいかも?  

wkshortcake-4.jpg

などと冗談言いつつ、食後のコーヒーとともにこれをいただきながら、試合をじっくり観戦しました。内容も充実していたし、これまでさんざん悔しい思いをしてきただろう日本代表チームに、心からお祝いを言いたい気分でした。また、どんな時にもチームと共にあった、そしてこれからもあり続ける真の意味でのサポーターの方々(南アまで応援にかけつけるほどの知り合いがいます)も、どんなにか嬉しかったことでしょう。よかったですね!

これで、E組予選一位通過がオランダ、同じく二位が日本となったわけですが、さて、来週からはいよいよ本選トーナメントです。オランダは、これまで負けてこそいないものの、これといった目を見張るような試合はしていないので、ぜひ、本領を発揮してほしいところですが…?

日本は…もう、どちらにせよ、初めての道、じゃなくて未知の世界なのですし、とにかく、理想はあくまでも高く掲げて、いけるところまでベストを尽くしてほしいですね。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ


【2010/06/2608:45】 |近況
トラックバック(0) |
W杯サッカー、結局、ようやく1点ゴールを決めたオランダが日本に勝ちましたね。私個人の気持ちとしては、前の日記でも触れたとおり、半分嬉しく、半分残念でした。オランダも日本も、次の試合は同時刻に開始です。今度は心置きなく日本を応援するつもりです。日本代表チームのみなさま、ご都合主義的な私をどうか許してくださいね。事情が事情なもので(笑)。

ところで、どこの国でもメディア、報道のありかたに関しては、さまざまな局面で賛否両論あるようですが、今回、南アフリカのスタジアムでの、かの悪名高きブブゼラに関しての日本での報道はいかがですか?「西洋」(あるいは、西洋文化に慣れ親しんでいる)人たちの一部では「ブブゼラを禁止すべき!」などと、目(耳?)を吊り上げたような、現地独自の流行グッツを否定する意見が出ていましたが、私個人の考え方は少し違います。

そして、オランダのブブゼラ報道で、いかにもこの国らしいと思ったものがあったので、ここに動画を2つ、ご紹介してみます(商業目的ではないので、問題ないと思います。また、私は、どちらかといえば、右にリンクしている「ウチダ先生」寄りの考え方をしています)。

一つ目の動画は、元サッカー選手で現在はスポーツキャスターや評論家として活動している面々のいる、オランダのテレビスタジオからなのですが、巷では批判まみれのブブゼラ、ここでは「こうなると、もう、楽しいというところまでいってるね!いや、ほんと、おかしいよ!もう一度、巻き戻して見てみよう」と、笑い飛ばされています。

もう1つは、ブブゼラのブーブー批判ばかりではなくて、その「ブーブー」への対応もなにげに速かったスキポール空港です。現地スタジアムへ応援にかけつけるサポーターたちには、目下、緊急対策として「ブブゼラ対応セット」なるものが無料で配布されているそうです。…ちなみに、ここには、これまた前の日記にも書いたような「ばっかみたい」な(笑)イカレた格好の典型みたいな方々が、これからまさに搭乗しようとしている姿も見られます。
ほら、オレンジ、オランダ国旗の赤・白・ブルーの三色、ライオン…ですね(笑)

オランダに○○年暮らし、家から一歩出ればオランダ語で日常を送っている一日本人としての立場から見た「オランダらしさ」とは、たとえばこんなことだったりします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2010/06/2218:00】 |オランダ「この国のかたち」
トラックバック(0) |
oranjefanstraat.jpg

あと一時間半で、サッカーW杯予選E組「オランダー日本」が始まります。オランダでは、普通の住宅地にも上の写真のような光景があちらこちらで見られます。国旗、ナショナルカラーのオレンジ、ライオン…

今回の対戦相手とあって、オランダのメディアでも、さすがに日本をクローズアップした報道がここ数日増えていました。もともとサッカーに詳しいわけではないものの、今までまったく知らなかったようなことも取り上げられていたり。一昨日だったかのニュースで、日本のサッカーチームで指導するオランダ人コーチがいて、しかも日本にはもう25年(だったかしら?)ほど住んでいて、日本国籍も取得していて…などということも、私は初めて知りました。Dido Havenaar(ディドー・ハーフェナール)さんという方でした。以前はハーグのチームのゴールキーパーとしてプレイしていたそうです。

大会が近づくと、あれこれと応援グッツの類も出現します。わが家には、特に熱狂的なサッカーファンはいないのですが、とある事情により、そんなグッツの中から数点選び、東京に送りました。自分ではいまだかつて一度も買ったことはなかった「ばっかみたい(笑)」なイカレたオレンジの帽子とか…それから、こんなものも入れてみました。

oranje-fan-1.jpg

なんだかおわかりでしょうか?

これは、スイッチを入れると「ブゥーーーン」と音を立てて扇動(?)する「オランニェ・ファン」、ミニ扇風機です。「オランダ代表チーム、オレンジ軍団のファン」をもじってつけた商品名ですね。売る側も売る側なら、買う側も買う側ですが、まあ、たったの1ユーロ(単3電池2本は含まず)でもあることですし…

「扇動」している姿も、なにげにかわいくて。

oranje-fan-2.jpg

さてさて、どんな試合になるでしょうか?
どちらが勝っても嬉しいし、どちらが負けても残念だし、という、文字どおりどっちつかずのスタンスの私ですが、とにかく、観戦する甲斐のある試合になるよう、願っています。

あ、そうそう、よく見たらキッチンでも気づかずにW杯オレンジグッツを使っていました。

wkkeukenpapier.jpg

キッチンタオルも、なかなか芸が細かいですね

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2010/06/1919:12】 |オランダ「この国のかたち」
トラックバック(0) |
5月最後の日曜日、オランダに戻りました。

今回の東京滞在では、父の葬儀があったことはもちろんですが、日ごろ直接会うことのあまりない親戚と話したり、これから1人暮らしになる母のために実家の掃除を手伝ったりと、これまでの一時帰国では経験しなかった種類の時間を過ごしました。

そして、こうしてオランダに戻ってみると、ここでの生活が東京とあまりに異なっているので、ここ数週間に起きた一連の出来事が、なんだか夢だったような気がするくらいです。

オランダリハビリ生活、時差ボケの真っただ中の私、一昨日は早朝5時頃目が覚めました。愛猫たちは、ドアの前にお揃いで座り、外に行きたくてうずうずしています。ならばと思い、私も一緒に散歩に出てみました。

morgenrood-2.jpg  morgenrood-1.jpg

「また一緒にお散歩に行こうね」

外は、きれいな朝焼け、運河の水面にもそれがうっすらと映っていました。
もう少し歩いていくと、目の前にはこんな景色が広がりました。

morgenrood-3.jpg  

morgenrood-5.jpg  morgenrood-7.jpg  morgenrood-8.jpg

自宅最寄の風車は、白い朝靄(もや)のたちこめる中に浮かび上がっていました。

morgenrood-4.jpg

月も残っていました。

morgenrood-9.jpg

まだ、誰も歩いていない家のまわりで、猫たちと一緒に、オランダの秘密を垣間見たような気分でした。

morgenrood-10.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ


【2010/06/0417:36】 |近況
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。