上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日から夏時間になりました。つまり、オランダが「夏」の間、日本の時計はいつも7時間先をさしているはずです。冬時間になるのは、毎年10月です。そうすると、日本時間は常に+8時間となります。オランダ、これからはどんどん日が長くなって夏至の頃にピークを迎え、すると、日没は午後10時頃。何年住んでいても不思議な感じがしますが、思えば、地球というのは丸いのだし、太陽は1つなのだし、一年中ほぼ同じ時間に日暮れる場所もあればそうでない場所もあるというのは、文字どおり自然の理なのだと思います。

春時間や秋時間などというものはありませんが(あったら複雑すぎて対応できないかも)、四季の区切りがいまいちはっきりしないように感じるオランダにも、やはり「春」はあるようです。KNMI(日本でいうところの気象庁)によれば、オランダの「春」は、3月20日頃から始まるのだそうです。ふむふむ。

数日前、しばらく会っていなかった友人とアムステルダムで一緒にランチをし、近況を報告し合いました。ずっと以前、日本でコンサートをした時に一緒に弾いたりした友人です。事情により2年ほど前からオランダに住み始めたことは直接聞いていましたが、ゆっくり話したのは、久しぶりのことでした。友人はいろいろな話をしてくれて、ランチ後も、最近できた日本のティールームで一緒にお茶を飲み、楽しい話のつづきに花を咲かせてしまいました(笑)。

miyabi.jpg

そのあと、日本食品屋さんで買い物をし(これが当初の目的でした)、これからコンサートツアーに出かけるという友人と別れてから、ヘアサロンへ行きました。

そして、お店に入る時には、いつものように(とはいえ、ここもしばらくぶりでしたが)髪の健康のためにそろえる程度で、というつもりだったのに、もののはずみで、まったく予定外のヘアスタイルになってしまいました。

おまけに、10年以上自重していた(笑)前髪まで作ってしまい、これは、まるで…えっと、…

pinoko-1.jpg

ピノコです(爆)。日本のマンガ元祖の手塚治虫作『ブラックジャック』に登場する、実は18歳なのだけれども外見は幼女というキャラ(なぜか手元にコミックも…)

さすがに、こんな不思議な「おリボン」はつけませんが…

pinoko-2.jpg

もう少し長めに、とは思っていたのですが、美容師さん、なにやら思い切りのいい方だったようで(笑)。

というわけで、今年の夏時間は、実は○○歳なのに幼女のようなヘアースタイルで迎えました。

pinoko.jpg

どうする、ピノコ(笑)!

鏡を見ては吹きだす日々です(笑)。夏時間同様、慣れるまでしばらくかかりそうです。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
スポンサーサイト

【2010/03/2822:30】 |オランダと季節
トラックバック(0) |
TEFAF2010-entrance-1.jpg

週末に、予定どおりオランダを南下して、マーストリヒトのアートフェアに行ってきました。上の写真は会場のエントランスです。入ったとたん、このピンクの壁に目が釘づけになってしまいました…というのは、この壁一面にピンクのバラ(生花です)が挿してあったので…写真だとちょっとわかりにくいかもしれませんが、エントランスは広々とした空間でした。いったい、この壁は、何千、何万輪のバラでできていたのでしょうか…?

TEFAF2010-entrance-2.jpg

展示会場内に入ってすぐのところに、フェアの招待状をくださった骨董商のブースがありました。お礼がてら、展示品(商品でもあります…)を拝見しに行くと、

TEFAF2010-venderveen-1.jpg   「葵の御紋」つきの長持ちとか

TEFAF2010-vanderveen-2.jpg   貝合わせの貝をしまっておく貝桶とか、なにやら博物館が購入するようなものが置いてありました。

絵画にも、古いものからコンテンポラリーまですばらしいものがたくさんあり、いろいろと目の保養ができましたが、ジュエリー、アクセサリー、細工物で目にとまったものは、たとえば、

TEFAF2010steendoos18c.jpg  こんな小箱(特に、右の石細工の18世紀のタバコ入れ)とか、

TEFAF2010-lalique-1.jpg       TEFAF2010-lalique-2.jpg  ラリック作のこんなアクセサリーとか(どちらも売約済みのスティッカーが貼ってありました!)。

こんなの(四葉のクローバー、すみれのイヤリング)もかわいいと思いました。

TEFAF2010-hedges.jpg

ティファニーとか、カルティエとか、金ピカなのもわんさかあったのですが、私の個人的な好みとしては、どうも地味目で草食系(?)のアイテムに目がいってしまいます。

アートフェアを1日(会場に6時間くらいいました)満喫した後、今回2泊させてもらった友人と一緒にマーストリヒトのブラッセリーでディナー。こちらから誘ったのに、反対にごちそうになってしまい、申し訳ない(ありがとう)!

vlamende-creme-brulee.jpg

友人の注文したクレーム・ブリュレは、燃えるデザートでした(笑)!

久々にマーストリヒトへ行きましたが、オランダ北部とは雰囲気も違い、人もなんとなくユルめなノリ、食文化もベルギー寄りで(おいしく)、なかなかいい町です。機会があったら、またぜひ遊びに行きたいと思います。

復路では、アイントホーフェン駅で一旦途中下車して、かつてのピアノの生徒宅におじゃましました。話には聞いていた、かわいい子犬さま、シュウちゃんにもご対面。  

shu.jpg    か、かわいすぎる…ぬいぐるみが動いている…みたいな。

すっかり大きくなったMちゃんと、久々に連弾して遊んだりも(特別大公開!)。

metm-4handen.jpg

Mちゃんママの手作りのおもてなしもすばらしく(ごちそうさまでした!)、楽しい時間でした。会わなかった数年の空白など、少しも感じなかったくらいです。

偶然、金曜日の出発時間と同じ時刻の19時に自宅最寄の駅に着きました。

aankomst19uur.jpg

夜7時でも、まだこんな明るさ、青空です。日が長くなりました。オランダ、もうすぐ夏時間です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2010/03/2407:40】 |出来事
トラックバック(0) |
crocussen-mrt2010.jpg

ようやく春めいてきたオランダです。クロッカスが花の盛りを迎えています。次はスイセン、そしてチューリップと続きます…花大国、オランダの本領発揮まで、あと○○日?!

天気はよくないものの、気温も少しあがってきて、嬉しく思っています。というのは、今晩から日曜の夕方までオランダを南下してこようと思っているので。その目的は、目下マーストリヒトで開催中のTEFAFという、大きなアートフェアです。そこにブースを出している骨董品店から2月に招待状をいただいていて、行こうかどうしようかと思案していたのですが、やはり行ってみることにしました。あ、もちろん、私のような一般ピープルは、目の保養に行くだけです。このアートフェア開催中には、会場近くのマーストリヒト空港が「自家用機」で溢れるそうで、そういう方々とは別カテゴリー(笑)ということで。

TEFAF.jpg

招待状、実は、毎回いただいていました…

今晩、明晩は、マーストリヒトから電車で30分ほどのところに住む友人宅に泊めていただくことになりました。なかなかゆっくり話す機会のない友人なので、楽しみにしています(ありがとう)。それから、アートフェアをゆっくり見学したその翌日、復路では、もう1ヶ所、アイントホーフェンにて途中下車する予定です。以前、うちの近くに住んでいた頃にピアノのレッスンをしていたMちゃんのお宅のお引越し先です。こちらも数年ぶりなので、Mちゃんの成長ぶり(すっかりお嬢さまになっているはず!)そして、Mちゃんママとの積もる話の数々がとてもとても楽しみです。最近、子犬も家族の一員に加わったと聞いているので、遊んできます。

そういう時、家に帰ると、においを嗅ぎまくられるんですよね。「どしたの?なになに?誰なの、これ?」って。

じゃ、出かけてきますね。かわいい子犬ちゃんのにおいをいっぱいつけて帰ってくるので、よろしくね(笑)。

atje19mrt2010.jpg

え?「やだ」?

そんなこと、言わないの(笑)!

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2010/03/1911:51】 |オランダと季節
トラックバック(0) |
先週後半、オランダ政界は激震続きでした。わが家では、みなそれぞれ、忙しくも楽しい週末を過ごしていました。そういうコトについてはまた改めて書くとして、たまには重「猫」人日記でも…

愛猫あーチェことアポロンくんです。ある日の晩から翌朝にかけての百態(百じゃないけど)。夜中まで仕事をしつつ、時々ようすをうかがっては撮影していました。とはいえ、徹夜だったわけではありません。ご安心ください(笑)。みゅーチェことミルテくんの百態は、また別の機会に撮ってみようかと思います。

apollon-slaapcirkle-1.jpg   apollon-slaapcirkle-2.jpg   

きょうもいっぱい遊んだ。   こうしてると…

apollon-slaapcirkle-3.jpg          apollon-slaapcirkle-4.jpg

だんだん眠くなってくるんだな、これが。    沈没寸前(笑) 

apollon-slaapcirkle-5.jpg   apollon-slaapcirkle-6.jpg

  …zzz             ぐっすりzzz

apollon-slaapcirkle-7.jpg   apollon-slaapcirkle-8.jpg   

お魚つりの夢?        たまに薄目を開けてようすをうかがい、 

apollon-slaapcirkle-9.jpg   apollon-slaapcirkle-10.jpg

また夢の中へ…         安心しきった寝姿  

apollon-slaapcirkle-11.jpg   apollon-slaapcirkle-12.jpg

朝です              むくっ!?

apollon-slaapcirkle-13.jpg       apollon-slaapcirkle-14.jpg       

起きたばっかりで、ぼ~~…  いいお天気♪  

apollon-slaapcirkle-15.jpg

始動スイッチ、入りました(笑)!

あーチェの1日は、こうして始まります。別に、大したことして過ごしているわけではないのに(いやいや、意外に、なにか大事業に関わっているのかも?)、帰宅すれば「かわいい、かわいい」とみんなから大事にされ、ごはんも食べたいだけ食べて、眠くなったら寝る…恵まれたにゃん(人)生ですねえ。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ





【2010/03/1521:05】 |ねこ
トラックバック(0) |
obento-voolbeelden.jpg

水曜日の晩は、私の住む地域一帯をカバーしているカルチャーセンターの雇われ講師の仕事でした。いつものクッキングコースで、"Obento" つまり、お弁当作りです。これまであまり気に留めていなかったのですが、受講生の方々はわが町のみならず、結構遠くからもいらしているようで、Wassenaar(ワッセナール)、Voorburg(フォールブルク)からという方も…電話番号が0252なんていう市外局番の方は、球根畑のある方角からでしょうか…?わざわざおいでいただき、恐縮です。

受講生のみなさまには、毎回、レシピの他に、上のようなシートも参考資料としてお渡ししています。従来のごく普通なものから目を見はるようなキャラ弁作品まで、いろいろ取り混ぜてファイルを作成しました。このコースで作っているのは、スタンダードなもので、おにぎりと鶏の照り焼き、だし巻き卵です。ごはんはお鍋で炊くので、これだけ調理するだけでも、もう3時間たっぷりかかります。

私としては、毎回同じように説明しデモンストレーションしているつもりなのですが、受講生の方々の反応やでき具合はそのたびに違っていて、おもしろいと思います。また、楽器のレッスンとも、ある意味で少し似ているような気もします。

obento-10mrt2010-1.jpg

「容器を持ってくるのを忘れちゃった」という方は、お皿に盛りつけ、ラップをかぶせて持ち帰ります。赤しそふりかけの「ゆかり」は、これまで不評だったためしがありません。

カルチャーセンターのコース紹介に「和食」そして「お弁当」と掲げてあるので、受講を申し込むのは、みなさんそれぞれ日本や和食に興味のある方ばかり。ということは、予備知識もそこそこお持ちなわけで、私のような、舌足らずな「なんちゃって講師」は大いに助けられています。コースが終了して帰ってから「あっ、あれはこう説明すればよかったかも…」なんて、無駄にひらめいて(笑)怪しいひとりごとをぶつぶつ呟いていたりもしますが、まあ、そこはアレ(どれ?)、ジャランダ語(ジャパニーズなオランダ語)スピーカーのご愛嬌ということで。

今回の受講生のうちには、これまでさまざまな場所で何度もお目にかかっている、オランダの「生け花連盟」の方もいらっしゃいました。その方が持っていらしたのは、うな重でおなじみのお重箱でした。

obento-10mrt2010-4.jpg

お年を召しているということもあって、ゆっくり、とっても丁寧に作っておられましたが、なかなか美しく詰めていますね!ぱちぱちぱちぱち…

またある方は、京都へ旅行に行ったとき、竹細工屋さんで買っていらしたという、こんなお弁当箱(籠?)。

obento-10mrt2010-3.jpg

とってもきれいで、私もほしいくらいでした!

「暖かくなったら、これ持ってピクニックに行けますね?」と言うと「そうなのよー、そう思ってるの!」とニコニコしていらっしゃいました。ぜひ、ご自宅でおにぎりと卵焼き、それにテリヤキチキン(野菜や果物も忘れずに!)のお弁当を、再度作ってみていただきたいと思います。

とある受講生の方は、「キャラおにぎり」を創作。

obento-10mrt2010-2.jpg

名づけて、「えだま"目"」くん?!

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ





【2010/03/1208:00】 |Japanse koken (bij BplusC Leiden)
トラックバック(0) |
こんな風に書くと、どこかからお叱りを受けるかもしれませんが…、最近、どうも「笑っちゃう」出来事が立て続けにあったので、メモっておこうかと…

まず1つ目は、選挙投票についてです。先日の「内閣崩壊」事件直後の3月3日、今後の本格的な組閣(目下、オランダは暫定内閣で、女王さまより「現状維持すること、あらたな政策について論議してはいけない」令も出ています)にも影響するであろう市議選があったことには触れましたが…にゃんと!さまざまな市で、票のカウントミス(重複カウントも)が続出したそうです。以前は、このページの画像や動画で見られるようなコンピューターでの投票ということもあったのですが、なんでもマシンに不備があったというので(コンピューターなのにね?)、今回は「投票用紙と赤えんぴつ」を用いての手動式の投票でした。それでも、数えまちがいとは…ぷぷぷ。本来ならば、ここは「せっかく清き(?)一票を投じたのに!?」と、怒るべきかもしれませんが、どうも、私の日本の血が「いちいち細々と怒っていると身がもたないかも(爆)?」と、すでにDNA認識(って、なに?)しているとみえ、「またー?もう~、ダメなんだから…」くらいにしか思わなってしまいました。しかし、これも一種のオランダ化現象でしょうか?

上にあげたニュースページには、政府当局としては、今回のような事態にも、以前のようにコンピューターを再導入する意向はなし、とあります。ただし、目下、投票用コンピューターをとある会社があらたに開発中で、今度は投票ボタンを押すと、プリントアウトされ、どの党(あるいは候補者)に投票したかが確認できるシステムだそうですが…さて、果たして実用化なるか(半分あてにしていない)?前述の本格的な組閣に直接関係する、大事なオランダ第二院選の投票日(国民投票で、ほとんどの有権者が投票します)は、6月です。ちなみに、国籍上オランダ国民ではない私には、国政選挙の投票権はありません。当然かと思います。

2つ目は、先日閉幕した冬季オリンピック。オランダにはスケートの立派な伝統があるので、それなりに活躍が見られ、私など、オリンピックに限らず物事の勝敗やメダルなどに大して興味のない者も、まあ、やっぱり少しはオランダも日本も応援しながらテレビ観戦するわけですが、男子スピードスケート10万メートルという、いわばオランダのおハコ競技において、信じられないミスが発生しました。これにより、優勝かつ世界新記録確実だったオランダの選手が失格、金メダルは、2位の韓国選手の元に渡ってしまいました。オランダのベテランコーチが、アウトコースとインコースを勘違いして選手に指示を与えてしまったとのことでした。

この選手、Sven Kramer(スヴェン・クラーマー)さんというのは、これまでも数々の栄誉に輝いているオランダスケート会の大スター。ウィキペディアに掲載されている、過去のレースの獲得メダルの数たるや、びっくりするほどです。

実は、事件の起きた当初からライブ画像や報道を見ていたのですが、私が「笑っちゃった」のは、もちろん、その深刻なミスのことではありません。当人やコーチはもちろんのこと、関係者一同、いろいろ大変だっただろうに、一夜明けた翌朝からはまた軌道修正できていて、先週など、選手団の凱旋パレードや関係イベントの際、またこのクラーマー選手がニュースショーでゲスト出演したときなども、この、世紀の大失敗を自らジョークまじりに笑って話すようになっていたのを見て、つられて「笑っちゃった」のです。

スケート選手って、ユニフォーム姿だとなんだか怖い印象がありますが、素顔はこんなに優しい、かわいい雰囲気だったりしますね。

sven-kramer-1.jpg


「事件」発生直後のオランダ選手団の団長の対応もなかなかご立派でした。コーチのミスが大失態であることには変わりはありませんが、こちらでの報道によれば、団長のコメントはだいたいこんな内容でした。「このコーチはベテランのすばらしいコーチ、とんでもないミスであることは事実だが、かといって、今後ともコーチとしてなくてはならない存在。解任などはまったく考えていない。」レース直後、失格になった無念のクラーマー選手をこの団長さんが慰めている画像も見ましたが、そんなシーンを目にして、なぜか「これなら(コーチを寄ってたかって叩いたりというような)事態にはならないだろう」という、妙な安心感をおぼえました。

また、クラーマー選手の母親のコメントというのもどこかで読みましたが、それもさすがでした。「なにも、誰かの生死に関わるような事件じゃないんだし、しかたないじゃないの?」というような意味のことをおっしゃっていたそうです。
おかーさん、あなたはえらい(笑)!

それに、つくづく思いますが、一般的にスポーツマンというのは、たとえば典型的文系女子などとはまったく異なる、いつまでもウジウジしない、さわやか思考回路の持ち主なのではないでしょうか?

sven-kramer-2.jpg

金メダルいくつ獲ったかは忘れたけど、このミスはきっと一生忘れられない。でも、もういいんだ、笑って過ごそう。

スヴェン・クラーマー選手、今日もきっと「明日に向かって」トレーニングを続けていることでしょうね。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2010/03/0901:10】 |オランダ「この国のかたち」
トラックバック(0) |
前回画像をアップした後、おひなさまに少し修正を加えました。

hina-corrigieren.jpg

とはいえ、「桜と橘はやっぱりこっちでしょ」とばかり毛氈上にあげただけですが…また、例の私設白ウサギ神社(笑)方面も、お節句風にしていたので、そちらもアップしておきます。

hinapiano.jpg

古裂れのミニミニおひなさまも、皮細工の見びなさまも、どちらもいただきものでお手製です。私は、なんだかおひなさまに恵まれて(笑)いるようです。

ところで、わが家には、3月4日が誕生日という人物がいるので、どちらかといえば、ひなまつり当日よりもその翌晩の方がお祝いごはん化しがちです。

m60-1.jpg

ちらしずしも、3日ではなく4日にしました。でも、お祝いといっても、3割くらいは買い置き・あり合わせ(えだ豆・お豆腐、きんぴらごぼうなど)のものを使いましたが…ただ、今年はデザートだけ、めったにしない贅沢をしてみました。

huize-van-wely-doos.jpg

ふだんは近くへ買いものに行っても素どおりしている高級パティスリーでケーキを調達。ここは、オランダ王室御用達の店でもあるとか…?Noordwijkという海辺の町にあるのが本店と聞いています。

今回は、さまざまな種類を楽しみたいと思い、小さいケーキを6ヶ選んだのですが、値段的には、どん!とホール1台の方がそれよりもさらに少し上まわっていました。強気な格調高いお店です。

参考までに、今回の6種類のケーキの画像をアップしてみます。さすがに丁寧に美しく作ってありますし、原料の質もやはり高いようです。特別な日には、これも亦よし?

huize-van-wely-1.jpg  huize-van-wely-2.jpg  huize-van-wely-6.jpg

huize-van-wely-3.jpg  huize-van-wely-4.jpg  huize-van-wely-5.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ



【2010/03/0709:00】 |出来事
トラックバック(0) |
てきとうなタイトルが思い浮かばなかったので、日本とオランダのイベントをテキトーに組み合わせてしまいました(適当すぎ)。というわけで、3月3日は、オランダでは市議選投票日で、日本は桃の節句でひなまつりです。

投票には一応行くつもりなのですが、さて、どの政党に私の清き一票(笑)を入れましょうか?う~ん…?と考えつつ、おひなさま(飾り棚に一年中飾りっぱなしです)の埃を一人ずつお払いしました。それから、まずシェルターに入っていただきました。その理由は、もちろんこいちゅめにあります。

hina-shelter.jpg

手が出せなくてくやしそう(笑)。

さて、飾り棚の中に、昨年京都へ行った際、とある方からいただいた(ありがとうございました)毛氈を敷こうとしたら…これが私の小さなおひなさまセットにはありあまる大きさ。切るのももったいなく、かといってスペースに合わせて折り込んでみると、立派な厚みでうまく段々になりません。

そこで、段差なし、上下の格差なし、おひなさま無理やり民主化案が浮上。

hinamatsuri2010-1.jpg

立派な毛氈…もともと、もっと大きなおひなさまセットのだったそうで、それを半分に切ってくださったということでした。これまで毛氈代わりにしていた、誰かさんの着古しの赤いTシャツはお役御免です。

byodohina2010-1.jpg

デモクラシーおひなさま、いかがでしょう?今年は少子化対策のアピールも万全です(笑)。

でも、実は、毛氈からはみだした下々の者たちというのもいたりして…

gyodobina2010-2.jpg

トトロお手玉たちの他、なぜかウサギ人口が多いようです。

う~~ん、結局、投票はどうしましょう?
えんぴつ倒しで決めるとか(清くないぢゃん)?

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ



【2010/03/0308:30】 |オランダで和暮らし
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。