今号のお題は、レンブラントです:

実践オランダ語講座Vol.21

メルマガ中でご紹介した、7月14日の晩から15日の午前0時にかけてのイベント"De nacht van Rembrandt(レンブラント・ナイト)"に参加した時の画像をこちらにアップしておきます。地元シアターグループによる静物画生物画(?)、やはり、この種のものは本家オランダ人が扮するとリアルさ満点です。しかも、背景がまた、17世紀とほとんど変わっていない建物だったりもするし…

rembrandtnacht-4.jpg     rembrandtnacht-10.jpg

写真右の背景に見えるのは、レンブラントの頃には監獄だった建物です。そして、ちょうど絵画パフォーマンスをしているあたりは刑場になっていたそうで…スリルも満点…(笑)

rembrandtnacht-11.jpg

ここは、かの格調高き大学付近のとある通りなのですが、昔はこういう方々が夜な夜な立っているところでもあったそうです。

ガイドさんに連れられて歩く私たちは、夜が更けるにつれ、だんだんとレンブラントの生まれたWeddesteegの方へ近づいていきました…

rembrandtnacht-12.jpg

メルマガにも書いたとおり、その通りには生家自体は残っておらず、こんなプレートが埋め込まれているだけです。このあと、すぐ近くのレンブラントの胸像のある地点に集合して、午前0時になるや、みなでオランダ独自のバースデーソングを歌ったり、乾杯したり、花輪を飾ったりと、真夜中の町でわいわいがやがや大騒ぎ…そういえば、その日は平日でしたが(笑)、特に問題ないようでした。

下の2枚は、Leidseglibberというサイトの管理人さんから承諾を得てお借りした写真です。

Rembrandt14julivanemile-2.jpg   Rembrandt14jul09vaniemile-1.jpg

解剖された手のまま、甦ってバースデーソングを歌っている方もおられます(笑)。

oudekaart-leiden1652wiki.jpg

上は1652年のライデンの古地図ですが、これで見ると(クリックすると拡大します)、レンブラントの生家は、中心にライン川が流れている町の左はし付近にあたります。川が町に入るところに橋があり、それをはさんだ両岸に風車が一基ずつ建っている場所がわかるでしょうか。その手前(つまり下側)にある方の風車が、レンブラントの父親が所有していたものではないかと思います。新たに建てられている対岸の風車のある現在の景色は、このようなものとなっています。ちょうど、レンブラントの生家から対岸を見たかんじです。レンブラント自身が目にしたのも、このような景色だったかもしれません。

Leiden_-_Molen_De_Put_wiki.jpg

向かって右に見えるのが、今では「レンブラント橋」と呼ばれるはね橋です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2009/07/3107:00】 |『実践オランダ語講座』メルマガ用参考資料
トラックバック(0) |
hozuki-juli09-2.jpg

庭のほおずき。なったばかりの小さな実は、薄いグリーンに透きとおっています。

オランダは今、全国的に夏休み── 自宅界隈にも、なにやらゆったりした空気が漂っています。6月半ばに大学の「オランダ文学史」の試験が終わるまでは勤勉に過ごさざるを得なかった私も(おかげさまでなんとか合格しました)、先週、小学生たちのピアノのレッスンが休みに入ってからというものは、起きたい時に起き、食べたい時に食べ、寝たいときに寝て…あれ?これは、なにかと同じ…なんだったっけ?

kinoshitaatje.jpg  moemyrtje-juli09.jpg

これだった。
思わず猫化する夏休み(笑)?

そうはいっても、一応、日課らしきこともあります。それは猫さんぽ。サボると不満まるだしで苦情を訴えられたりもします…ある意味、めんどくさいやちゅら(笑)ですが、まあ、天気はいいし、暑すぎるということもなく、風はさわやか…では、今日も今日とで、まず、ひとめぐり。

osanpo-juli09-3.jpg

出動開始。

喜んで一生懸命走ったりして、さんぽというものにかなり積極的に取り組む犬とは異なり、猫には、どこまで「本気」なのか、いまいち理解に苦しむところがあります。わが愛猫たちにしても、いつもいつも、ほぼ同じコースを、ただなんとなく辿るだけ。

gorogoroatje-juli09-1.jpg  atjeoprug-juli09.jpg

意気込んで出かけようが、だらだら行こうが、途中の休憩場所(決まっています)で、しばらく和むのは、いつも同じ…

broertjes-juli09.jpg

びみょーにコピペごっこ(笑)?こうしてみると、兄弟猫たち、顔つき(クレオパトラ線?)がよく似ています。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2009/07/2222:58】 |ねこ
トラックバック(0) |
さて、おなじみの参考資料です。今号では、ナチス・ドイツによるオランダ占領が確定してしまった1940年5月14日、別々の場所に住みながらも、偶然ほぼ同日同時刻に世を去ったオランダの2人の作家のことを紹介しました。

実践オランダ語講座Vol.20

menno-ter-braak-dnlb.gif    du-perron-dnlb.gif

左はMenno ter Braak(メノ・テル=ブラーク)さん、右は Edgar du Perron(エドガー・デュ=ペロン)さんです。それぞれ、dbnl(デジタルオランダ文学図書館)内のページより、当局から「該当ページへのリンクを張るように」という条件のもとに許可を得て掲載しています。

この2人が中心となって編集した文芸雑誌"Forum(フォルム)"の時代とは、…

onze-literatuur-forum.jpg

その直前まで刊行されていた"De Stijl(デ・ステイル)"の影響溢れる世界でもあったと思います。"De Stijl"について言えば、例えば発起人および編集長のTheo van Doesburg(テオ・ファン=ドゥースブルフ)、 Piet Mondriaan(ピート・モンドリアーン)や、Gerrit Rietveld(ヘーリット・リートフェルト)に代表されるクリエーター系アーティストたちの活動の方が注目されがちですが、これは文学史上では、1920年代に現れたさまざまな雑誌のうち、最も国際的な文芸雑誌ととらえられており、ここではラディカルかつ実験的な詩なども発表されていました。

terbraak-vesdijk-duperron.gif

これは、"Forum(フォルム)"組(笑)、もう1人の文学仲間、作家のSimon Vesdijk(シモン・フェスダイク)さんと3人で撮った写真です。

そして、左下が、オランダ文学史の本に掲載されていた写真、ヒトラーとニーチェに扮した2人。右下のは前出デジタルオランダ文学図書館のサイト内にあったものです。

onze-literatuur-terbraak-duperron.jpg  hitler-nietzsche.gif

ほんの気持ち本の表紙だけですが、それぞれの代表作を以下にご紹介しておきます。

一年ほど前だったか、古本屋で見つけた、Du Perron著  "Het land van herkomst(来し国)"、おひるね爆睡中の愛猫と記念撮影(笑)。

boeka-tje-2_convert_20090717052958.jpg

これの初版は、こんな表紙だったようです。

eerstedruk-duperron-kb.jpg

上半分には旧オランダ領東インド(現インドネシア)の山、下半分はエッフェル塔のあるパリの景色、というレイアウト。本の内容が反映されていて、なかなか素敵な表紙ではないでしょうか。これは、オランダ王立図書館のサイト内のページに掲載されています(当局には許可を得ています)。

ter-braak-du-perron-mijne.jpg

Ter Braak著 "Politicus zonder partij(政党なき政治家)"は、こんな本です。これは、主人の本棚にあったもの。2人の文学の友の代表作を一緒に並べてみました。 

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2009/07/1802:00】 |『実践オランダ語講座』メルマガ用参考資料
トラックバック(0) |


もう一週間以上前のことですが、近頃はやりの(?)ミュージアムナイト(オランダ語発音だと、ミュゼウムナハト)をおらが町でもやるというので、夜の街へゆかたを着てふらふら遊びに行きました。前売りチケット10ユーロで、夜8時から午前1時まで、市内の7つの博物館に来館し放題、という催しでした。アムステルダムやロッテルダムなど、大きな町ではすでに行なわれていますが、わが町では初めての試みでした。

夜8時といっても、上の写真のようにまだまだ陽は高く、「ナイト」という雰囲気ではありませんが…

musumnacht-sieboldhuis.jpg 
          
11時くらいになれば、このように、ちゃんと夜になります(笑)。これはシーボルトハウスです。長崎出島から戻ったドイツ人医師、(フォン・)シーボルトが、日本での収集物に囲まれて住んでいた旧邸を改装した博物館です。この晩は、館長も阪神タイガース(昔から大ファンらしい)のはっぴなど着こみ、張り切って呼び込み(?)をしていたり…大勢来館客があり、嬉しそうでした。3階の展示場では、幼なじみの女の子がDJ係だというので、それを目当てに、珍しくわが家の大学生も一緒に出かけました。

programaaboekje-museumnacht.jpg   djtrio-sieboldhuis.jpg

このヒトたちは、こうしてずっとダベリングしていたようで(笑)、午前1時に閉館した後も、他の友だちも一緒にみんなでさらに飲みに行きました。

私は、せっかくなので途中で他の博物館も覗いてきました。

wintertuin-museumnacht.jpg  reuzenkelk-museumnacht-hortus.jpg

大学付属植物園では、「冬の庭(ウィンター・ガーデン)」という名の温室内にて、かの有名(らしい)なスマトラオオコンニャクが開花直前。昔からその名だけは知っていたのですが、この機会に後学のためにもと思い、見に行きました。「咲いたら臭い(笑)」と聞いていたので、咲く寸前でよかったかも(爆)。

borstbeeld-siebold-museumnacht.jpg

こちらも植物園内ですが、今回特にイベントを行なわなかった(フォン・)シーボルト記念庭園。今が盛りのアジサイ(オタクサ)に囲まれ、胸から上だけひっそりと建つ(笑)シーボルトおぢさんにもご機嫌うかがいに。他に誰もいない、静かな日本庭園でした。

きもだめし的な雰囲気が盛り上がった(?)ところで、今度は古代博物館へ。ちょうど今、個人的な理由により見たいものもあったので…

34390886_975797744.jpg  34390886_940455650.jpg

ここには、古代ギリシャのミイラなども展示されています。しかも、ワニとかネコとかイヌとかバラエティに富んでおります。

本当はもっといろいろまわりたかったのですが、なにしろ盛大な人出、博物館から博物館へ無料で送ってくれるというボートもミニバスも人だかりでいっぱい。というわけで「ま、いっか(すぐ妥協する人)」と、再びシーボルトハウスへ戻り、知り合いのDさんおすすめの日本酒(彼は日本酒ラブ人間で、オランダに日本酒を輸入販売しています)を飲みつつ、友人の歌うカラオケを聞き、たまに展示室も見に行ったり…もう何度も来てはいるものの、ここは、なかなか面白いところです。

ueno-edo-periode.jpg

江戸期の古地図(これは上野界隈)があったり、

myoga-sieboldhuis.jpg

「メウガ」のさく葉(乾燥)標本があったり…そういえば、昨夏いただいたメウガは、結局発芽しなかったっけ(涙)。

実は、今夜はやはりおらが町にて「レンブラント・ナイト」というのがあります。レンブラントはアムステルダムに住んでいたことで有名ですが、生まれ育ったのはおらが町、通った学校などもわかっています。明日15日がレンブラントの生誕日だというので、それにちなんだイベントが催されるということらしく…詳細はよくわかっていないのですが、なんでも短い時代劇(爆)を見たり、市内に残るレンブラントの絵を見に行ったりし、午前0時になったらレンブラントさんの胸像に花輪をかけてお祝いするのだとか…それに関しては、またレポートしようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2009/07/1421:44】 |出来事
トラックバック(0) |
yakuzen5-1.jpg

なかなか都合がつかず、行かれずにいたO先生の薬膳クッキングコースに、数ヶ月ぶりにようやく参加することができました。私としては5回目です。今回はロッテルダムではなく、アムステルフェーンの会場へ行ってきました。年下の私がこんなことを申し上げるのは失礼かもしれませんが、O先生は、いつもながらかわいいお人柄そのものがチャーミングです。

今回ご伝授いただいたメニューのうちには、私の大好きなお蕎麦を用いた一品もありました。蕎麦ずし作り、デビューです。

yakuzen5-2.jpg  yakuzen5-3.jpg

ふむふむと じっと手を見る ひよこたち (…川柳、ですか?)

yakuzen-neko.jpg

作業中、よそ様のエプロンについつい気を取られたり(笑)。この方のご実家の飼い猫さんは19歳という長寿を全うしたそうで(ほらほら、聞いてるし)。

yakuzen5-4.jpg

できあがった品々は、今回もすべておいしくいただきました♪このスープは味噌ゴマ仕立てなのですが、これを麺ものにするのもとてもおいしいそうです。

一番上の画像に写っている手作り豆腐は、アイスクリームに変身。

yakuzen5-icecream.jpg

正直な感想を述べますと、これはアイスクリームとはちょっと別モノのように思われましたが(笑)、これはこれで充分「あり」かと

ちなみに、お豆腐を漉した後に残った液の活用法もいろいろと教えていただきました。参加するたびに「なるほど」だらけ(笑)になって帰ってくる私…。

蕎麦ずしは、暑い日にでもまた、おうちごはんに取り入れてみようと思っています。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2009/07/1306:45】 |
トラックバック(0) |
edamame-thuiseten-juli09.jpg

オランダレベル(笑)での夏日が続いた先週のある晩のおうちごはんです。暑いと(暑い時だけ?)誰しも思考能力が鈍って、なるべく簡単に済ませたくなってしまいますね

この日は、ちょうどアムステルダムの韓国食品屋(日本食品もいろいろあります)で買ってきた食材がいろいろあったので、こんなごはんになりました。

hiyayakko-thuiseten-juli09.jpg

トッピングは前日の残りも利用して

magutoro-thuiseten-juli09.jpg

マグロは、最近スーパーマーケットで買えるマグロステーキ用の、日づけの新しいきれいなものを選べば、充分使えます。

主人も私も、食事の時、少しは酒っけがないと寂しい人種なので、おうちごはんは、どうもこういう酒肴系になる傾向にあります。

shogayaki-thuiseten-juli09.jpg

というわけで、米っけは最後だったり(笑)。

今晩はなににしましょう…^^;

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2009/07/0919:39】 |
トラックバック(0) |
           sasa06.jpg

数時間前には、どしゃぶりの雨が降っていた今年のたなばたです…

気分的に、今年は旧暦で(笑)笹かざりをしようかと思っていますが、今日は写真だけでも眺めてみようかと思います。

tanabata05.jpg 06tanabata.jpg 2007tanabata.jpg

左は、2005年、中央は2006年、右は2007年の7月7日です。ちなみに、この笹は、実はわが家のではなく、お隣さんの裏庭にあるもので、毎年その旨ご了承いただいて、こんな飾りつけをしています。でも、昨年の今頃は、ファミリーイベント続きで、とてもそんな時間がなく、パスしてしまいましたが…。

2006年の夏というのは、確か、とてもとても暑かったように思います。

           tanabataneko06.jpg
 
愛猫たちも、暑さにのびきって寝ていましたっけ。 

 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
                       

【2009/07/0720:40】 |オランダで和暮らし
トラックバック(0) |
前号よりの続きです。重い話ではありますが、私などオランダで生活する者にとっては、知っておいた方がよいことの一つなのではないかと考えています。

実践オランダ語講座Vol.19

などと、ご大層に書いてしまっておりますが…しょっぱなから大訂正しなくてはならないことが…(赤恥)

私の執筆記事の冒頭、ロッテルダムの爆撃が5月13日とありますが、これは14日の大間違いです。すみません。なにを勘ちがいしたのか、私…

下の画像は、左が1940年5月14日のロッテルダム空襲後の町、そして右は2007年の5月14日に記念プロジェクトを行なった際の町の夜景だそうです。夜空に向けて、いく筋も光を照射したのですね。

mei1940-Rotterdam.jpg  Rotterdamherdenkingsproject07.jpg

この空襲のあった14日の深夜、ロッテルダム郊外の小さな村で、ナチスドイツのオランダ占領が正式に決まってしまったそうです(涙)。ですから、実質的に占領下に置かれたのは、15日からですね。

現在のロッテルダムは、キュービックハウスなど面白い建物をはじめとして、現代建築の先端をいくような都市となっていますが、戦前は、アムステルダムと同じような町並みだったそうです。ロッテルダムの市立古文書館のウェブサイトには、戦火で失われた歴史的な建築物がリストアップされているページがあります。

さて、その約半年後の1940年11月、ライデン大学にて反ナチスの大演説を行なったクレーヴェリンガ(Cleveringa)法学部長というのは、こんな方です。

Cleveringa.jpg

そして、ナチスドイツによって職を追われ、収容所に送られたメイヤース教授。

Meijers.jpg

戦後、生還したメイヤース教授が国からの要請によりその編纂に着手したオランダの新民法(Burgerlijk Wetboek)の現在の姿は、例えばこのようなものとなっています。

Burgerlijk-Wetboek.jpg

なぜか、わが家にもひと組あります^^

ところで、アムステルダムには、オランダのユダヤ人迫害の記念碑があります。これは、作家でアーティストの故ヤン・ヴォルカース(Jan Wolkers)の作品です。

Nooitmeer-Ausch-Wolkers.jpg monument-wolkers.jpg

ガラスの記念碑には "Nooit meer Auschwitz"(「ノーモア・アウシュヴィッツ」の意)と刻まれています。ヤン・ヴォルカースは、反社会的だったり、エログロだったりと、なにかとセンセーショナルな小説を書いた作家ですが、その反面、自然と平和を愛し、晩年はテッセル島に自宅兼アトリエを移し、2007年秋に亡くなるまでそこで創作活動をしていました。

Jan_Wolkers.jpg

アーティストにありがちな、ちょっと変な人(笑)でしたが、ある意味偉大でもあったと私は思っています。猫好きだったし…(←コレが、私的には最も偉大な点?)

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

【2009/07/0619:27】 |『実践オランダ語講座』メルマガ用参考資料
トラックバック(0) |
なぜか夏日の続いている今日この頃…

     atje-in-de-schaduw-1_convert_20090702182710.jpg  あちゅいね…
                      そだね…      

たちは、ヘタっています(笑)。


この時期、時おり遊びに来るお友だち(?)にも、聞いています。


     egeltje-myrtje.jpg
              
     はりねじゅみくんも、あちゅい?


                              a-tje-myrtje-egeltje.jpg

                              ねーねー、あちゅい?

なんて、ちょっと創作してみました。

今日は、ピアノのレッスンもないのでのんびりできます。外は夏日でも、屋内は涼しいので快適です。読書したり、お昼寝したり、時々散歩したりして、晩は、おそうめんにでもしようかしらん?

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ


【2009/07/0219:38】 |ねこ
トラックバック(0) |