prince-van-oranje2.jpg de-valk-feestje.jpg prince-van-oranje1.jpg

せっかくのお祝いなのに…


このブログでは、極力、ノンポリを(なぜ?)決め込んでいる私なのですが…あまりのことに、怒りを覚えています。

今オランダは午後1時半くらいです。今朝は予定どおりゆっくり起きて、女王誕生日のパレードの生中継を主人と2人、テレビで見ていました。ちょうど、お昼ちょっと前(後で聞いた報道によれば11時50分だったようです)、王室のメンバー一同を乗せたバスのすぐ近くに黒い乗用車が猛スピードで突っ込んできて、道路沿いに建つ石碑にがっちゃん!と激突、バスはなんともありませんでしたが、一般市民の巻きぞえ被害者が14人(この後、午後3時半には17人と報道されました)…つい今しがた入ったテレビの報道によれば、2人亡くなったと…ひどいですね。こんなことは、はじめてです。

女王ご一行は、毎年この日に国内のどこかの都市を訪問するのですが、今年はちょうど、Het Loo(ヘット・ロー)宮殿のある、ある意味、お膝元ともいえるApeldoorn(アーペルドールン)市がご訪問先となっていて、事件の起きたのは、ロイヤルファミリーを乗せたバスがまさに宮殿前にさしかかった地点でした。そして、この事件以後の今日の公式プログラムは急遽中止となりました。

まだ詳細は不明ですが、もしも故意に起こしたことならば…こんなことをして、いったいなにになるのかと、もしなにか主張でもあるのなら、なおさら、こんなことをしても、なんの主張にもなりはしないし、それどころか、かえって反感を買うだけなのに・・・

追記1:只今(夕方4時頃です)、テレビの緊急記者会見を見ていますが…亡くなった方は4人になってしまったようです。ご冥福を祈ります…としか、言いようがありません。ヘット・ロー宮殿でも半旗を掲げています…ベアトリックス女王のコメントもテレビで流れました。女王にとっても、人生最悪の女王誕生日になってしまって、お気の毒です。

追記2:犯人は38歳の男性だったそうです。本人も重篤な状態で脳死だとか…ロイヤルファミリーを狙って意識的に引き起こした事件だったということもわかったようです。また、この事件で亡くなった方は5人になってしまいました。

来る5月4日の晩には、これも毎年恒例の第二次世界大戦の戦没者慰霊式典があって、女王も皇太子ご夫妻もご出席になるのですが…これまでよりも一層警護が強化されるのではないかと思います。

しかし、今回の報道を見ていてつくづく思うのは、一般的には、オランダのロイヤルファミリーというのは厚い壁に隔てられたまったく別世界の人物ではなく、人間として親しまれ、愛されているなということです。報道する側も、形式的、表面的にではなく、女王に同情しているのが感じられます。

追記3:(5月1日)オランダのニュースによれば、深夜、犯人も死んだそうです…失職し生活苦から自暴自棄になって…という構図だったようですが、それにしても…こんな方法で世の中が変わるとも思えません。

追記4:(5月2日)この事件による死者がまた増えてしまったようです。これで犯人を含め7人目です。今度は、国家護衛隊(Koninklijke Marechausee)の方です。私の記事は、常に自分自身で確認し、翻訳して書くようにしていますが、今回は日本でいえばNHKにあたるオランダNOS局のニュースサイトを参考にしています。それによれば、まだ重体の女性が1人、重体ではないけれど重症の女性が1人、また、けが人には子どもも2人含まれていますが、この子どもたちの容態は安定しているとのことです。

犯人のいなくなった今、遺族や友人、知人の方々の思いはいかばかりでしょうか…

以下、参考までに、NOSのサイトです:

NOSニュースサイト

私は本日午後は、前の記事で書いた結婚式(アメリカ人新婦とイギリス人新郎という組み合わせです)で、演奏の仕事です。こちらは、幸多かれと祈りつつ演奏しようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ



【2009/04/3020:48】 |出来事
トラックバック(0) |
nieuwe-groen09.jpg

もうすぐ5月、新緑の季節を迎えています。

30日は女王誕生日の祝日でお休みです。この伝統は、現ベアトリックス女王の母妃ユリアナ女王の在位中から始まりました。そして、ユリアナ女王の誕生日4月30日のお祝いをベアトリックス女王が継承して今に至っています(現女王の本当の誕生日は1月です)。この日は、許可を申請しなくても(ふつうは許可が要ります)、全国誰もがフリーマーケットに出店してもいい日なので、国じゅうが蚤の市だらけとなり、また、町にはオランダ王室のトレードカラー、オレンジ色(オランニェ家ですから)が溢れます。オレンジというのは、明るい印象で、なかなかいい色だと思います。オランダに住むようになってから、私もこの色には愛着を持つようになりました。

とはいっても、私自身は、それどころか、わが家は全員、毎年女王誕生日のフリマ「出店」とは無縁な過ごし方をしています…

それは今年もまた例外ではなく、私の場合、この日の朝はゆっくり起きて、5月2日に頼まれている結婚式@おらが町での音楽演奏(式ではピアノソロ、レセプションではフルート2本とチェロでトリオ)の準備に当てる予定です。弾く曲がたくさんあるし…(汗)せめて、愛猫たちにオレンジのリボンでもつけて気持ちだけでもお祝いしましょうか…(猫めいわく?)

ま、そんなことより、この記事では、ここ2週間くらいの近況(愛猫たち&山椒)をお知らせしてみようかと思います。

sanshomori-a-tje.jpg

例の山椒の木は、時おり室内に置いたりもしています。鉢植えのかたわらには、アポロンが山椒守よろしく(笑)かしずいています。

次は「八重桜の下のミルテ」の4コマひと続き。

sakuramyrtje09-1.jpg sakuramyrtje09-2.jpg sakuramyrtje09-3.jpg sakuramyrtje09-4_convert_20090429021557.jpg

朝、外に出ると、まず、ごろんごろん、次いでのび~~、それからお出かけです。猫さん方って、見ている方が羨ましくなるくらい、気持ちよさげにストレッチしますね~(笑)。

gegroet-a-myrtje.jpg

で、「ねえねえ、今日、なにして遊ぶ?」って・・・(?)

murmur-s.jpg

忘れな草の咲く庭で、ないしょ話している2人(笑)。よそで悪戯するでないぞ。

上の「4コマつづき」から約10日が過ぎ、地面は八重桜の花びらで埋まりました。

sakura-meertje.jpg

sakura-sansho.jpg

山椒の木も、このとおり、元気です。

2日の結婚式の後、その翌週9日にも、結婚式があります。こちらは出席するだけなのですが、着物を着たいと思っています…しかし、そうなると、髪型とか、着付けとか…う~~ん…(笑)

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ




【2009/04/2905:27】 |近況
トラックバック(0) |
一時帰国していた間、あまりにも忙しく、一号分お休みしましたが、このたび復活しました。

実践オランダ語講座Vol.16

今号では「ネーデルラント(オランダ)のモーツァルト」について書きました。両親に連れられ、また姉ナンネルと共に、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトは、7歳から10歳までの間に断続的にオランダ・ベルギーに滞在しました。でも、この期間のことについては、モーツァルト一家が同時期に旅したもっと大きな都市、ロンドンやパリでの出来事とは違い、音楽書でもあまり詳しく触れられることのない部分です。

それでも、学術書に登場する事柄というのは、いくつかあります。メルマガにも書いたように、モーツァルト一家がハーグに滞在した1765年の秋、ナンネルそしてヴォルフガングが2人とも重病(腸チフス)に罹るも、あやうく一命を取りとめたこと、そして、1766年にヴォルフガングがオランダの歌を用いて作品を書いたこと、ハーレムの聖バーヴォ教会の巨大なパイプオルガンを試奏したこと…とはいえ、その分量は、私の手元にある日本語で書かれた『モーツァルト』本を例にとっても、1冊約200ページの記述中、オランダ滞在について割かれているのはほんの1ページ分程度です。

後にウィーン古典派スタイルを確立したとされ、名高い作曲家となったヴォルフガング・モーツァルトだとて、もちろん幼年期、少年期はあったわけで…それはなにも、ウィーンのシェーンブルン宮殿の床でころんだ時、助け起こしてくれたマリー・アントワネット(当時はマリア・アントニア皇女)に向かって、「大きくなったらお嫁さんにしてあげる!」と言ったとか言わないとか、という話だけでは語れない日々であるはずです。長年オランダに住み、家を一歩出ればオランダ語をほぼ第一外国語(笑)として、しかも音楽をひとつの専門として過ごしている私としては、ここに焦点を合わせてみようと考えました。

さて、まず、18世紀のオランダ(ちなみにこれはアムステルダムのダム広場です)の雰囲気を垣間見てみましょう。

dam-18de-eeuw.jpg  lantaarn_18de-eeuw-amsterdam.jpg

右の画像は、ググっていて偶然見つけた当時の街燈(ランタン)、今でも残っているそうです。ちょうど、左の絵画中、右手の建物にもついているのが見えるでしょうか?ただし、当時は電球ではなく、ろうそくですよね。

そして、わが子の才能を世に知らしめるのを神よりの使命だとさえ思っていたという、敬虔なカトリックの父親、レオポルド・モーツァルト氏は、こんな方だったようです。

lleopold-mozart-Pencil drawing by Franz Lactanz Count Firmian (1709-1786), Salzburg around 1762

あえて、既に人口に膾炙している有名な肖像画ではなく、私個人の好みに任せて(笑)こんなのを選んでみました。レオポルドは、自身ザルツブルグ宮廷に仕える音楽家・ヴァイオリニストで、21世紀の現代でも、音楽家ならば当然知っているはずの『ヴァイオリン奏法』という本の著者です。ここには、ヴァイオリンの弾き方や、さらには音楽についてのユーモアを交えた考察がちりばめられています。また、当時のヨーロッパ各国で翻訳され、広く読まれた本でもあります。

そんなステージパパ、レオポルドの子どもたち、ヴォルフガングとナンネルは…

wolfgang_amadeus_mozart_1756_j_hi.jpg

かわいいですね!この姉弟は、オランダでのコンサートでも(主にチェンバロで)連弾を披露したという記録が残っています。

もう一作、これはまだ真偽のほどは不明だそうですが、

Mozart_painted_by_Greuze_1763-64.jpg Mozart_painted_by_Greuze_1763-64-detail.jpg

もし、これが本物だとすれば、ヴォルフガングくんはこの頃7~8歳です。

ところで、メルマガ中でもあげた、ヴォルフガング作曲の『ナッソウのヴィルヘルムス(ヴィルヘルムス・ファン・ナッソウ』のテーマによるクラヴィーア変奏曲のテーマはこれです。現代の出版譜も出ています。

1766mozart.gif

現在の(そして16世紀のものをもとにした)オランダ国歌をご存知で、しかも楽譜の読める方は「おや?」と思うかもしれません。なぜかといえば、それはこんな曲だからです。

kbwilhelmus1875.jpg

でも、18世紀の半ば頃には、こんなバージョンが存在しました。これがまさにモーツァルトが用いたものだということがわかります。

1747.gif

ちなみに、以下は19世紀半ばの『ヴィルヘルムス』です。これの方が、「モーツァルト版」(笑)とさらにそっくりですね。

1848gent.gif

1766年にモーツァルトが作曲したもう一つのクラヴィーア変奏曲のテーマ、これはハーグ宮廷楽長グラーフ作のものですが、邦題として『われら勝れり』などと適当に(笑)つけられていたりし、オランダ史を学んでいる私には、どこがどこに勝ったのか、さっぱりわからないのですが(爆)、実はこの歌の原題は「Laat ons juichen, Batavieren」といいます。つまり、本気で翻訳するならば「歓喜せよ(喜べ)、バタヴィアの民よ」となります。当時のオランダでは、自国民のことを「バタヴィア人」と呼んでいました。そして、この歌は、当時ヴィレムV世が1766年3月8日に18歳の誕生日を迎え(つまり成人になり)、晴れて総督(事実上の国王)に就任することを祝するために作られたものです。

なので、勝った負けたという話ではありません(笑)と、戦争ぎらい、また、勝ち負けを云々するのが生来嫌いな私としては、ここで公にお伝えしておきたく思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ




【2009/04/2406:14】 |『実践オランダ語講座』メルマガ用参考資料
トラックバック(0) |
引き続き忙しい日々を過ごしていますが、日曜日の夕方、仕事を切り上げて、ちゃんと(?)息抜きもしてきました。主人と2人、近場をドライブし、あれこれ話しながら毎年恒例のチューリップ畑めぐりです。

夕方から、といっても、もう日が長く、夏時間の明るいオランダです。しかも、ふつうはみなさんお帰りのこんな時間に走っているのは、気まぐれ者の私たちくらいなもの、という場所だらけでした。

なので、しばし、2人で静かなお花見(笑)…──

tulpen-april09-2.jpg

tulpen-april09-3.jpg

tulpen-april09-1.jpg

今回の咲き具合はこのくらいでした。もう花を摘み終わっている畑もあるけれど、まだ花もまばらな緑がちの(笑)チューリップ畑もありました。種類によって開花時期が違うのだと思います。今週末もまだ楽しめそうです。

先日は東京の真っ青な空の下、きらめく日差しの中のお花見を楽しみましたが、オランダの「お花見」も、それとはまた違って、絵画を見ているような味わいがあります。風車の存在理由(レゾンデートル、ですね)である風が、空、そして雲の表情を次々に作り出す、そんな景色は、まさにオランダ独自の美しさをかもし出していると思います。

tulpen-april09-4.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ




【2009/04/2117:48】 |オランダと季節
トラックバック(0) |
「一時帰国」記もアップしようと思ってはいるのですが、帰蘭直後からなにかと多忙なため、いまだに果たせていません…

なにはともあれ、帰蘭のご報告をば、申し上げます。今回、アムステルダムのスキポール空港では、なにやら上からのお達しがあったのかどうか、税関の下働きスタッフたちが精力的に荷物チェックをしていました。そして、にゃんと!長いオランダ生活、私はこれまで一度も呼び止められてトランクを開けられたりしたこともなかったのですが、敵(笑)はウソのつけない私(ほんと?)が最新のモバイルノートPCを持ってきたのを察したのか、今回初めてひっかかってしまいました。

でも、そこで生来の天然さ(詳細省略)をさらけ出したのが幸いしたのか、必死で領収書を探していた(「領収書は?」と聞かれても持っていなかったのは、故意にではなく、自分でもどこにあるのかさえ、覚えていなかった…どうも実家に置いてきたようです)税関の敵(笑)は、私が正直に白状(笑)した金額を信じてくれ、(真実を言ったため?)罰金もなく、他に不当に没収されたものもなし、結局、関税87ユーロを徴収されただけ、「持ち込み金額総計上限430ユーロだから、今後は気をつけてね~」と書類を渡され、到着約40分後に解放されました。まあ、これは真に新品だったのですし、もともと申告すべき物品だったとも言えますので、しかたがないでしょう。

それよりも、今回、お金で買い戻せないようなブツを持っていたので、その没収(チェックされたら没収間違いなしです)をなんとか免れることの方で、私の頭はいっぱいでした。

それはなにかというと・・・

ushigome-sansho.jpg

コレです。山椒の木。

私が生まれた時住んでいた(その家はもうありません)東京牛込に今も住む親戚の家からもらったものです。そこは、私の父、祖母や大叔母が過ごした家で、私もいまだによく覚えている住まいです。その庭から、今回小さな山椒の木を分けてもらったのです。○○子おばさん、どうもありがとうございます。おじさんがおっしゃったように、大事にしますね。

これを敵(しつこい)より「死守」し、自宅に持ち帰った私がまずはじめにしたことは、上のように、とにかく土に植えることでした。あれから約二週間─どうやら根づいたもようです。ああ、よかった…

件の、いわくつき(笑)ミニモバイルPCも好調です。大学での講義中でもインターネットに接続できますし、オフィス搭載なので、縦書きワード(私には必須アイテム)ファイルも作成できます。

というわけで、ようやくこちらの春を落ち着いて楽しむ余裕も出てきました。

kerria-japonica-atje09.jpg

あーチェ「今年はヤマブキが遅いみたいだね」

hyacintenveld09-2.jpg

これは先週日曜日に自宅付近をミニドライブした時に見たヒヤシンス畑です。

hyacintenveld09-1.jpg

あの、独特のいいかおりに満ちていました。今週末は、チューリップ畑が花盛りかもしれません。

tuin-voor-iedereen-april09.jpg

上は、猫さんぽ定番コースにある、近所の人たちが管理する庭です。本来この角地は市の所有なのですが、何家族かで市と交渉し、自由に使って構わないという許可をもらったそうで、四季折々、いつもきちんと管理され、毎年さまざまな植物を植えて、みなの心を和ませてくれています。感謝!

庭の世話をしているYさんやMさん、Fさんは、庭内を勝手に歩きまわる(そりゃそうだ…)わが愛猫たちのことも快く許してくれていて、また、私にも(透明の)通行許可証を発行してくれました。

今、私がちょっと企んでいることは、…うららかな暖かい日に、ミニモバイルノートPC、本、それに折り畳み椅子やお茶とお菓子等、「お道具」一式持参でひなたぼっこしつつ、この庭で読書をしたり、縦書きワードファイルを作成したりすることです…うふふ。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ



【2009/04/1819:42】 |オランダと季節
トラックバック(0) |
bij-yoko-biertje.jpg

3月下旬より二週間の予定で日本に来ています。残すところ、一週間を切りました。今回の一時帰国は、公私ともに、予想以上に多忙な日々、実家でのんびりしてばかりはいられない状況です^^;

今回は、成田に着いてすぐ、リムジンバスでオランダキコク(帰国)友人宅に直行、一泊させてもらい、また、そこに住む私の大好きなオランダキコク猫(笑)さんとも再会を果たすことができました。その翌日の日曜日は、他にも友人たちが集ってくれて、一緒にランチパーティーでした。初日から、幸せ者の私…

bij-yoko-nico.jpg

私の大好きな巨大癒し猫(オランダ産)、Nico(ニコ)

bij-yoko-dierenbedje.jpg

一時帰国第一日目は、なぜか、このように、たくさんのぬいぐるみの動物たちに囲まれて、オランダの(動物がテーマの)本を読みつつ、眠りました。

bij-yoko-feestje.jpg

日曜日のランチパーティでのひとコマ。この後にはさらに「デザートの部」も待っていました(笑)。

その後、実家へ戻り、両親の元気そうな姿に胸をなでおろし(それなりの事情があり、これも今回の一時帰国の目的でした)、数日滞在。それから、今度は、東京から「のぞみ」に乗って、西へ西へと新幹線の旅。

25mrt-station-kyoto.jpg

最終目的地は広島だったのですが、この機会に、「そうだ、京都へ行こう(笑)」と、途中下車しました。そして、目下、大阪の大学に留学中のオランダ人Tくんと京都駅烏丸口前アトム(笑)前で待ち合わせ。

25mrtkyoto-atom.jpg

こんなところにアトムがいるなんて、Tくんに教えてもらうまで知りませんでした(笑)!

Tくんと無事会えた後、一緒に帰国枳殻(きこく)園という庭園を一緒に拝見しました。

25mrtkyoto-kikokuin.jpg

しだれ桜がきれいに咲いていました。ここは、以前は公開されていなかったところだそうです。

その後、私のママ友さんを交え、「甘春堂」という和菓子屋さんの茶房でお茶。

25mrtkyoto-kanshundo.jpg

なんとも上品な和菓子の数々・・・うっとり。
ここでは、和菓子作りの体験講習会なども行われていました。いつか機会があったら、私も習ってみたい!

夜は知人のフォルテピアノ(19世紀のピアノ)のコンサートを聴きに行きました。

25mrtkyoto-ooiconcert.jpg

コンサート会場は、昔、銀行だった建物でした。そして、コンサートではこんな楽器が用いられていました。

25mrtkyoto-ooiconcert-erard.jpg

19世紀のピアノ、19世紀の音楽♪

泊めていただくことになっていたS先生ご夫妻のお宅に到着したのは、結局夜11時前だったでしょうか。久しぶりにお目にかかるというのに、こんな気ままな私でしたが、ご夫妻は温かく迎えてくださり、感謝感激でした。

以下、次の記事に続きます。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ







【2009/04/0122:00】 |出来事
トラックバック(0) |