上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

参考資料シリーズです。もとネタはこちらです:

実践オランダ語講座Vol.13

先号からご紹介しているフォンデルですが、今号では「オランダ文学散歩─フォンデル、その作品(1)」として、その代表作と言われる悲劇『Gijsbrecht van Aemstel(アームステルのヘイスブレヒト)』を取り上げました。メルマガ中でもお伝えしましたが、これは17世紀のオランダ語で書かれていますし、日本で言えばお能のようなものなので、内容を細かく解説したりするのは控えておきます。

ただ、当時の韻律を耳で感じていただけるような資料をご紹介してみようかと思います。
頼もしき(笑)われらがyoutubeには、この劇が上演されたときの古い録画がアップされています。ちょうど、冒頭部分から見ることができますので、(私には面白いのですけれど)つまらないかもしれませんが、ぜひ一度ご覧になってみてください。

このような、いわば韻のリズムのようなものを「Alexandrijn(アレクサンドレイン)」と言います。画像の下にヘイスブレヒトの初めのセリフもコピペしておきます。テキストを見ながらお聞きになると、なんとなくお能っぽい(笑)抑揚が感じられるかもしれません。



Het hemelsche gerecht heeft zich ten lange lesten
Erbarremt over my en mijn benaeuwde vesten
En arme burgery, en op mijn volcx gebed
En dagelix geschrey de bange stad ontzet.

また、この画像の途中、第2幕の終わりの「rei(レイ)」も出てきます。

そのテキストのさわりだけ(実際はとても長い詩です)、チラペタ(笑)します。フォンデルは、ここでは聖書からヘロデ王の新生児殺しの話を引用しています:

Wy edelingen, bly van geest,
Ter kerke gaen op ’t hooge feest,
Den eerst geboren heiland groeten,
En knielen voor de kleene voeten
Van ’t kind, waer voor Herodes vreest;

これは本当は音楽とともに歌われていた箇所ではないかと思います。
フォンデルの劇で演奏されたであろう音楽については、まだまだわかっていないことが多いようです。でも、私の知る限り、最新の情報では、当時のフランスのエール・ド・クール(宮廷歌謡)の作曲者ボエセのメロディーなども使われた形跡があるそうで、もしそれが本当ならば、とても興味深いと思います。

ちなみに、画像中のもうひとつのシーン、ヘイスブレヒトの兄弟アーレンドが息を引き取る場面の台本は、以下のようになっています。画像中での役者たちの台詞は、青字にした部分です。

AREND
Och broeder, laetme los.
GIJSBREGHT
Hoe is ’t?
AREND
’k En kan niet meer.

BADELOCH
Hoe is het, Arend broer?

BROER PETER
Nu doe ons eenigh teecken.

AREND
Ick ben den adem quijt. Ick kan niet langer spreecken.
Mijn hart bezwijckt door ’t bloen.
Ick heb mijn plicht voldaen,
Mijn vaderlijcke stad ten ende voor gestaen,
Na dat ick had soo lang in ballingschap gezworven.
Heer broeder, ick neem verlof, en als ick ben gestorven,
Zoo voer, indienghe moet verlaeten deze plaets,
Mijn lijck met u,op dat de wraecklust es soldaets
Het niet onteer, en gun het een gewijde stede.
Gedenck mijn ziel voor God, o priester, in uw bede.

Ick schey, ick zwijm, ick sterf. Mijn tijd is hier geweest.
Och vrienden, bid voor my. O God, ontvang mijn’ geest.

なにげに省略バージョンだったのかも(笑)?

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ



スポンサーサイト

【2009/02/2807:10】 |『実践オランダ語講座』メルマガ用参考資料
トラックバック(0) |
2月22日は「ねこの日」だそうです。これは、「半猫人」を自称なさっている英文学者、翻訳家の柳瀬尚紀氏ら「ねこの日制定委員会」が提唱したとのこと。もともと、私がこれをどこで知ったかといえば…

poezenkrant.jpg

隣人からいただいたオランダの『ねこ新聞大全』(昔発行されていたらしい「ねこ新聞」の集大成本)中の、以下の記事からでした。

222vanase.jpg

"Yanase"が、日本人にはありえない苗字 "Vanase" となっていたり…「ヴァナセ」ってなに…(爆)?
また、おそらく"Osaka"なんだろうけど "Asaka"となっていたりする箇所もありで、記事の信憑性にいまいち難がありますが、とにかく、私にとっては、これをきっかけに知った「ねこの日」でした。

せっかくだから、記念撮影でもしようではないか、と思い立ったものの、わが愛猫たちにヤル気なし・・・

222am-1.jpg

み「おーい、記念撮影だって」
あ「ん?(目だけ開いている)」

222am-4.jpg

み「おいったら」
あ「う~ん…」

222am-3.jpg

み「ったく…」
あ「ん…」

222am-5.jpg

み「ゆるいヤツ…」
あ「…」

222am-2.jpg

み「もう、やーめたっと…」
あ「zzz…」

というわけで、記念撮影は、見事に、不成功に終わりました(笑)。

しかたがないので、

222tiffanykatten.jpg

こんなのとか、

222blauwekat.jpg

こんなのとか、びみょーに偶像崇拝ぎみ(?)な写真を撮ってみました。

こうしてみんな、ちゃんとポーズを取ってくれるというのに、キミたちときたら、起きてもいられないなんて・・・?

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

【2009/02/2407:06】 |ねこ
トラックバック(0) |
先週末は、聖バレンタインデーでしたね。

日本では、チョコレートで盛大にお祝い(?)する習慣となって久しいこの日ですが、オランダでは、というか、他のヨーロッパの国々でも、特に告白したりされたりでどきどきする日(笑)と決まっているわけではないようです。まあ、せいぜい、(意中の異性に限らず)大切な人にバラの花を一輪贈るとか、恋人どうしならば一緒に外食するとか、その程度だと思います。

そんなオランダのバレンタインデー、私もチョコレートとは無関係(笑)に過ごしました。その代わり、というのもおかしいかもしれませんが、今年は友人や隣人を誘って自宅でお茶会など催してみました。各種お茶は私が全面的に用意するとして、お茶うけは、私を含め、各自一品持ち寄りということにしました。

私の一品は…



抹茶シフォンケーキでした。

groenechiffon-2.jpg

久々(多分一年ぶりくらい)に焼いたシフォンケーキ、それも、抹茶は初めてだったのでちょっと不安でしたが…

comfoto-2.jpg

なんとかなったようでした。

その日集まったのは、もともと、「最近会っていないからお茶でもしようか」と話し合っていた日本人の年下の友人をはじめ、大学での講義のクラスメイトや音楽関係の友人たち、隣人など、皆で10人強でした。そして、主要共通言語は「あえて」オランダ語、もしくはビミョーに(笑)日本語ということにしました。英語は、わが家では、マイナー言語ということで(こんなところで英語に腹いせ?)。

comfoto-3.jpg

日本(おせんべい、ねり梅、干し芋)とイギリス(レモンタルト)のお菓子。

comfoto-6.jpg

これは、ブラジルのチーズブレッドというのだそうです。丸くてかわいいでしょう?

amiamimuisje.jpg

お菓子に加え、愛猫たちにと、こんなかわいい編みネズミを持ってきてくれた友人もいました(ありがとう!)。でも、これをみすみす猫の餌食にするのなんてもったいないような気がします。飼い主、密かに着服か(笑)?

オランダ人の隣人は、オランダ独自のお菓子というのを持ってきてくれましたが、初耳なお菓子(笑)、なので、ふと思いつき、皆それぞれPost-itにお菓子の名前を書いてもらったりもしました。

namen.jpg

comfoto-1.jpg

そういえば、お茶が写っていませんが、この日お出ししたのは、抹茶入り緑茶、黒豆茶、それにタンポポコーヒー(タンポポの根のお茶)でした。(本当の)コーヒー希望者は、途中で帰宅したわが家の大学生のみ(それも、普段は飲まないくせに)。

和やかで楽しいお茶会でした。折りをみて、また企画しようと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ



【2009/02/1818:03】 |出来事
トラックバック(0) |

あ~楽しそうですね♪
山猫婆
そして、美味しそうな香りがしてきそうです。
前の記事もそうですが、とても楽しい+美味しい!感じがするのは、私だけでしょうか?
ところで、ねずみさんは、猫さんに渡ったのでしょうか?ふふ。

昨晩から雪が降り、昼間は太陽が出たのに、今は雪(吹雪)です。猫さんは散歩に行きたがりましたが、「いやー無理」と、お断りをしたら、出たり入ったり、忙しい子達です。

平日は会社のために、ブログをなかなかアップする余裕がありません。明日は書くぞ!!と意気込んでますが、散歩したり雪かきやらの労働が待っています。何時になる事やら?です。

あーそれにしても、美味しそう・・・(^0^)です。

Re: あ~楽しそうですね♪
猫プー@森の国
v-22山猫婆さま、

ええ、楽しかったですよ~♪自宅で何かをするなら、
やっぱり楽しく過ごしたいですもんね!

おかげさまで、知人友人に恵まれて、
私はしやわせ者v-238だと
思います。

> ところで、ねずみさんは、猫さんに渡ったのでしょうか?ふふ。

それが、やっぱり気になるのか、一度行方不明になったんですけど、
また取り戻しました。飼い猫とネズミの奪い合い(笑)?

> 昨晩から雪が降り、

ということは、かなり北、あるいは山方面にお住まいなのですね?
オランダも結構寒いのですが、うちの愛猫たちも毎日元気に出かけて
いきますよ。

Re: Re: あ~楽しそうですね♪
猫プー@森の国
v-22luca7さんへ

ずいぶんご無沙汰じゃないの?
そろそろ熟女のお茶会しましょうかねえ。
たまには、こっちにも時間チョーダイ。
たのんます。


せっかくいただいた上のコメント、こともあろうに
間違って削除してしまいましたー、ごーめーん!
なので、ここに復活させておきますね。

もちろん、都合教えてくれたら、いつでも時間作りますよー?






コメントを閉じる▲
いつも、「ヨーロッパ薬膳料理講習会NO.★」などとナンバーをふっていますが、これは初心者である私自身のためで、この講習会自体はずっとずっと(10年以上?)前から続いています。ひとこと、お断りしておきます。

さて、先週、またまたロッテルダム教室へ行ってきました。

今回は、自分の体の状態を見極める努力をしよう、インフルエンザに簡単に罹らないよう(なつもりで)自分や家族を食育しよう、ということに主眼を置いたメニューをご伝授いただきました。

にんにくやしょうが、そして、ヨーロッパ古来のハーブを取り入れたお料理でした。いつもながら、これまで(私にとって)未知なる風味の数々。

yakuzen4-3.jpg

ねぎは青いところを使いますね、やっぱり。

yakuzen4-6.jpg

これは付け合せです。

yakuzen4-5.jpg

ねぎとしょうがと自然薯などをタネにしてお焼き風に。

yakuzen4-1.jpg

にんにくとテンペを混ぜた玄米ごはんったら、これはわが家でもリピート確定!という美味しさでした。

そして、デザートに作ってくださった寒天よせも、これまた、なんだか懐かしいような、やさしい味で、これも「リピ確」(笑)です。

yakuzen4-2.jpg

私の個人的な疑問「白砂糖は人間の体になぜ有害なのか?」ということにもお答えくださって、ありがとうございました。私も自分なりに調べてみることにします。

実は、バレンタインデーには、わが家でちょっとしたお茶会を催し、抹茶シフォンケーキなども作ってしまいましたが(後日アップ予定です)、今回は気休めに(笑)砂糖きび系の茶色い砂糖を使用しました。

こんな、なりきれていない私ですが、まあ、徐々にぼちぼちやっていきますので、今後ともどうぞよろしくお願いします。

yakuzen4-4.jpg

見た目も、とてもきれいですね!

ところで、わが家では、まだ誰も、あの、高熱を伴うというインフルエンザに罹っていません。
もしかして……アホ揃いなのでしょうか(笑)?

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ




【2009/02/1622:14】 |
トラックバック(0) |
今号『オランダよもやま話(その7)』では、(その6)で予告したとおり、オランダの文学史上最大の詩人、劇作家であるフォンデルについて書いています。(その6)の予告編には、個人的な事情ばかりを書きましたし、また、特に画像資料は不要と自己判断したことでもあり、このブログ上には掲載しないことにします。もちろん、以下のまぐまぐメールマガジンの定期購読をご登録(無料です!)いただければ、お読みいただけますが・・・

実践オランダ語講座Vol.12

では、まず、アムステルダムのフォンデルパークの画像からご紹介しますね。

7258788-lg.jpg

公園のエントランスです。あ、記事には「Vondelpark」とくっつけて書いてしまいました。「Vondel park」とスペースを入れるのが正しいんですね、・・・編集者さん、ごめんなさい。(笑)

園内に建つフォンデルの像は、こちらです。

441px-Beeld_Joost_van_den_Vondel.jpg

bijanner21mei07-2.jpg

上は、2007年5月に用事があってフォンデルパークへ行った時に私が撮ったものです。この後ろ向きのよれよれのスーツを着たおぢさまは、どなたでしょう?(…タネ明かしは記事の最後にします。)

さて、フォンデル、つまりJoost van den Vondelとは、こんな方だったようです。

J_vondel.jpg

Vondel.jpg

そして、フォンデル靴下店(笑)のあった通りの現在は・・・

800px-Amsterdam_little_street.jpg

「コーヒーショップ」という文字なども見えますね。よゐ子のみなさまは、コーヒーは、こういうお店で飲むよりも「カフェ」という看板のお店をご利用になった方がなにかと安心ですので、お気をつけください(笑)。

話が逸れました。軌道修正します。

次は、フォンデルが大変嫌っていたマウリッツ総督(Stadhouder Maurits)です。

Prins_Maurits.jpg

こいつこの人物が、敬虔な法律顧問官のオルデンバルネフェルト(Raadpensionaris Van Oldenbarnevelt)を邪魔者扱いし、策略を企てその挙句に処刑させてしまった張本人です。あんなご立派な建国の父ヴィレムI世の子息でありながら…余談ですが、マウリッツ総督は、こういうひどいコトをしたこともあり(もちろんその他の要因もあります)、結局は民衆から支持されなくなり、失意のうちに世を去りました。

以下は、オルデンバルネフェルトの極刑が決定したドルト会議を描いた銅版画です。

498px-The-Synod-of-Dort-in-a-seventeenth-century-Dutch-engraving.jpg

あの著名な法律家グロチウスも、オルデンバルネフェルト派だったそうですが…

oldenbarnevelt.gif

doodstraf-afb2.jpg

オルデンバルネフェルト、ハーグ、ビネンホフでの処刑の図です。しくしく・・・(涙) この人は、日本人には出島でおなじみの(笑)、VOC東インド会社を設立した人でもありました。

フォンデルは、マウリッツに怒りまくり、批判の風刺詩を書いて、罰金をくらったりもしたようです。

フォンデルの作品そのものについては次号で紹介しますが、この偉大な文学者は数々の偉大な作品を遺し、91歳という偉大な齢(よわい)で世を去りました。

joost_van_den_vondel.jpg

上は、最晩年のフォンデルです。

記事の最後に書いた、フォンデル葬儀の際の記念コインの図柄はこちらです。

vondelpenning.gif

’s Lants oudste en grootste poëet’ (わが国の最も老齢にして偉大な詩人)という文字、そして1679年2月5日という日づけがあるのが見えますね?たった今気づきましたが、2月5日といえば、先週がフォンデルの命日だったわけですね。

ちなみに、おわかりかもしれませんが、's Lants(国の)は、当時のスペリングで、 今の「国」は「Land」です。

さて、フォンデルパークに建つ、立つ、さきほどのよれよれのおぢさまはどなたかというと…

bijanner21mei07-8.jpg

恐れ多くも、チェリストのAnner Bylsma(アンナー・ビルスマ)氏でした。フォンデルパークは「もしかしてお宅の庭ですか(笑)?」というほどの至近距離にお住まいです。これも、私が撮った写真です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


【2009/02/1107:41】 |『実践オランダ語講座』メルマガ用参考資料
トラックバック(0) |

歴史
山猫婆
ヨーロッパは歴史を感じます。自分はインドネパール等アジア方面を主に旅をしてきたので、新鮮ですね。


Re: 歴史
猫プー@森の国
v-22猫プーさま、

> ヨーロッパは歴史を感じます。自分はインドネパール等アジア方面を主に旅をしてきたので、新鮮ですね。

えっと、違う意味で、という感じですよね。インドも中国も日本も、ものすごい歴史
ありますし。



山猫婆
そうです、言葉が足りず御免なさい。
どうもコメントを短くしようと思ってしまい、失敗です。


Re: タイトルなし
猫プー@森の国
v-22山猫婆さま、

長いコメントも大歓迎ですから、
どうぞお気になさらず。山猫婆さまの
お話も、どうぞいろいろきかせてください。

うちも2匹と一緒にそのへんを散歩しますけど、
オランダは山がないのでまっ平らなんですよ。
そちらは山道のお散歩なんですね。
なんか、なにげにうらやましいかも(笑)。







コメントを閉じる▲
fissler-doos.jpg

数ヶ月前からの計画を実行に移しました。

fissler-1.jpg

ベルギーなどではバーゲン期間が厳しく決められているらしいのですが、オランダではまだダラダラと続いています。それをいいことに、私も1月中はダラダラしてしまい、数日前店の付近に所用で出かけたついでに、やっと購入。フィスラーの圧力鍋です。

fissler+aan+de+kook.jpg

私が選んだのは、ブルーポイントというシリーズの6リットル用です。
これで、私もモスラーアムラーフィスラーになりました。

これから、少しずつ仲良しになろうと思っています。

このお店には、まあ、ひととおり、素敵なものも置いてあります。

今回の目移り品は、

mauturi-1.jpg

こんなのとか、

meutsuri-2.jpg

こんなのとか・・・(ル・クルーゼ自体には特に興味はありませんが、これ、とても小さくてかわいかったんですよ!)

圧力鍋は、割と大きな買い物ですから、「目移り品」には目をつぶらないと(笑)。

それに…12月には、同じくらいの値段のものを、衝動買いしてしまったので・・・

これと、圧力鍋とほぼ同じ値だん、って、どう解釈しましょう(笑)?

tulpentas.jpg

真冬のチューリップ(バッグです)

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


【2009/02/0620:29】 |ショッピング
トラックバック(0) |


山猫婆
始めまして。
初めてコメントというか、自分のブログと似た名前?を発見して、読ませていただきました。

なんだか、綺麗ですね、花と猫ちゃんたち。

圧力鍋ですが、2年くらい悩んでいて(高いので・・)未だ、決められない私です。フィスラーも候補のひとつで、でも日本製がやすいしな・・・とか。

これから、寄らせていただきます。

御体気をつけて♪


Re: タイトルなし
猫プー@森の国
v-22山猫婆さま、

こちらこそ、はじめまして。私もブログ、拝見しました。
ほんとに!にゃんとそっくりな名前なのでしょうか!
これを機に、どうぞよろしくお願いいたします。

ちなみに・・・やはり2にゃんお散歩生活なさってますね?
これは、もうリンクしかありません(笑)。よろしいでしょうか?

フィスラーは、私の周囲の友人が口を揃えて言うので、・・・
でも、日本には日本で、いいのがありそうな気もします。


こちらこそ♪
山猫婆
今、会社の昼休みです♪へへ。
私もお気に入りにさせてください。
住んでいる所は山なので、毎晩散歩してます。犬のようですよ(笑)
今晩ゆっくり、読ませて頂きます、楽しみです
宜しくお願いします♪

コメントを閉じる▲
作家、町田康の『猫にかまけて』というエッセイ本を読んだことがあります。町田さんも、かなりヤラれているようですね、猫さん方に(笑)。

特に意図はありませんが、今日は、うちの愛猫アポロンとミルテ(♂4歳5ヶ月)の近影と、それから、先日の私のバースデープレゼント(これが、にゃんと「猫」グッツで、びっくりだったんです!)をご紹介します。このところ、オランダ方面では寒さがぶり返し、今日などは天気も悪いので、猫写真でも見て、心を温めなきゃ、やってられません(笑)。

atjemetsigarettje.jpg

アポロン(あーチェ)「あれ?なんだこれ?」
(影の声)─ それは、「悪の根源」という名前のものです。

amaenbo-atje-1.jpg

アポロン「ふーん、そですか・・・どーでもいいけど、ボクはやっぱりこっちの方がいい」

amaenbo-atje-2.jpg

あーチェは、なぜか、眠くなると私の左手の薬指の付け根をちゅうちゅう吸って、そのまま寝入ってしまいます。変なの(笑)。

plakatje.jpg

猫さんとともに暮らしている方には、きっとお馴染みのこのポーズ。ぺちょっとくっついて寝ています。

mooiermyrtje.jpg

ミルテ(みゅーチェ)「ボクのも一枚くらいアップして?」

さて・・・ひと段落(?)したところで、では、どういう風の吹き回しか、家族2人で選んでくれたバースデープレゼントのお披露目をば。

kattentiffany-1.jpg

じゃん!
おらが町のランプ屋さんで見つけたそうです。「ティファニー風」と、いうのだそうです。

kattentiffany-2.jpg

思うに、これ、製作者ご自身も、きっと猫好きなのではないかと・・・

kattentiffany-3.jpg

だって、おしりから見ても、ちゃんとかわいいでしょう?・・・猫「通」ですよね(笑)?

と、まあ、猫だらけな記事になってしまいましたが、
真の「猫だらけ」というのは、こんなもんじゃなくて・・・

bijmevru.jpg

こういうのだと思います(どこかは秘密ですが、私たちの友人宅です)。

今、何匹になっているかしら(爆)?

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

【2009/02/0223:55】 |ねこ
トラックバック(0) |


はな
うわわわわぁ~!!!!!!!!!!!!!
ランプが可愛いなと見ていたら最後の写真( ̄▽ ̄;)!!
これだけ飼われてるってことですか?
何匹いるんだぁ~・・1・2・3・・・・
ウチは8匹いますが、ただただ、驚くばかり・・・

その中に入ってみたいです☆(゚▽゚*)☆


みくにゃん
うわー、ランプ超素敵ですね~!!
思わず叫んじゃいました。いいないいな。v-291

最後の写真、すっごく気になります。
保護センターみたいなところですか?

えっ友人宅!?v-405



Re: タイトルなし
猫プー@森の国
v-22はなさん、

はなさんのところは8匹ですか!
それでもすごいと思うのに、
この友人宅というのは、もう、
ぶっとんでますね(笑)。

> その中に入ってみたいです☆(゚▽゚*)☆

私も一度この目で見てみたいと思っていますが、
いまだに実現していないんですよ。

いっそ、うちの2匹を連れて行ってみようかなあ…
萌え過ぎ注意(爆)ですよね。


Re: タイトルなし
猫プー@森の国
v-22みくにゃんさん、

> うわー、ランプ超素敵ですね~!!
うふはじめて直球ド真ん中なプレゼント
もらったような気がします(笑)。

> えっ友人宅!?
そう、友人宅です。それ以上は事情により
秘密なんですけど(笑)。

今、101匹くらいかも?(101匹ニャンちゃん?)



ひじり
うおおお。
最後の写真の場所に行ってみたい!!!

Re: タイトルなし
猫プー@森の国
v-22ひじりさん、

> うおおお。
> 最後の写真の場所に行ってみたい!!!

でしょ(笑)?


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。