上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

c-4_convert_20080629171014.jpg


6月24日(火)
友人の博士号授与式がありました。おらが町の大学では、博士号授与式は通常大学本部の小さな部屋で執り行われることになっていますが、その建物が現在修復工事中ということで、代わりにとある教会がその会場となっています。

この博士号授与式、普段は招待をいただき、お祝い持参で出席するだけでいいのですが、今回は「新」博士の、いわばサポート役とでも言うべき「パラニンフ(paranimfと書きます)」を申しつかり(それも主人と2人してです)、大忙しでした。今回文学博士となった友人は、現在はポルトガルに住み、日本語、中国語を教えています。そのかたわら、かつての古巣、おらが町の大学の中国学科にも籍を置き、なんと20年がかりで論文を仕上げたそうです!偉すぎる(笑)!テーマは唐の詩人「李賀」でした。論文は、これまたなんと、3巻(1巻完結というパターンがだいたい普通です)もありました!式までにこれに目を通し(大学の印刷所から届いた論文を教授たちの元に送り届けるのもパラニンフの役目です)論文の内容について質問をする教授たちにしても、慣れているとはいえ、さすがに読むのにひと苦労だったのではないかと思います(笑)。

c-30_convert_20080629171057.jpg

質疑応答は55分間と決まっています。

パラニンフは黒の燕尾服といういでたちで式に臨むのがオランダの大学の伝統となっていて、それを町の貸し衣装屋で調達するのが、まあ、だいたいスタンダードな方法です。私のような小人サイズ(笑)など、もしかしたらないかもしれない、なければなにか、コンサートの時にでも着るフォーマルな服で代用しよう、などと思いつつ下見にいったところ、どういうわけか、これがあったのです!びっくり!

c-59_convert_20080629171150.jpg

質疑応答の後、教授陣が一旦別室で「会議」し、再度着席すると、
博士号が授与されるスピーチがあります。この時、両脇のパラニンフ2人だけは
起立し続ける決まりとなっています。
 


式が無事済むと、レセプション、そして教授たちなど招待者とのディナーがあります。そのアレンジも新博士ご本人と相談しながらパラニンフが行います。今はメールという、便利な手立てがあるとはいえ、やはりなにかと混乱しながら(笑)の作業となり、至らないこともいろいろあったのではないかとちょっと心配でした。幸い、とくに大ハプニングもなく(とはいえ、余興にルネッサンスフルートで中国の曲を吹こうとしたとき、なんと頭の中が真っ白になって出だしを忘れてしまうという、普段ならありえないことも起きましたが!)、日は暮れていきました。

こんな2人揃ってパラニンフを引き受けるなどというのは、きっと二度とないことでしょう。ディナー会場に博士となった友人と最後まで残って後片づけをしていたときにこっそり撮った記念写真、ここにやはりこっそり(笑)貼りつけておきます。

IMG_1302_convert_20080629171350.jpg

実は、我が家の「もうすぐ大学生」は、今回写真係を任命(笑)されていました。



スポンサーサイト

【2008/06/2922:57】 |出来事
トラックバック(0) |
amsyukari-3_convert_20080623060211.jpg

ご近所さんのセカンドハウスで朝食…

なんだかんだと忙しい日々が続いています。
身はひとつしかなく、お誘い、用事など諸々、すべき事、したい事はどんどんダブってくるので、ひとつを選べば、他は当然あきらめなくてはなりません(涙)。

週末に、音大時代の友人(というか、少し先輩)がオランダまで遊びに来てくれました。当時、私の信頼するよき伴奏者(なんでも初見で弾いてくれました!)だった彼女は、結婚も出産も仲間うちで一番早く、ひとり娘は現在パリに音楽留学中だそうです。まさに「のだめ」生活(笑)を送っているお嬢さんが試験だというので、今回は「おさんどん」を口実に半月ほどパリへやって来るという話でした。そして、試験が無事終わったら、せっかく同じヨーロッパにいることでもあり、長く会っていないことでもあり、と、オランダまで足を延ばして「行ってもいいかな?」と連絡をくれたというわけでした。

もちろん、いいとも(笑)!

彼女がパリからタリスで着くハーグ駅へ迎えに行き、無事再会を喜び合う間もなく、おしゃべりに花の咲いた私たち(笑)。会っていなかった期間(10年近く!)の空白は、超特急で埋まっていきました。後のスケジュールの都合で、一泊しか滞在できなかったものの、普段は行かないような、由緒ある素敵な高級ホテルでランチをしたり、マウリッツハウス美術館で(なんと、私の所持するプレスカードで入場無料になりました!)で、大好きなフェルメールなどもじっくり鑑賞したりしてなんとか時間を有効に使い、それからおらが町へ行き、主人の勤務先を(主人が)少し案内した後に、自宅へ来てもらいました。


desindes--13_convert_20080623055029.jpg


ランチをした、「Hotel des Indes(ホテル・デスインデス、あるいはデザンド)」。もともとは、オランダ領東インド(現インドネシア)にあった、ホテルです。同名のホテルをハーグにも建てたのだとインドネシア関係の資料で読んだことがあります。 

ゆっくり寛いで、久々に共にチェンバロでモーツアルトの連弾などもしてから(楽しかった!)おうちごはん。シャンパンのような口あたりのプロセッコで乾杯、オランダ名物ハーリンク(今新物が出ている最中です)や、アーティチョークなどもつまみ、楽しく食べた後に、彼女がおみやげに持ってきてくれたデザートをいただきました。

それは、パリのマカロン!私は流行りモノに大して興味がある方ではありませんが、それでも、やはり「本場の」マカロンは嬉しかったです。このお店の抹茶風味マカロンは、パリで大評判なのだそうです。

IMG_2307_convert_20080623055303.jpg


macaron-1_convert_20080623055607.jpg


全種類詰めてもらったのだそうです。他のお店のものより小ぶりで、一口サイズだというのも気に入りました。

翌日はアムステルダムを観光したいということと、何よりも彼女がなんと!動物が苦手(というか、怖い)ということで、猫×2のいる我が家ではなく、日ごろなにかと親切にしてくれているご近所の方のアムステルダムのセカンドハウス(マンション)にご好意で泊めてもらいました。なんと恵まれている私達でしょうか。私は前に一度、遊びに行ったことはあったのですが、泊まるのははじめてでした。ここが、なんともインテリアのセンス抜群、まるで雑誌に出てくるようなお住まいなのです・・・しかも、このご近所さんは、東洋趣味。なので、いったい、どうやって収集したのだか、なぜか、


こんなものとか、


amsyukari-8_convert_20080623060401.jpg

こんなものとか、

amsyukari-5_convert_20080623060324.jpg

はたまた、こんなものとかもあります。

amsyukari-13_convert_20080623060508.jpg


こうして一夜は明け、お嬢さんの試験からの開放感でぐっすり眠れたという(笑)彼女と、この、なんだか不思議な空間で朝食を摂り、アムステルダムの町へ。

限られた時間内で、なにをしたかというと、

・運河めぐりボートクルーズ(所要時間一時間)
・ダム広場散策
・ライツェ広場にある、ホテル・アメリカンでランチ(オランダ独特のコロッケが大好評でした!)
・ミュゼウム広場散策

amsyukari-23_convert_20080623060704.jpg


コンサートを聴く時間はないものの、せめてコンセルトヘボーは見せなくては!

そして、ふと彼女の目にとまったブティック(パリにもあるそうで)のセール品あさり(笑)。パリでは小さいサイズはまたたく間に売り切れてしまうそうで、アムステルダムでは皆が大きいので、私達のような小人サイズは売れ残っていて、ちょうどいいのです。

などということをしていた罰が当たったのか、マンションへ荷物を取りに帰るために乗ったはずだったトラムは、間違えて(こらこら、ガイド!)逆方面へ乗ってしまい、少しあせりました。

でも、予約していた帰りの電車には、なんとか無事に乗ることができたようです。今頃は、お嬢さんと楽しくベルギー観光をしていることでしょう。

あ~、楽しかった!たまにはこうして遊びまくるのも、いいものですね!特に昔の親しい友人と一緒ならなおさらです。

また、遊びに来ないかなあ(笑)?

FC2blog テーマ:地域情報 -ジャンル:地域情報

【2008/06/2307:48】 |出来事
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。