なにやってるんだか、前で愛猫2匹がくっついている、このクッションを作ってくれた私の友人、わが家専属ソーイングつっきーさん(と、勝手に呼んでいます)に、鍵盤バッグを作ってもらいました。

607208185_136.jpg


じゃ~ん♪

特別オーダー品です(笑)。布地は、おらが町の市場で見かけて一目ぼれ、速攻で購入したカーテン地。片側がピアノ鍵盤、片側がチェンバロ鍵盤(白鍵と黒鍵が反対)。

607208185_107.jpg


鍵盤の白い部分は、冒頭のクッションの一代前の、猫たち(まだ子猫でした)がひっかいて傷めてしまった、白い布地のリサイクル。その布もやはり気に入って買ったものなので、もったいなくて、取ってあったのです。

ピアノのレッスンや、チェンバロ伴奏をしに行ったりする時、楽譜を入れるために、オーダーしたバッグ。今日はちょうど、チェンバロ伴奏をしに行く用事があったので、早速鍵盤バッグデビューも果たしました。そして、会う人ごとに見せびらかして歩きました(笑)。

【2007/10/3008:32】 |出来事
トラックバック(0) |

はじめまして~
shu
オランダ在住デス!
どうぞよろしくお願いします。。
あのぉ~HPの記載されていた署名とやらに参加させていただきたいのですが、すみません、ちょっとわからなかったので教えていただけないでしょうか?

日蘭辞典請願書への署名
由美子
ご連絡、ありがとうございます!以下、ご説明してみます。

①サイトトップページ「請願書」をクリックして開く。
②自分の意見を書く、つまり右上あたりにある「Write」をクリックする。
③名前を書く、国を選ぶ、意見を書く(日本語でも書けます)、あるいは、コメントなし、またはコメントを公開したくない場合には「Vertrouwelijk」とある左にチェックを入れる。
④「Query verzenden」をクリックして送信。

これで署名終了です。住所など、他の個人情報は一切要りません。

よろしくお願いします。


ニコラ
本当、素敵なバックですね!
ご近所だったら、子供達のピアノのレッスンをお願いしたいほどです~。楽譜屋さんに薦められた新しいメソッドで教えているのですが(私が・・・)、どのくらいのテンポで進めてよいのやら・・・。よくわからず、難しいですね。


由美子
ニコラさん、ご訪問ありがとうございます。
私は初めておけいこする子ども達には、だいたいトンプソンの教本を使っています。あれだと、伴奏なんかがついてて、結構楽しく学べるような気がします。

遠く(って、どこを基準に?)にお住まいなのですか?


ニコラ
私が勧められたのは、Alfredのものです。左右の手を同時に強くしていくとか。私が習ったバイエルは、もう流行らないそうです。(汗)
住んでいるのはユトレヒトです~。

ピアノメソード
由美子
えっと、Alfredってどんなだったかなあ…?見ればどんな感じかわかる(当たり前)のですが。バイエルというのは、私も習っていた時使いましたが、日本だけですね、結局。

子どもというのは、小さければ小さいほど、楽しくおけいこさせる工夫が必要なので、難しいと思います。私は、どういうわけか、小さい子とか動物とかには(には?)人気があるんですよ~(って自慢?)。

ユトレヒトだと、ちょっと遠いですね。もう30分くらい近ければ伺えるのではないかと思います。私の出稽古の守備(笑)は、今のところ、ハーグ、ワセナール、そしておらが町内あるいは隣町です。

コメントを閉じる▲



スポンサーサイトから、「ひと月以上更新のないブログ」に指定されてしまいました(笑)。
なので、では、なにか書いておきましょうとも!

今は10月下旬です。今週末には、冬時間開始。目に見えずとも、時というものは、こうして毎年過ぎていきます。困ったもんだ(笑)!

花が少なく、少しさびしい秋に、目にも鮮やかな紫の実をつけるのが、ムラサキシキブです。いえ、もしかしたら、これは、コムラサキというのかもしれません。私にはまだ、両者の違いがよくわかりません。

このムラサキシキブ、夏に咲く花の方は、他のどんな植物よりも目立たぬたたずまい。まるで、ゴミでもついているのかと思うような、薄桃色の細かい花です。実とのあまりの違いにびっくりしてしまうほどです。

きれいな紫でしばらく目を楽しませてもらった後、私はこれをここ数年、ウォッカかラムに漬けて自家製果実酒にしています。すると、どんな色になるか、ご存知ですか?これが、意外や意外、オレンジ色になります。

ムラサキシキブ、三変化のお話でした‚¿‚Ñ‚Û‚ñ

【2007/10/2508:46】 |出来事
トラックバック(0) |