nieuwjaarsmaaltijd-2.jpg nieuwjaarsmaaltijd-5.jpg   
元日のめで鯛(?)と、はじめて作ってみた「なんちゃって錦卵」  

2017-hinemosu-1.jpg
猫だましい漂う新春の海

実生活では年明けからもうほぼ平常どおりでしたが、
当ブログは、「年の瀬」のまま…のんびりしすぎ?

2017年、平成丁酉(ひのととり)、新しい年もどうぞよろしく
お願いいたします。

今年はわたしのはじめてのオランダ文学の訳書が刊行される予定です。
数ヶ月前より訳稿をもう一度読み返し、手直ししつつ過ごしています。
まるで、修業のような日々。

もう少し、もう少しで日本の編集者に訳稿をお渡しできそうです。
どうか、諸々事が気持ちよく運びますように。

myrte-sneeuw-2017.jpg
年始のミルテ「キリッ/(違)」

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

【2017/01/1203:23】 |オランダと季節
トラックバック(0) |
engel-ginchan-2016-2.jpg kerst-ginchan-3.jpg
これも20年モノのヴィンテージ「天使の銀ちゃん(学校工作員)」

ほんの気持ちだけ(つまりデコっただけ)のシンタクラースが過ぎ、
これまた、ほんの気持ちだけ(笑)のクリスマスも過ぎ…

myrte-nieuwehalsband-1.jpg  cadeautje-1.jpg
いつも、プレゼントをあれこれする習慣などないわが家。猫さんにだけ、新しい首輪をプレゼント。すると、どういう風の吹きまわしか、息子がわたしたち二人にもおそろいのプレゼントを用意していました!

cadeautje-shione-2.jpg

1人だけプレゼントがないなんて!と猛省したわたしは、翌日大遅刻プレゼント。3人おそろいです(笑)。

などと、相変わらずごちゃごちゃと暮らしていると、

今日はもう大晦日ですねー!
ああ、もうすぐ年が明ける…

みなさま、よいお年をお迎えください。

わが家は、きのうは↓ここらへん。

octopuswildedrade-2.jpg zeebaarsyudedako.jpg
ひさしぶりにマーケットのお魚屋さんで、野生の鯛(ほんと?)、たこ、鱸などを買い、下ごしらえしました。

今晩は、一応年越しそばくらいはいただこうと思っています。

追記:オランダ時間31日20時22分
「今ココ」画像です。思いつきでオランダ風な栗きんとんなど作りながら
年越しそば。食べたら俄然、眠くなってきました…

toshikoshisoba16-17-1.jpg  toshikoshisoba16-17-3.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

【2016/12/3115:31】 |オランダと季節
トラックバック(0) |
sint-20jr.jpg
ほぼ20年モノの学校工作。トイレットペーパーの芯利用。
このほかにも、さんざんいろいろ作ったものです。


今年も聖ニコラース(シンタクラース)のお祝いプレゼントデーが
やってきました。
もういろいろなところに何度も書いていますが、聖ニコラースの日は、
このプレゼントデーの翌日、12月6日です。

わが家は、そもそも日本で生まれ育った者どうしで家庭を築き、また、
親戚もみんな日本人ということで、このオランダ独自のシンタクラースのお祝い
には、どうもピンと来ないまま、毎年なんとなくやり過ごしています。

オランダに住み、息子もオランダ現地教育と日本語補習授業校に同時に
お世話になりながら過ごしてきたので、オランダの学校、友人、ご近所関連の
シンタクラースのお祝いについてはそれなりに知っていますし、折々に参加も
してきました。

ただ、息子には申し訳なかったかもしれませんが、親戚一同集まって、
詩を読んだり、歌を歌ったり、ゲームをしたりというような、にぎやかなお祝いは
経験がありません。

そうかといって、特にさびしいという気もちもなく、むしろ、ちょっとだけ
ほっとしていたりで…すみません(笑)。

でも、自分でない誰かが喜んでいたり、楽しそうだったりするのを見聞きする
のは元来うれしい性質(たち)、そして、なんといっても、聖ニコラースさまは、
子ども、学生、女性の守護聖人。
関係各位(笑)、よきお祝いの日を過ごしてほしいなと思います。

ちなみに、今年のシンタクラース期間にわたしがしたことは、以下のとおりです。

1.秋からピアノを教え始めた日仏ダブル少女(リヨンから家族で移住)が
はじめてシンタクラースの「洗礼」を受けるので、いろいろとそれにまつわる
お話をし、勝手にシンタクラースごっこ。

(この子はパパの仕事の都合によりオランダで育つことになるので、
これから始まる小学校生活でもみんなと一緒にシンタクラースをお祝いする
ことになるでしょう。シンタクラースの説明をするときには
「いい子だったら」を連発&強調し、
そのたびにプチ変化する少女の表情を楽しみました。)

2.息子がかつて小学校で工作したシンタクラース人形の
メンテナンス。

(本人すっかり忘れていますが、かわいくてどうも捨てられず…
しかし、よくよく見ると、ボロっちくなっているので、白いお髭を上張りしたり、
stafと呼ばれる聖なる杖を新規作成したりと、ビミョーにメンテナンスして
みました。)

sint-onderhoud.jpg
メンテナンス後の聖ニコラースさま

以前、猫記事連載中に、わが愛猫たちを語り部に見立て、
シンタクラースのお祝い関連の記事を書きました。
ここに、オランダの聖ニコラース祭の説明なども盛り込んでおいたので、
もしよろしければ、以下のリンクよりどうぞご覧ください。

ぼくらのシンタクラースプレゼント

というわけで、お祝いをされるみなさま方におかれましては
どうぞ楽しい宵をお過ごしください。

わが家はオトナ3名&1猫(にゃん)で、静かにだらだら(?)
していることでしょう。

ハーグの知り合いのおうちの子どもたちは、こんな風に
楽しく過ごすようです。なんともかわいい絵ですね!

arjan-sinterklaas.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

【2016/12/0516:26】 |オランダと季節
トラックバック(0) |
今月のウェブマガジン連載<オランダ猫物語>は、
こちら~ふしぎな時間とクッション~です。

10年前、ちょうど冬時間になった頃のあれこれを書いてみました。
2015年の今年は、きのう、10月25日(日)より冬時間になりました。
いつも<進んで>いる日本との時差は8時間、オランダが正午ならば、
日本は晩の8時です。

今号に登場するお気に入りのクッション、10年後の今でも
大切に使っています。
縫ってくれた<月子さん>(仮名、アムステルダム在住)にあらためて感謝!
ありがとう~。ミルテもずっとお気に入りのクッションです。

myrte-favoriet-okt2015.jpg

ほらね?月子さん?

そういえば、きのうは十三夜で、月がきれいでしたねー?

どうぞよろしくお願いいたします。
筆者

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ  にほんブログ村 猫ブログ 猫 海外生活へ

【2015/10/2611:27】 |オランダと季節
トラックバック(0) |
park-29mrt-11.jpg

昨春の寒さが信じられないほど暖かい日々の続く
オランダです。

昨日は、買物ついでにアムステルフェーンの桜の公園へ
ふたたび出かけてみました。11日に行ったときは
ほんの数本蕾がほころんでいただけでしたが、昨日は
まさに満開でした。サマータイムとなるのとほぼ同時に、
また、東京あたりともほぼ同時期に見ごろとなるのは、
実に珍しいことだと思います。

park-29mrt-5.jpg

私たちは、花を愛でつつ、しばらく散歩をしただけ
でしたが、桜の木のもとでお花見ピクニックを楽しむ
方々もおおぜい。子どもたちが楽しそうに遊ぶ姿も
たくさん見られました。

植樹から10数年経ち、これだけ憩いの場となっている
ことに、関係者のみなさまも、桜の木たちも
さぞ嬉しく思っているのではないでしょうか。

gedenksteen.jpg

先日ささやかな献花をしたあの慰霊碑のもとには
もう少しお花が増えていました。あらたに、
今度はチューリップを供えて公園を後にしました。
地元の花屋で見つけた「色の変化する」という
ふれこみのチューリップです。
さて、何色に変わるのでしょうか?

park-29mrt-10.jpg

実は12日にもここへ来る予定です。
そのときには、公式な献花なども
行われるのではないかと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ




【2014/03/3107:13】 |オランダと季節
トラックバック(0) |