上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

dorayaki-2015s.jpg

あまりの忙しさに、直前のお知らせになってしまいました。
以下、明日ライデンのシーボルトハウス主催で行われる
ジャパンマーケットのお知らせです。

わたしが発起人として関わっているライデンからの
福島サポートの小さな組織、オレンジハートもブースを持ちます。

詳細はプロジェクト公式サイトにてご覧ください。

何度も申し上げていますが、わたしたちは福島に家族や親戚を
持たない者の集まりです。
明日のイベントに限らず、ささやかにでも、考え続け、
なんらかの形で応援し続けていきたいと思っています。

よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
スポンサーサイト

【2015/05/2313:15】 |お知らせ
トラックバック(0) |
rapenburg-poster-textielfestival.jpg

明日より、ライデンにてテキスタイルフェスティバルが開催されます。
日本の羊毛フェルト作品、オランダの不思議な手ぶくろアニマル、
そして福島県楢葉町の和布細工合同の同フェスティバル参加展示も
明日から開催します。

GalerieHH-textielfestival2015 -m


明日と明後日は、日本羊毛フェルトクラフト協会の代表、
渡邉加奈子さんご夫妻、そしてわたしが展示会場におります。

詳細はオレンジハート公式サイトにてお知らせしています。
どうぞ、ぜひ、ご覧になってみてください。

わたしは昨日の展示準備の際、今回ご提供の作品をはじめて見ましたが、
もう、どれもが、か、かわいすぎる…そして、見れば見るほど欲しくなって
しまい、ひじょうに困っております(笑)。

どうぞ、ぜひ、チラ見してみてください。

ジャパンマーケットに出品する前に、ご予約も「あり」としましょうか…


どうぞ、よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

【2015/05/1214:04】 |お知らせ
トラックバック(0) |
iwakikodomomusha-uchidenokoduchi

明日は5月5日、端午の節句ですね。

今月は自分の関わっている大きめのイベントが2つあり、
準備に忙しくしています。

1つ目は…

今週末には日本羊毛フェルトクラフト協会の代表者夫妻が
ご来蘭、ライデンにて展示会をするので、その全面的なお手伝い。

詳しくは、こちらのサイトに掲載しています。日本ならではの
かわいさ満点な作品の数々、わたし自身もとても楽しみにしています。

2つ目は、5月24日(日)ライデン、シーボルトハウス主催ジャパンマーケット
上記リンクのサイトでもお知らせしていますが、展示終了後、
フェルトの作品はわたしたちのブースで販売します。
ほかにも日本関連アイテムをいろいろ置きますが、
例えば冒頭の写真に写っている五月人形も出品いたします。
なんともりっぱなこの子供武者人形は、
福島県いわきより、2ヶ月の船旅を経て海を渡り
オランダへやってきたものです。
到着してから約2週間、わが家で毎日
髪を梳いたり、和菓子をお供えしたりと、
なにかとお世話(?)をしております。

本日の写真は、こいのぼり&打ち出の小槌バージョンです。
采配は鋭意修理中(笑)。でも、個人的には
打ち出の小槌の方がどこか夢があっていいような?
ちなみに、出雲大社の小槌です。ありがたや。

かつて、いわきのどちら様かのご長男の五月人形だったと
うかがっております。

その翌週の5月31日(日)は、シーボルトハウスでの
着物関連のプレゼンテーションとデモンストレーションの
最終回(3回目)
です。

ちなみに、この日が同館ただいま会期中の企画展
〈久保田一竹辻が花展〉(オランダ語では"Zijden Pracht")
最終日となります。

リンクばかりで申し訳ありませんが、
以上、お知らせでした。

もろもろ、どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ




【2015/05/0412:23】 |お知らせ
トラックバック(0) |
イベントの紹介です。

1月にはじめてお目にかかった物理学者の方が
わたしの読みたいと思っていた本を
ちょうどその時持っていらしたので、
ぜひにとお願いして貸していただき、
何度か繰り返し読みました。
『知ろうとすること』という本です。

hayano-boek.jpg

原子物理学者の早野龍五教授と
〈ほぼ日刊イトイ新聞〉でおなじみの糸井重里氏との
共著の本書には、お二人の対話がまとめられています。

早野教授は、あの東日本大震災発生直後の混乱のさなか、
福島第一原子力発電所の事故や放射性物質について、
科学者としての立場から淡々とツイートを続けて
いらした方です。
フォロワーは大勢いて、わたしも実はそのうちの1人でした。

糸井重里さんも、早野教授のツイートをそうして事故直後から
フォローしていたのだそうで、
この本は、それがきっかけとなって企画され、
昨年刊行されたということです。

その早野教授がご自身の忙しいスケジュールを調整され、
3月8日(日)にアムステルダムで行われるイベントにて、
お話を聞かせてくださることになったというので、
わたしもうかがおうと思っています。

このイベントは、' Hope Step Japan 'という、震災後に立ち上げられた
グループの主催で行われます。

ちょうど同日、早野教授がレクチャーをされる直前まで
わたし自身も博物館での小さな仕事があるのですが…
そちらが終わり次第、こちらのイベントに駆けつける予定です。

原発事故後(いや、実はそれ以前から)、今、そして今後の、
解決することなどおそらくないであろう放射性物質について
〈知ろうとすること〉にご興味がおありでしたら、
きっと貴重なお話をうかがえる機会となることと思います。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

【2015/02/2713:41】 |お知らせ
トラックバック(0) |
poppetjes-7okt-02_s.jpg

明日の準備でてんてこ舞い中(笑)。


毎年恒例のオランダ全国児童図書週間
始まりました。明日10月7日(日)には、
私の住むライデンでも公共図書館が中心となり
オーガナイズする子どものためのフェスティバルが
あります。

福島てるてるぼうずプロジェクトのワークショップも
その中のアクティビティーの1つとしてプログラムに
組み込まれています(今春より企画)。

ライデン児童図書週間大フェスティバル情報

詳しいプログラムは、上記ページ中 'hier' の部分を
クリックするとPDFファイルで開くことができます。
シアターあり、ダンスあり、読み聞かせあり、…
楽しい催しが満載です。

私は9人のボランティアの方々とともに、
建物(Het Volkshuis)の1階入口入って
まっすぐ奥の部屋におります。

時間は午後13:00~16:30 入場(すべて共通、1名3,5ユーロ)
てるてるぼうずの部屋の一回のプログラムは約40分、
先着各20名(対象年令6~11歳)x5回です。

約40分のプログラムの内容は以下のとおりです。

1.キーボード伴奏(=私)つき
  紙芝居読み聞かせ(=私)
  私が予め選んだ日本のお話です。 
2.
-お習字でメッセージ書き
-福島へのてるてるぼうず作成

参加はお子さんのみとなりますが、
もしオランダ語がわからなくても、
私のほか日本人もおります。
また、ボランティアの方々には、
オランダ人はもちろん、中国人、
ベラルーシ人、ロシア人、
ブルガリア人などがいて、
基本的に日本語がわかります。
言葉のご心配はご無用です。

明日の午後、お時間、ご興味がおありでしたら、
どうぞぜひお立ち寄りください。

よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


【2012/10/0620:50】 |お知らせ
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。