上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここのところ、なにかと忙しく、なかなかこのブログに手がまわらない状況ですが、取り急ぎお知らせします。

2009年秋に刊行された1冊目(原著は、ほし☆みつきさん『編み犬の毎日』文化出版局/刊)に続き、2冊目が刊行されたようで、翻訳を手がけた私たちの手元にも届いています。今回はこんな表紙です。

amiami-2-1.jpg

ほしさん、おめでとうございます。オランダ語バージョン1冊目が大好評(★5つついてるし、たくさんいいレビューが寄せられています)だったようで、私たちも、お役(訳?)に立ててとても嬉しく思っています。
また一緒にお仕事ができるといいですね!

ちなみに、日本語からオランダ語への翻訳は、常にわが家の大学生(オランダ語ネイティブで、日本語とのバイリンガル、英語は一応ケンブリッジ英検取得済みです)との共訳ということでお引き受けしています。

amiami2-3.jpg

こういう本を拝見すると、長らくごぶさたの編み物をまた再開したくなりますが、
一度始めたら(棒編みで編み込み模様とか結構好きだし)ついハマってしまうタチなので、考えどころ…あ、それで、ハマナカとか言うのか…w?

以下は、1冊目の翻訳中、ちょっと私が「試作」してみた、ラブラドール・レトリバーとごはんの骨、そして食器です。オランダ語ネイティブでも、編み物ができるとは限らず、なにがどーなってこーなるのか、実際にわからなければ翻訳もできませんし。

amiami1-proef.jpg

オランダ在住のみなさま、オランダのご友人にもお知らせいただければ、誠に幸いです。
とてもかわいい編み犬たちが満載で、価格も10ユーロほどと手ごろです。あ、ちょっとしたプレゼントとしても喜ばれるかもしれませんね。犬好きオランダピープルならば、なおさらです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。

kerst2010-duif.jpg

(実は、なにげにリサイクルだったりも…

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ
スポンサーサイト

【2011/01/1419:52】 |オランダ語翻訳
トラックバック(0) |


Susie
こんにちは。はじめまして。
この本に出てくる編み犬たち、みんなかわいいですよね。

ところで、日本ではJIS規格で編み図の描き方が決まっているので、文章で編み方を表すことってあまりないですけど、オランダ語はどうなのですか?英語だと表目をいくつ編んだら、裏返して裏目をいくつ編んで…みたいな表現だったように覚えていますが(一度、編み図の英⇒和訳をしたのですが、超意訳になりました)。

文章で編み方を説明するのは大変ですよね。JIS規格はすごいなと改めて思った次第です。

また寄らせていただきます。


Re: あみもの翻訳
Yumiko
Susieさん、コメントありがとうございます。

> ところで、日本ではJIS規格で編み図の描き方が決まっているので、文章で編み方を表すことってあまりないですけど、

ああ、そういうことなんですね?オランダの編み物の本も、事情は英語と同じです。
おお、では、私たちのは日→蘭で幸いだったのかも?

そのあたりのことは、実は次号の「実践オランダ語講座」用原稿で少し触れましたので、
それが発行されたら、このブログでもご紹介する予定です。またどうぞいらしてみて
ください。編み物翻訳経験者のお友達(笑)としても、今後ともどうぞよろしく!

コメントを閉じる▲
Minihondjes_haken-1.jpg Minihondjes_haken-2.jpg

先日、出版社より書籍を受け取りました。これまでかれこれ15年ほど、依頼があるごとに、自分のもろもろの都合と「相談」しつつ、オランダ語から日本語への翻訳の仕事も引き受けてきました。とあるオランダ政府機関の環境モニタリング関係冊子一冊分などというのも手がけたことがありますが、このような書籍の仕事はこれがはじめてでした。

しかも、今回は、私としては基本的にしないはずの日本語からオランダ語への翻訳。はじめ、出版社から話をいただいたときにはずいぶん考えましたが、結局引き受けることにしました。でも、これは本来ネイティブがすべき翻訳ですから(=わが家の方針です)、わが家のネイティブくん(すでに日本語からオランダ語への通訳・翻訳の仕事経験あり)との共訳という形にしました。6月初旬に一応訳了、夏休み(オランダでは作業も「もちろん」バカンス)をはさみ、9月に出版社で校正・レイアウト作業、このたびようやく出版のはこびとなったようです。あー、よかった!

オランダ語版『編み犬の毎日』

値段も約10ユーロと手ごろですし、オランダに在住の日本のみなさまにおかれましては、愛犬家・編み物好きなオランダの方々にお知らせいただければ、訳者としても誠に幸いです。

追記(11月12日):この訳書については、翻訳者をサポートする「アメリア」の事務局公式サイト(私も会員です)でもご紹介いただきました。

昨日は、著者のほし☆みつきさんとも、メールのやり取りをしました。以下、ほし☆みつきさんのサイトです:

ほし☆みつき||あみぐるみ

この本には、「柴犬」をはじめとして、チワワやマルチーズ、ミニチュア・ダックスフント、ラブラドール・レトリーバー、パグなど、さまざまなかわいい編み犬(サイズも大・中・小あり)の編み方がたくさん掲載されていますが、基本的な編み方はどれも同じだそうです。

Minihondjes_haken-4.jpg 

校正・レイアウト作業の際、私たちは先方からの翻訳に関しての質問には対応しましたが、レイアウトそのものは見せてもらっていなかったので、「開けてびっくり玉手箱」的な事件が起こっていて、家族そろって(猫たちは除く)大笑いしてしまいましたが…大勢には影響ありません。おそらく、日本語ネイティブが現物を見れば、一目でわかります(笑)。

「わ」ははw

…笑ってコラえてください^^;

haken_forte_uitgevers.jpg

出版社からもらった「参考書」で、必死にオランダ語の編み物用語リサーチを行いました(笑)。

tas-hondje.jpg

昨日、スーパーマーケットのレジで見かけた光景です。こういう傾向のオランダの方々が手に取ってくださるのかも(笑)?

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
 

【2009/11/0118:40】 |オランダ語翻訳
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。