上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

akikokimono.jpg

(先日某所の新年会で着たきものは義母からもらったもの。
色柄とも上品で気に入りました。流水柄というようです。)


            

今年になって、何度かきものを着る機会がありました。
ブログでも何度か書いていますが、私がきものを着ようと
思い立ったのはほんの5年ほど前のこと。それまでは
着つけの「き」の字も知りませんでした。

はじめは浴衣の着かた、それから、普段きもの、そして
絹ものというように、試行錯誤しながら少しずつ着ています。
まだまだ知らないこと、わからないことだらけなのですが、
なるべくなにかの機会には着るようにしています。
シーボルトハウスの館内ガイド(館にて要予約&有料)の仕事や
各種日本関連のワークショップを行う際にも極力きもので
出かけています。

私のもとにあるのは、ほとんどが母や義母、祖母たち、
大叔母など親戚からまわってきたきものです。中には、
東京山の手大空襲(1945年5月です)の際、茶箱に入れて
埋めてあったため焼失を免れたというきものもあります。
見渡すかぎり焼け野原となった東京の焼土の下から
掘り出された茶箱のきものは、その後の食糧難の時代、
地方の農家で農作物と取り替えてもらうための手立てにも
なりました。衣類や家財を売りながらのそんな暮らしを
「たけのこ生活」と呼んでいたと聞きます。

今、めぐりめぐってオランダの私のもとにあるきものの中には、
それでも残った東京の祖母や大叔母、親戚のものがあるのかも
しれないのだと思うと、やはり、なんだか、ながめるだけではなく、
時々でも身につけようと思うのでした。

taishokimono.jpg

(これは、おそらく大叔母が女学校時代に着たきものの端切れなの
ではないかとのこと。大正時代?華やかでかわいい色柄です。)


にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ



スポンサーサイト

【2014/02/0401:16】 |オランダで和暮らし
トラックバック(0) |
kimono-eri-1

ここ3年ほど、機会があればなるべく着物を着るようにしています。
シーボルトハウスの館内日本語ガイド(有料、同館へ要予約)の仕事時、
各種(?)レセプション、また、浴衣やふだん着物は、気が向けば、
ちょっと買い物に行く際にも着たりしています。

今週は偶然3回慶事があり、(気が向けば)着物で出席するかも
しれないので、長襦袢の襟つけをしておきました。襟つけ初心者の私、
フェイスブックで「ご質問」したところ、打てば響くように
ご返事いただき、ありがたく思っています。深謝!

私の浴衣、あるいは母からもらった着物はすべて今は亡き祖母が縫ったもの
です。祖母は主婦のかたわら、本格的な和裁の技術を身につけていたのだ
そうで(つまり手に職があったということですね)、高級呉服店からの
依頼注文も受けていたとのことです。

また、幼くして両親を失った父の養母だった大叔母のものだった着物
(亡父の母つまり私の祖母、リフォームものですが曽祖父のなども!)、
義母(老齢ですが健在です)が「もう着ないから」とくれた着物も
なんだかんだと結局私のもとに…着物のふきだまり(笑)?

絽の着物(これは大叔母の形見)などは、雨さえ降らなければ
オランダの夏の気候にちょうどいいので大切に着たいと思って
います。着物に合いそうな夏帯も、ちょうどまだ一度も締めて
いないまっさらなものがあるので、それにしようかと。
まるでこの時が来るのを待っていたかのような不思議さ。

flowerpower-obi-.jpg


kimono-eri-2

夏の半襟は(本来)まめに取り替えるので、表は端を折り返して縫わなくても
いいとのこと。うかがってよかった!ありがとうございます。

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ


【2013/08/2717:26】 |オランダで和暮らし
トラックバック(0) |
2010wktanabata-5.jpg

今年の七夕は、偶然オランダ-ブラジル戦の前日だったので、ふと思いつき、オランダのカラーのオレンジ、そして、国旗の赤、白、青(それに、金色の飾りもつけて)を使い、飾りつけをしてみました。

オレンジの短冊には、オランダ代表チームのメンバー、そして監督の名前を書きました。

kuyt-tanzaku-2.jpg    oranje-tanzaku-4.jpg 

青の短冊には、私のささやかな願いをこめて、日本代表チームのメンバーの方々の名前を書いたり。4年後もがんばってください。

この笹は、隣家の裏庭にあり、いつも自由に飾りつけをさせていただいていますが、今年は一緒に飾りつけをしました。オランダを応援している(当たり前?)隣家の親子も、とても喜んでいました。

そして…ご利益があったのかどうか、みなさまもご存知のとおり、オランダ、日曜日に決勝戦です!

実は私、数時間後には機上の人、こんなことは滅多にないのですが、今年は諸般の事情により、2回続けて日本に里帰りです。なので、日曜日には、東京の実家にて決勝戦をテレビ観戦することになるでしょう。

いやはや、それにしても、優勝するかもしれない?とは。すごいなー。

wktanabata2010-77-7.jpg

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ

 

【2010/07/0900:42】 |オランダで和暮らし
トラックバック(1) |
てきとうなタイトルが思い浮かばなかったので、日本とオランダのイベントをテキトーに組み合わせてしまいました(適当すぎ)。というわけで、3月3日は、オランダでは市議選投票日で、日本は桃の節句でひなまつりです。

投票には一応行くつもりなのですが、さて、どの政党に私の清き一票(笑)を入れましょうか?う~ん…?と考えつつ、おひなさま(飾り棚に一年中飾りっぱなしです)の埃を一人ずつお払いしました。それから、まずシェルターに入っていただきました。その理由は、もちろんこいちゅめにあります。

hina-shelter.jpg

手が出せなくてくやしそう(笑)。

さて、飾り棚の中に、昨年京都へ行った際、とある方からいただいた(ありがとうございました)毛氈を敷こうとしたら…これが私の小さなおひなさまセットにはありあまる大きさ。切るのももったいなく、かといってスペースに合わせて折り込んでみると、立派な厚みでうまく段々になりません。

そこで、段差なし、上下の格差なし、おひなさま無理やり民主化案が浮上。

hinamatsuri2010-1.jpg

立派な毛氈…もともと、もっと大きなおひなさまセットのだったそうで、それを半分に切ってくださったということでした。これまで毛氈代わりにしていた、誰かさんの着古しの赤いTシャツはお役御免です。

byodohina2010-1.jpg

デモクラシーおひなさま、いかがでしょう?今年は少子化対策のアピールも万全です(笑)。

でも、実は、毛氈からはみだした下々の者たちというのもいたりして…

gyodobina2010-2.jpg

トトロお手玉たちの他、なぜかウサギ人口が多いようです。

う~~ん、結局、投票はどうしましょう?
えんぴつ倒しで決めるとか(清くないぢゃん)?

にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ

ヨーロッパ在住の日本人によるブログ



【2010/03/0308:30】 |オランダで和暮らし
トラックバック(0) |
           sasa06.jpg

数時間前には、どしゃぶりの雨が降っていた今年のたなばたです…

気分的に、今年は旧暦で(笑)笹かざりをしようかと思っていますが、今日は写真だけでも眺めてみようかと思います。

tanabata05.jpg 06tanabata.jpg 2007tanabata.jpg

左は、2005年、中央は2006年、右は2007年の7月7日です。ちなみに、この笹は、実はわが家のではなく、お隣さんの裏庭にあるもので、毎年その旨ご了承いただいて、こんな飾りつけをしています。でも、昨年の今頃は、ファミリーイベント続きで、とてもそんな時間がなく、パスしてしまいましたが…。

2006年の夏というのは、確か、とてもとても暑かったように思います。

           tanabataneko06.jpg
 
愛猫たちも、暑さにのびきって寝ていましたっけ。 

 にほんブログ村 海外生活ブログ オランダ情報へ ヨーロッパ在住の日本人によるブログ
                       

【2009/07/0720:40】 |オランダで和暮らし
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。